光ファイバケーブル【optical fiber】

広告

広告

光ファイバケーブルとは

最終更新
2005-02-06T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/nw/technology/hard/hikari.html#hikari

ガラスやプラスチックの細い繊維でできている、光を通す通信ケーブルです。外部皮膜の内側にクラッドコアを包む形で内包された作りになっています(Figure:HIKARI-01)。

HIKARI-01

コンピュータの電気信号をレーザーを使って光の点滅信号に変換し、コア内でデータを伝達する仕組みをとっているため、電気信号を流して通信するメタルケーブルと比較して信号の減衰が少なく、超長距離でのデータ通信も可能となっています。また、電気信号を流した際の漏れ(漏話)に比べて光信号の漏れは遮断しやすいため、光ファイバーを大量に束ねて通信を行っても相互に干渉しないという特長もあります。更に、光ファイバを使った通信は、従来のメタルケーブルと比べて段違いに速いものとなっています。以上のような特性があることから、

に使用する場合は従来のメタルケーブルに比べて光ファイバケーブルの方が適していると言われています。また、光ファイバケーブルは用途に応じて大きく次の2種類に分類されます。

補足知識

1000BASE-LX の通信距離

通信距離
62.5um MMF2-550m
50um MMF2-550m
10um SMF2-5000m

マルチモード光ファイバ

最終更新
2005-02-06T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/nw/technology/hard/hikari.html#multi

シングルモード光ファイバ

最終更新
2005-02-06T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/nw/technology/hard/hikari.html#single

広告

Copyright (C) 2005 七鍵 key@do.ai 初版:2005年02月03日 最終更新:2005年02月06日