フローティングスタティックルート【Floating Static Route】

広告

広告

フローティングスタティックルートとは

最終更新
2006-05-07T18:30:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/nw/routing/floating_sr.html#what

リモートネットワークへのルートではスタティックルートが最も優先されるのですが、スタティックルートアドミニストレーティブディスタンス値を変更し、この優先順位を変更することができます。例えば、OSPRで学習した経路とスタティックルートの両方を使える環境で、スタティックルートのアドミニストレーティブディスタンス値をOSPFよりも大きく設定しておくと、OSPFで学習した経路が優先的にルーティングテーブルへ適用されることとなります。しかし、OSPFで適用されたルートがダウンした場合にはスタティックルートがルーティングテーブルに適用されることとなり、ルーティングに使用されます。これをフローティングスタティックルートと呼びます。

補足知識

最終更新
2006-05-07T18:15:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/nw/routing/floating_sr.html#supplement

CiscoルータスタティックルートAD値を変更するためには次のコマンドを使用します。

Router(config)# ip route <宛先ネットワーク> <ネクストホップ> <AD値>

広告

当ページ作成にあたり、参考にさせてもらったリソース

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年05月07日 最終更新:2006年05月07日