IMG

解説

Imageの略。HTML本文中に画像を表示する際に使用。使用可能な画像形式はJPG、GIF、PNPの3種類。HTML4.0からはIMGタグのalt属性が必須となっている。alt属性では画像を表示できない場合に代わりに表示するテキストを指定する。ここで指定するテキストは、読み上げソフトで音声になったり、点字で表現されたりする場合があるので、適切なものを指定しなくてはならない。画像に関する説明テキストを表示させることが目的の場合には、title属性を使用する。マークなど特に意味の無い画像ではalt=""のように指定すると良い。width,heightを指定することにより、画像の読み込み前にページのレイアウトを決定することができるので、ページ全体の表示がスムーズに行われる。

分類
インライン要素。ただしPREの中では使用不可。
内容
無し

属性

src:
画像のURIを指定。
width:
画像の幅を指定。
height:
画像の高さを指定。
alt:
ページ全体をテキストだけで表現する際に置き換わるべきものを指定。必須。
title:
画像タイトルを指定。
border:
境界線幅を指定。当属性は非推奨であり、スタイルシートで代用することが推奨されている
name:
Id属性と同じ機能を持つ名前空間を提供するもの。HTML4.01で新設されたものだが、下位互換性を保つために暫定で定められたものであり、古いブラウザ対策。あくまでId属性を用いることを推奨されているし、当属性を使うにしてもId属性も同時に指定するようにした方が良い。
longdesc:
イメージデータに関する補足説明を行っている文書へのリンクを指定する。Alt属性の補足的な説明を行っている文書である必要がある。イメージマップの場合は特に機能に関する情報が記載されている必要がある。
usemap:
クライアントサイドイメージマップとの関連づけを行いたい要素に、その関連相手を指定する。当属性値は、MAP要素のName属性で参照される
ismap:
サーバーサイドイメージマップの場合は指定する
align:
垂直位置揃え。当属性は非推奨であり、スタイルシートで代用することが推奨されている
hspace:
左右の余白を指定。当属性は非推奨であり、スタイルシートで代用することが推奨されている
vspace:
上下の余白を指定。当属性は非推奨であり、スタイルシートで代用することが推奨されている
%STYLEs%:
スタイルシートのクラス名やID名を参照
%LANGs%:
言語情報や書字方向などを指定
%EVENTs%:
各種イベントを指定

使用例

ソース

<img src="http://www.7key.jp/hp/img/rogo.gif" alt="Main Rogo" title="SevenKey">

表示結果

Main Rogo