焼香

広告

広告

焼香とは

最終更新
2008-01-14T12:27:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/word_custom/syoukou.html#what

焼香は「しょうこう」と読み、仏教において香を焚くことを差す。特に、仏や死者に対して香をたいて拝むことを差す。葬儀や告別式の際に行う焼香は、霊前を清め、香を死者に手向ける儀礼であり、香炉で抹香を焚いたり、線香を灯したりするう。昔は遺体を安定させておくドライアイス処理などがなかったため、痛いが腐敗していくことを極度に恐れ、抹香を焚いてにおい消しにしたといわれている。抹香焼香は、左手に数珠を掛け、抹香を右手の親指と人差し指、中指でつまんで香炉に入れる。焼香の回数は、仏・法・僧に捧げるとの意味から3回を基本とすることが多いが、宗派によっても違い特に定めがあるわけでもないため、1回や2回でも良いと言われる。霊前に抹香と線香の両方が用意されている場合には、読経の間は抹香を焚き、それ以外は線香を焚くのが一般的である。

宗派に依る違い

広告

Copyright (C) 2008 七鍵 key@do.ai 初版:2008年01月14日 最終更新:2008年01月14日