薬王菩薩・薬上菩薩

広告

広告

薬王菩薩・薬上菩薩とは

最終更新
2007-07-16T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/thought/hotoke/yakuoubosatsu.html#what

薬王は「やくおう」、薬上菩薩は「やくじょうぼさつ」と読む。星宿光長者という名だった薬王菩薩が、雷光明長者という名だった薬上菩薩を従えて、人々に薬を分け与えていた功徳により菩薩になったとされる。いずれ薬王菩薩は「浄眼如来」(じょうげんにょらい)に、薬上菩薩は「浄蔵如来」(じょうぞうにょらい)になるとされている。また、『法華経』の「薬王菩薩本事品」では、薬王如来の前世は自分の腕を燃やして日月浄明徳如来を供養した一切衆生喜見菩薩であったとされる。

薬王菩薩は薬草と薬壺、薬上菩薩は薬壺を持つことが多いが、特に定められた形式ではない。その性格が薬師如来に近いため、両菩薩は薬師如来の八大菩薩に数えられている。また、阿弥陀二十五菩薩に加えられており、釈迦如来の脇侍として従うこともある。

広告

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年08月26日 最終更新:2007年08月26日