ラドン【Radon】

広告

広告

ラドンの基本情報

最終更新
2007-04-26T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/science/element/rn.html#basic

ラドンの一般特性

名称/記号/番号
ラドン / Rn / 86
分類
希ガス
族/周期/ブロック
18(0)(IVB) / 6 / p
密度/硬度
9.73kg・m-3 / (不明)
単体の色
無色

ラドンの原子特性

原子量
222.0176amu
原子半径(計測値)
不明(120)pm
共有結合半径
145pm
VDW半径
不明
電子配置
[Xe]4f14 5d10 6s2 6p6
電子殻
2, 8, 18, 32, 18, 8
酸化数(酸化物)
0(不明)
結晶構造
面心立方構造

ラドンの物理特性

気体
融点
202K(-71℃/-96°F)
沸点
211.3K(-61.7℃/-79.1°F)
モル体積
50.50×10-3m3・mol-1
気化熱
18.1kJ・mol-1
融解熱
3.24kJ・mol-1
蒸気圧
不明
音の伝わる速さ
不明

その他

クラーク数
不明
電気陰性度
不明
比熱容量
94J・kg-1・K-1
導電率
不明
熱伝導率
0.00364W・m-1・K-1
イオン化エネルギー
1037kJ・mol-1

ラドンのその他情報

最終更新
2007-04-26T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/science/element/rn.html#basic

ラドンの特徴

希ガスの中で最も重い元素。最も半減期の長いラドン222はウラン系列と呼ばれるウラン238を始まりとする天然の放射性壊変系列に属し、起源はウラン238(半減期約109年)→ウラン234(105年)→トリウム230(104年)→ラジウム226(103年)→ラドン222(3.8日)。ラドン222の壊変生成物は数十分の半減期で高エネルギーのα線3本及びベータ線2本の放射線を出して210(約22年)に至る。希ガス元素なので不活性だが、フッ素との化合物が存在する。ラドン222はWHOの下部機関IARCより発癌性がある(Type1)と勧告されている。

ラドンの歴史

ドルン【F.Dorn】が1900年に発見。

ラドンの用途

その他

「ラジウムから生まれる気体」(RADium emanatiON)から命名。

広告

当ページ作成にあたり、参考にさせてもらったリソース

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年04月26日 最終更新:2007年04月26日