コバルト【Cobalt】

広告

広告

コバルトの基本情報

最終更新
2007-04-26T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/science/element/co.html#basic

コバルトの一般特性

名称/記号/番号
コバルト / Co / 27
分類
遷移金属
族/周期/ブロック
9(VIII) / 4 / d
密度/硬度
8900kg・m-3 / 5.0
単体の色
光沢ある灰色

コバルトの原子特性

原子量
58.933195amu
原子半径(計測値)
135(152)pm
共有結合半径
126pm
VDW半径
不明
電子配置
[Ar]3d74s2
電子殻
2,8,15,2
酸化数(酸化物)
2,3(両性酸化物)
結晶構造
六方最密構造

コバルトの物理特性

固体(強磁性)
融点
1768K(1495℃)
沸点
3200K(2927℃)
モル体積
6.67×10-3m3・mol-1
気化熱
376.5kJ・mol-1
融解熱
16.19kJ・mol-1
蒸気圧
175Pa(1768K)
音の伝わる速さ
4720m・s-1(293.15K)

その他

クラーク数
0.004%
電気陰性度
1.88(ポーリング)
比熱容量
420J・kg-1・K-1
導電率
17.2×106m・Ω
熱伝導率
100W・m-1・K-1
イオン化エネルギー
第1イオン化エネルギー:760.4kJ・mol-1/第2イオン化エネルギー:1648kJ・mol-1/第3イオン化エネルギー:3232kJ・mol-1/第4イオン化エネルギー:4950kJ・mol-1

コバルトのその他情報

最終更新
2007-04-26T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/science/element/co.html#basic

コバルトの特徴

族元素の一つ。強磁性体。純粋なものは銀白色。722K以上で面心立方構造(fcc)に転移する。鉄より酸化されにくく、酸やアルカリにも強い。

コバルトの歴史

1737年 、スウェーデンのゲオルグ・ブラント(Georg Brandt)により発見。

コバルトの用途

その他

ギリシャ語の「山の化け物(kobalos)」から命名。中世のドイツの鉱山師の間で、うまくいかないときには「地下の悪いコバルトが、鉱石にいたずらをした」と考え、その種の鉱物の中でガラスと融解させると美しい青色を呈するものがあった。それが後のコバルト鉱で、その鉱石からこの元素が発見されたことに由来する。

広告

当ページ作成にあたり、参考にさせてもらったリソース

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年04月26日 最終更新:2007年04月26日