哲学資料集

広告

広告

哲学とは

最終更新
2007-09-30T15:39:46+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/philosophy/index.html#what

哲学は、万物を前にして「それは何であるか」との問いの形式でアプローチし、対象をその本質において明らかにしようとするものである。元々は古代ギリシャで生まれた特異な思考様式のことを意味しており、古代ギリシャ語で「フィロソフィア【philosophia】」と表された。それが他の文化圏にも伝わり、英語では【philosophy】、フランス語では【philosophie】、ドイツ語では【Philosophie】と表されるようになった。これがやがてプラトンのもとで、個物を超えた次元に存在するイデアとの思想に結実し、形而上学的思索の始りとなる。形而上学【metaphysica】とは、自然【physis】を超えた【meta】次元にあるものを意味する言葉で、自然の現れを超えたところにこそ万物の真理があるとの態度を表す。これが哲学の出発点であり、他の倫理や思索とは異なる固有性である。こうした考え方は、その真理を神や仏に置き換えた各種宗教にも受け継がれていったとされる。

日本語での「哲学」は、明治時代の初めに当時の啓蒙思想家であった西周(1829〜1897年)が『百一新論』(1874年)で提唱した訳語とされる。西周は『百学連関』で、「賢なるを愛し希う」との【philosophy】の原義(sophia:知恵、philein:愛す)に即したものと説明をしている。

参考文献

広告

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年09月30日 最終更新:2007年09月30日