マヨット島

広告

広告

マヨット島の基本情報

最終更新
2007-04-18T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/in_sea/myt.html#basic
国・地域名(ISO 3166-1による英語名)
マヨット島【Mayotte】。
首都
(マムズ)
国旗
-
人種
-
言語
フランス語(公用語)
宗教
イスラム教
通貨
ユーロ:(EUR)(1999年までの通貨は、フランス・フラン)
3文字国名コード/2文字国名コード/数字国名コード
MYT/YT/175
人口/面積
186,026/374平方キロメートル
国歌/国花/国鳥
-
漢字による表記
-
時間帯
UTC +3
ccTLD
.YT
国際電話番号
269

マヨット島のその他情報

最終更新
2007-04-18T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/in_sea/myt.html#other

マヨット島の地形

アフリカ大陸南東、マダガスカル島との間のモザンビーク海峡に浮かぶコモロ諸島に属する島で、コモロ諸島の最も南東に位置する。マヨット島を除く他の島々はコモロであり、同国はフランスに対しマヨット島の領有及び返還を主張している。本島(通称、グランドテール:大島)とパマンジ島(通称、プチトテール:小島)、その他周辺の小島及び珊瑚礁で構成されている。本島は、コモロ諸島の中で地質学上最も古くに形成された火山島とされる。火山岩のため、土壌は肥沃。島全体を珊瑚礁が包囲するため、その内側の海は穏やかで、漁船および軍艦の待避港として役立っており、また、マリンスポーツにも適している。

マヨット島の気候

-

マヨット島の経済

肥沃な土壌に恵まれ、農業を中心に、漁業、畜産も行われている。しかし、狭い耕地を輸出用作物に割いてしまっているため自給自足はできず、食料需要の大部分をフランスからの輸入に依存している。また、交通が不便なため、観光業は不振。輸出されている農作物は、バニラ、イランイラン、コーヒーなど。

マヨット島の歴史

マヨット島の文化

広告

当ページ作成にあたり、参考にさせてもらったリソース

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年03月05日 最終更新:2007年04月18日