スロベニア

広告

広告

スロベニアの基本情報

最終更新
2007-03-27T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/e_europa/svn.html#basic
国・地域名(ISO 3166-1による英語名)
スロベニア共和国【Slovenia】。公式の英語表記は、Republic of Slovenia。
首都
リュブリャナ【Ljubljana】
国旗
スロベニアの国旗
人種
スロベニア人91%,クロアチア人3%,セルビア人2%
言語
スロベニア語(公用語)、セルボ・クロアチア語
宗教
カトリック70.8%、ルター派1%、イスラム教1%、無神論者4.3%、
通貨
ユーロ(EUR)(2006年までの通貨はトラル:Tolar(SIT))
3文字国名コード/2文字国名コード/数字国名コード
SVN/SI/705
人口/面積
2,011,473/20,273平方キロメートル(四国とほぼ同じ)
国歌/国花/国鳥
祝杯/-/-
漢字による表記
-
時間帯
UTC +1(DST: なし)
ccTLD
.SI
国際電話番号
386

スロベニアのその他情報

最終更新
2007-03-27T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/e_europa/svn.html#other

スロベニアの地形

スロベニアの場所

バルカン半島の北西部に位置し、西はイタリア、北はオーストリア、北東はハンガリー、南と東はクロアチアに接し、南西のわずかな部分でアドリア海の最奥部に面している。西部のジナルアルプス山脈と北部のカラバンケン山脈に挟まれた山がちの地形で、平地は全土の20%に過ぎない。クロアチアへと続く内陸部は石灰岩からなるカルスト地形で荒涼とした風景が広がる不毛の土地。特に北西部はカルストが発達している。二大河川のサバ川、ドラバ川はいずれもドナウ川の支流。

スロベニアの気候

海岸部は地中海性気候、内陸部は西岸海洋性気候。アルプス山脈の影響で冬季は寒い。

スロベニアの経済

スロベニアは旧ユーゴスラビアの先進工業地域であり、経済的基盤は整っていた。1992年のユーゴ紛争による市場喪失からマイナス成長に陥ったが、その後市場経済化、西欧諸国との関係強化に力を注ぎ、1993年より成長率はプラスに転じた。農業では、小麦、トウモロコシ、テンサイ、ホップ、ブドウなどを生産。畜産では牛や豚、羊。地下資源では石炭が豊富で、ほかに水銀、鉛、亜鉛を産出。工業は水力発電のエネルギーを利用した金属、機械工業が発達し、電子機器や自動車も生産される。繊維産業も発達し、絹織物の生産が際立つ。神秘的な湖など自然と気候に恵まれ観光客も多い。代表的な観光資源は首都リュブリャナ、アルプス山脈(トリグラウ山、ブレッド、ボーヒニなど)、アドリア海(コペル、ピラン)、カルスト地方の洞窟(シュコツィアン洞窟群、ポストイナ)、温泉。

主要貿易品目

輸出は機械類、繊維製品、家具。輸入は機械類、化学品、食料品。

主要貿易相手国

輸入はドイツ19.1%、イタリアフランス(対EUが60%を超える)。輸出はドイツ24.7%、イタリア、クロアチア

2004年

スロベニアの歴史

スロベニアの文化

広告

当ページ作成にあたり、参考にさせてもらったリソース

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年03月05日 最終更新:2007年03月27日