アンティグア・バーブーダ

広告

広告

アンティグア・バーブーダの基本情報

最終更新
2007-03-05T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/c_america/atg.html#basic
国・地域名(ISO 3166-1による英語名)
アンティグア・バーブーダ【Antigua and Barbuda】。
首都
セントジョンズ【St.John's】
国旗
アンティグア・バーブーダの国旗
人種
アフリカ系(85%)、ヨーロッパ系その他
言語
英語(公用語)
宗教
カトリック、プロテスタント、英国国教会
通貨
東カリブ・ドル(EC$)(XEC)
3文字国名コード/2文字国名コード/数字国名コード
ATG/AG/28
人口/面積
68,320/443平方キロメートル(横浜市とほぼ同じ)
国歌/国花/国鳥
麗しきアンティグア、我ら汝に敬礼せん/-/-
漢字による表記
安提瓜・巴布達
時間帯
UTC -4(DST: なし)
ccTLD
.AG
国際電話番号
1-268

アンティグア・バーブーダのその他情報

最終更新
2007-03-05T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/c_america/atg.html#other

アンティグア・バーブーダの地形

アンティグア・バーブーダの場所

カリブ海の東部に位置する小アンティル諸島の、北部のリーワード諸島に属する。大西洋に面し、アンティグア、バーブーダ、レドンダの3島といくつかの小島からなる。南にグアドループ、南西にモントセラト、西にセントクリストファー・ネイビス、北西にサン・バルテルミー島がある。アンティグア島はリーワード諸島最大の島で、北部は石灰岩の低い丘陵、南部は火山地帯。レドンダ島は無人の岩礁。島の多くは低地で、最高点のボギー山(Boggy Peak)の標高も402mに過ぎない。アンティグア島とバーブーダ島の周囲は危険な岩礁地帯であり、昔から海の難所と言われている。

アンティグア・バーブーダの気候

亜熱帯海洋性の気候だが、北東貿易風の影響で暑熱は和らぎ、冬季は乾季となるため気温の変化は少なく快適。西インド諸島の中でも降水量は少なく、1000mm程度。雨季は5月から11月。

アンティグア・バーブーダの経済

カリブ海のリゾート地として人気が高く、観光が主産業。経済は観光業に大きく依存。観光業以外に殆ど産業が育成されておらず、災害等外的要因に大きく左右される経済基盤は依然として非常に不安定。綿花、サトウキビ、果実が栽培されるが、水資源が乏しく生産量は多くない。羊やヤギを中心とした牧畜も盛ん。ロブスターは名産品。鉱物資源は存在しない。近年はオンラインカジノ事業が主要な収入のひとつになっており、2003年アメリカがオンラインカジノを違法化するとWTOに協定違反として提訴した。

主要貿易品目

輸出は石油製品、機械、輸送機器、工業製品、食料・動物。輸入は工業製品、石油製品、工業原料、食料・動物。

主要貿易相手国

輸出はEU各国、アメリカ。輸入はアメリカ、シンガポールポーランド、EU各国、トリニダード・トバゴ

2003年 CIA

アンティグア・バーブーダの歴史

アンティグア・バーブーダの文化

広告

当ページ作成にあたり、参考にさせてもらったリソース

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年03月05日 最終更新:2007年03月05日