赤道ギニア

広告

広告

赤道ギニアの基本情報

最終更新
2007-03-28T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/c_africa/gnq.html#basic
国・地域名(ISO 3166-1による英語名)
赤道ギニア共和国【Equatorial Guinea】。公式の英語表記は、Republic of Equatorial Guinea。
首都
マラボ【Malabo】
国旗
赤道ギニアの国旗
人種
ブビ族、ファン族、コンベ族、ベレンゲ族等
言語
スペイン語(公用語)、フランス語(第2公用語)、ブビ語、ファン語
宗教
キリスト教(99%)、伝統宗教
通貨
CFA(中部アフリカ金融協力体)フラン:Communaute Financiere Africaine Franc(XAF)
3文字国名コード/2文字国名コード/数字国名コード
GNQ/GQ/226
人口/面積
523,051/28,051平方キロメートル北海道の約3分の1)
国歌/国花/国鳥
(赤道ギニアの国歌)/パンヤ/-
漢字による表記
赤道幾内亜
時間帯
UTC (+1)(DST: なし)
ccTLD
.GQ
国際電話番号
240

赤道ギニアのその他情報

最終更新
2007-03-28T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/c_africa/gnq.html#other

赤道ギニアの地形

赤道ギニアの場所

赤道直下のギニア湾に浮かぶビオコ島、アンノボン島、および大陸部のムビニ(リオムニ)とエロベイ・グランデ島及びエロベイ・チコ島を併せたエロベイ諸島から成る国。ムビニは、北はカメルーン、東と南はガボンと国境を接し、西はギニア湾(大西洋)に面する。首都マラボはビオコ島にある。ビオコ島は火山島でカメルーンの西56Km、ムビニの北西約259Kmに位置する。最高地点はマラボ山(3,008m)。アンノボン島も火山島で、ビオコ島の南西686kmに位置する。コリスコ島とエロベイ諸島はビオコ島の南西海岸からは見えず、ガボンの近くにある。ムビニは標高の低い丘陵が多く、1本のい河川を除いて大陸台地。最高地点でもシエラクリスタル山脈にあるミトラ山(1200m)。未開の熱帯雨林が続き、海岸はマングローブの森。

赤道ギニアの気候

赤道直下に位置するため、高温多湿の熱帯性気候。年間降雨量も多く、2000〜3000mm。年間を通して降雨があるが、3月と10月は特に多い。

赤道ギニアの経済

伝統的にカカオとコーヒーの生産が中心だったが、1992年のビオコ島沖原油生産以来主産業は農林水産業から鉱工業生産に依存するようになった。ムビニでは木材資源の開発が行われている。

主要貿易品目

輸出は石油、天然ガス、木材。輸入は石油製品、資本財。

主要貿易相手国

輸出はアメリカ中国スペインカナダ。輸入はアメリカ、イタリアフランス、スペイン。

2004年 EIU

赤道ギニアの歴史

赤道ギニアの文化

広告

当ページ作成にあたり、参考にさせてもらったリソース

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年03月05日 最終更新:2007年03月28日