からす座(烏座)

広告

広告

からす座の各種情報

最終更新
2006-08-12T14:01:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/constellation/crv.html#info

星図:からす座

略符Crv
属格Corvi
英語での意味the Crow
制定者プトレマイオス
赤経/赤緯12 h / -20°
観測可能地域60° 〜 -90°
20時南中5月23日
広さ184 平方度
3等以上の星の数2
最も明るい星(視等級)ギエナ(2.59)
流星群Corvids(26 June)

からす座の主な星

最終更新
2006-08-12T14:05:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/constellation/crv.html#star
星名英名意味和名視等級スペクトル距離絶対等級
αAlchiba(アルキバ)天幕-4.18dF260-
βKraz(クラズ)--2.84gG4100-
γGienah(ギエナ)右の翼-2.78B8170-3.1
δAlgorab(アルゴラブ)からす-3.10A0n140-
εMinkar(ミンカル)--3.21gK3110-0.2

アルキバ

アラビア語の Al Khiba(天幕/テント)が語源で、からす座の四辺形を砂漠にはった天幕に見立てていたことに由来します。のちに、このからす座全体を示す名前が、この星の固有名称となりました。

ギエナ

アラビア語の Al Janah al Ghurab al Aiman(からすの右の羽)が語源です。現在の星座絵ではからすの左の羽に位置していますが、昔は天球を外から見た図を用いていたために右の羽との名前がつきました。

アルゴラブ

アラビア語の AL Ghurab(からす)が語源です。19世紀以降に命名された新しい名称とされています。

からす座の主な天体

最終更新
2006-08-10T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/constellation/crv.html#astronomy

その他

最終更新
2006-08-10T14:15:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/constellation/crv.html#other

からす座の由来

ギリシア神話によれば、カラスはアポロンの使いの鳥であり、真っ白なきれいな鳥で人の言葉を喋っていたと言われています。ところがこのカラスは嘘つきで、アポロンの恋人であるコロニスが別の男と密会をしていると嘘の告げ口をアポロンにしました。アポロンはすぐさまその密会現場に向かい人影に向かって矢を放ったところ、間男などどこにもおらず矢はコロニスに突き刺さっていました。コロニスはお腹の中にいるアポロンの子供を無事育てて欲しいと告げ、息を引き取りました。カラスはその罰として姿を黒くされ、人の言葉を喋れないようにされた上で天上に追放されて星座になったと言われています。ちなみにアポロンとコロニスの子供は無事育ち、のちにへびつかい座になったと言われています。

広告

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年08月10日 最終更新:2006年08月10日