仁 - 武士道

広告

広告

仁とは

最終更新
2007-04-23T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/bushido/jin.html#what

「仁」とは愛、寛容、愛情、同情、憐憫であり、儒教では人間の行うべき最高の徳、人の霊魂の属性中最も高きものに「仁」を位置付けている。相手を思いやる心、可愛そうだと思う憐憫の情があるからこそ、「」として善悪の判断がつく。「義をみてせざるはなきなり」で、何が「義」であるのかを決めるのは、人間としての思いやり、つまりは「仁」である。「仁」は柔和なる徳であり、女性的な慈愛と説得性を持つ。それに対し「義」は、真直なる道義と厳格なる正義とを持つ男性的な徳である。武士道では、「智」によって「仁」と「義」のバランスをとり、どちらに偏りすぎてもよくないと教えている。つまり、単なる女性的な慈愛ではなく、正義と道義に基づいた厳しい愛でなければならないとし、儒教では至高の徳に「仁」を置くが、武士道では支配階級としてより困難な「義」を筆頭に持ってきた。武士の仁愛が他の仁愛と異なるわけではないが、武士の場合には愛は盲目的な衝動ではなく正義に対して適当なる顧慮を払える愛であり、また単にある心の状態としてのみではなく、生殺与奪の権力を背後に有する愛だからこそである。特に、弱者や虐げられた者、敗れた者への「仁」は、武士に相応しいものとして賞賛された。

仁の定義

広告

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年04月23日 最終更新:2007年04月23日