DNSのIPv6トランスポート運用ガイドライン

広告

広告

原文

最終更新
2006-11-10T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/rfc3901.html#source

DNSのIPv6トランスポート運用ガイドライン(和訳)

最終更新
2006-11-10T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/rfc3901.html#translation

当文書の位置付け

   This memo provides information for the Internet community.  It does
   not specify an Internet standard of any kind.  Distribution of this
   memo is unlimited.

当メモはインターネットコミュニティに役立つであろう情報を提供するものであり、これによって標準的なインターネット像をでっちあげようとするものではない。また、当メモは配布に関しての制限を設けていない。

   Copyright (C) The Internet Society (2004).

概要

   This memo provides guidelines and Best Current Practice for operating
   DNS in a world where queries and responses are carried in a mixed
   environment of IPv4 and IPv6 networks.

当メモは、問い合わせと応答がIPv4とIPv6ネットワークの混在した環境で伝送される世界でDNSを処理するためのガイドラインと現在最良の方法を提供するものである。

1. 名前空間フラグメンテーションの問題についての序論:参照連鎖の結果

   A resolver that tries to look up a name starts out at the root, and
   follows referrals until it is referred to a name server that is
   authoritative for the name.  If somewhere down the chain of referrals
   it is referred to a name server that is only accessible over a
   transport which the resolver cannot use, the resolver is unable to
   finish the task.

名前を検索するリゾルバはルートから始め、その名前の信頼できるネームサーバが見つかるまで参照を続ける。リゾルバが使えない伝送上のみでアクセス可能なネームサーバを参照してその参照が途絶えるのであれば、リゾルバはタスクを終えることができない。

   When the Internet moves from IPv4 to a mixture of IPv4 and IPv6 it is
   only a matter of time until this starts to happen.  The complete DNS
   hierarchy then starts to fragment into a graph where authoritative
   name servers for certain nodes are only accessible over a certain
   transport.  The concern is that a resolver using only a particular
   version of IP and querying information about another node using the
   same version of IP can not do it because somewhere in the chain of
   servers accessed during the resolution process, one or more of them
   will only be accessible with the other version of IP.

インターネットがIPv4からIPv4とIPv6の混在へとなる際、このことが発生するのは時間の問題である。そして、あるノードの信頼できるネームサーバがある伝送でのみアクセス可能なところで、完全なDNS階層はグラフへ分割を始める。特定のバージョンのIPのみを用いるリゾルバと、同じバージョンのIPを用いる別のノードについての問い合わせ情報が、解決処理に伴いアクセスするサーバ連鎖ではそれらの1つ以上が単にIPの別のバージョンでアクセス可能となるので、それを行うことができないと懸念される。

   With all DNS data only available over IPv4 transport everything is
   simple.  IPv4 resolvers can use the intended mechanism of following
   referrals from the root and down while IPv6 resolvers have to work
   through a "translator", i.e., they have to use a recursive name
   server on a so-called "dual stack" host as a "forwarder" since they
   cannot access the DNS data directly.

IPv4トランスポート上で利用可能な全てのDNSデータは、全て単純である。IPv4リゾルバはルートからの紹介に従うメカニズムを用い且つ下位層に下り、一方IPv6リゾルバは"トランスレータ"を介して機能しなければならない。つまり、DNSデータへ直接アクセスすることができないので、"デュアルスタックと呼ばれるホストの再帰ネームサーバを"転送者"として用いる。

   With all DNS data only available over IPv6 transport everything would
   be equally simple, with the exception of IPv4 recursive name servers
   having to switch to a forwarding configuration.

全てのDNSデータがIPv6伝送で単に利用可能であれば、転送設定に切り替えなければならないIPv4の再帰的なネームサーバを例外として、同じく単純だろう。

   However, the second situation will not arise in the foreseeable
   future.  Instead, the transition will be from IPv4 only to a mixture
   of IPv4 and IPv6, with three categories of DNS data depending on
   whether the information is available only over IPv4 transport, only
   over IPv6 or both.

ただし、将来的に見て2番目の状況とはなり得ない。代わりに、IPv6もしくは両方においてのみ情報がIPv4伝送上でのみ利用可能かどうかに依存するDNSデータの3つのカテゴリで、IPv4からIPv4とIPv6の混在まで移行するだろう。

   Having DNS data available on both transports is the best situation.
   The major question is how to ensure that it becomes the norm as
   quickly as possible.  However, while it is obvious that some DNS data
   will only be available over v4 transport for a long time it is also
   obvious that it is important to avoid fragmenting the name space
   available to IPv4 only hosts.  For example, during transition it is
   not acceptable to break the name space that we presently have
   available for IPv4-only hosts.

両方の伝送上で利用可能なDNSデータを持つことが最良の状況である。一般的な質問は、どのようにしてそれが可能な限り早く基準となるよう保証するかである。しかし、あるDNSデータが長期間IPv4上でのみ利用可能であることが明白な間は、IPv4のみ利用可能なホストの名前空間の分割を避けることが重要なのもまた明白である。例えば、移行の間現在のIPv4のみのホストが利用可能である名前空間を壊すことは認められない。

2. 用語

   The phrase "IPv4 name server" indicates a name server available over
   IPv4 transport.  It does not imply anything about what DNS [1,2] data
   is served.  Likewise, "IPv6 [4,5,6] name server" indicates a name
   server available over IPv6 transport.  The phrase "dual-stack name
   server" indicates a name server that is actually configured to run
   both protocols, IPv4 and IPv6, and not merely a server running on a
   system capable of running both but actually configured to run only
   one.

"IPv4ネームサーバ"との語は、IPv4伝送上で利用可能なネームサーバを示す。これは、どのDNS[1,2]データを供給するかについては何も示さない。同様に、"IPv6[4,5,6]ネームサーバ"はIPv6伝送上で利用可能なネームサーバを示す。"デュアルスタックネームサーバ"との語は、IPv4とIPv6両プロトコルで機能するよう設定されたネームサーバを示し、両方実行可能なシステム上で単に1つだけを実行するために設定されて現実に機能するサーバーではない。

3. 名前空間フラグメンテーションのポリシーベース回避

   Today there are only a few DNS "zones" on the public Internet that
   are available over IPv6 transport, and most of them can be regarded
   as "experimental".  However, as soon as the root and top level
   domains are available over IPv6 transport, it is reasonable to expect
   that it will become more common to have zones served by IPv6 servers.

今日、IPv6伝送上で利用可能な公共のインターネットではわずかなDNS"ゾーン"のみがあり、それらの殆どは実験的なものである。しかし、ルート及びトップレベルドメインがIPv6伝送で利用可能となるとすぐに、IPv6サーバの供給するゾーンを持つことがより一般的になることは明白である。

   Having those zones served only by IPv6-only name server would not be
   a good development, since this will fragment the previously
   unfragmented IPv4 name space and there are strong reasons to find a
   mechanism to avoid it.

IPv6のみのネームサーバだけで供給されるそれらのゾーンを持つことは、既にある分割されていないIPv4名前空間を分割し、これを避けるメカニズムを何としてでも見つけなければならないため良い方法ではないだろう。

   The recommended approach to maintain name space continuity is to use
   administrative policies, as described in the next section.

名前空間の連続性を維持するために推奨される方法は、次の章で触れられるように管理ポリシーを用いることである。

4. DNS IPv6トランスポート勧告ガイドライン

   In order to preserve name space continuity, the following
   administrative policies are recommended:

      - every recursive name server SHOULD be either IPv4-only or dual
        stack,

         This rules out IPv6-only recursive servers.  However, one might
         design configurations where a chain of IPv6-only name server
         forward queries to a set of dual stack recursive name server
         actually performing those recursive queries.

      - every DNS zone SHOULD be served by at least one IPv4-reachable
        authoritative name server.

         This rules out DNS zones served only by IPv6-only authoritative
         name servers.

名前空間の連続性を維持するために、以下の管理ポリシーが進められる:

全ての再帰ネームサーバは、IPv4のみもしくはデュアルスタックであるべきだ。
これにより、IPv6のみの再帰サーバが除外される。しかし、IPv6のみのネームサーバが再帰問い合わせを行うデュアルスタック再帰ネームサーバに問い合わせる設定を行うかもしれない。
全てのDNSゾーンは、少なくとも1つのIPv4で到達可能な信頼できるネームサーバによって供給されるべきだ。
これにより、IPv6のみの信頼できるネームサーバによって供給されるDNSゾーンが除外される。
   Note: zone validation processes SHOULD ensure that there is at least
   one IPv4 address record available for the name servers of any child
   delegations within the zone.

注記:ゾーン承認プロセスは、ゾーンの子委任ネームサーバのために利用可能な少なくとも1つのIPv4アドレスレコードがあることを保証すべきである(SHOULD)。

5. 安全性への配慮

   The guidelines described in this memo introduce no new security
   considerations into the DNS protocol or associated operational
   scenarios.

当メモに記載されたガイドラインは、DNSプロトコルもしくは関連する運用上のシナリオに新しい安全性への配慮を導入しない。

6. 謝辞

   This document is the result of many conversations that happened in
   the DNS community at IETF and elsewhere since 2001.  During that
   period of time, a number of Internet drafts have been published to
   clarify various aspects of the issues at stake.  This document
   focuses on the conclusion of those discussions.

当文書は、IETFのDNSコミュニティはその他で2001年から行っていた多くの議論の結果である。その期間の間に、多くのインターネットドラフトがおかれる危機的な問題の様々な側面を明確にするため発行された。当文書はそれらの議論の結論に焦点をしぼる。

   The authors would like to acknowledge the role of Pekka Savola in his
   thorough review of the document.

文書に対する批評を頂いたPekka Savola氏の役割に謝辞を述べる。

7. 標準リファレンス

   [1]  Mockapetris, P., "Domain names - concepts and facilities", STD
        13, RFC 1034, November 1987.

   [2]  Mockapetris, P., "Domain names - implementation and
        specification", STD 13, RFC 1035, November 1987.

   [3]  Bradner, S., "The Internet Standards Process -- Revision 3", BCP
        9, RFC 2026, October 1996.

   [4]  Deering, S. and R. Hinden, "Internet Protocol, Version 6 (IPv6)
        Specification", RFC 2460, December 1998.

   [5]  Hinden, R. and S. Deering, "Internet Protocol Version 6 (IPv6)
        Addressing Architecture", RFC 3513, April 2003.

   [6]  Thomson, S., Huitema, C., Ksinant, V., and M. Souissi, "DNS
        Extensions to Support IP Version 6", RFC 3596, October 2003.

8. 著者への連絡先

   Alain Durand
   SUN Microsystems, Inc
   17 Network circle UMPK17-202
   Menlo Park, CA, 94025
   USA

   EMail: Alain.Durand@sun.com


   Johan Ihren
   Autonomica
   Bellmansgatan 30
   SE-118 47 Stockholm
   Sweden

   EMail: johani@autonomica.se
   Copyright (C) The Internet Society (2005).
   This document is subject to the rights, licenses and restrictions
   contained in BCP 78, and except as set forth therein, the authors
   retain all their rights.

当文書はBCP78で触れられている権利と許可と制限の適用を受け、文書中で明らかにされている個所を除いて著者が全ての権利を維持する。

   This document and the information contained herein are provided on an
   "AS IS" basis and THE CONTRIBUTOR, THE ORGANIZATION HE/SHE REPRESENTS
   OR IS SPONSORED BY (IF ANY), THE INTERNET SOCIETY AND THE INTERNET
   ENGINEERING TASK FORCE DISCLAIM ALL WARRANTIES, EXPRESS OR IMPLIED,
   INCLUDING BUT NOT LIMITED TO ANY WARRANTY THAT THE USE OF THE
   INFORMATION HEREIN WILL NOT INFRINGE ANY RIGHTS OR ANY IMPLIED
   WARRANTIES OF MERCHANTABILITY OR FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

当文書及び文書内の情報は無保証で提供され、寄稿者、寄稿者が代表となる組織、もしあれば寄稿者を後援する組織、インターネット学会及びIETFは、当文書がいかなる権利も侵害していないという保証、商業利用や特定目的に対する適合性への保証、更にはこれらに限らずあらゆる保証について明示的にも暗黙的にも保証をしていない。

知的所有権

   The IETF takes no position regarding the validity or scope of any
   Intellectual Property Rights or other rights that might be claimed to
   pertain to the implementation or use of the technology described in
   this document or the extent to which any license under such rights
   might or might not be available; nor does it represent that it has
   made any independent effort to identify any such rights.  Information
   on the procedures with respect to rights in RFC documents can be
   found in BCP 78 and BCP 79.

IETFは当文書で提供する技術の実装や他の技術の使用に対して主張される知的所有権、その他の権利や効力または適用範囲、更にそれらの権利に基づく全てのライセンスが利用可能であるか否かについては一切関与をしない。これらに関して全ての権利が明確となるよう調査が行われているわけではない。文書の権利に関るIETFの手続きについてはBCP78とBCP79で閲覧可能である。

   Copies of IPR disclosures made to the IETF Secretariat and any
   assurances of licenses to be made available, or the result of an
   attempt made to obtain a general license or permission for the use of
   such proprietary rights by implementers or users of this
   specification can be obtained from the IETF on-line IPR repository at
   http://www.ietf.org/ipr.

IETFによるIPR開示情報のコピーや利用可能なライセンスの保証、本仕様の実装者やユーザがそれらの一般ライセンスや使用許諾を得るための手順は、IETFのオンラインIPRレポジトリから入手可能である。

   The IETF invites any interested party to bring to its attention any
   copyrights, patents or patent applications, or other proprietary
   rights that may cover technology that may be required to implement
   this standard.  Please address the information to the IETF at
   ietf-ipr@ietf.org.

IETFは本標準を実装するために必要な技術に関する著作権、特許、特許出願、その他の知的所有権への指摘を歓迎する。その折は、ietf-ipr@ietf.org まで情報をお寄せ頂きたい。

謝辞

   Funding for the RFC Editor function is currently provided by the
   Internet Society.

RFC編集者の職務に対する資金供給は、現在インターネット学会から提供されている。

広告

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年11月10日 最終更新:2006年11月10日