インターネットは誰のものでもない

広告

広告

原文

最終更新
2006-04-11T23:11:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/rfc3721.html#source

インターネットは誰のものでもない(和訳)

最終更新
2006-04-12T21:16:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/rfc3721.html#translation

Status of this Memo

   This memo provides information for the Internet community.  It does
   not specify an Internet standard of any kind.  Distribution of this
   memo is unlimited.

当メモはインターネットコミュニティに役立つであらう情報を提供するものであり、これによつて標準的なインターネット像をでつちあげやうとするものではない。当メモは配布に関しての制限を設けてゐない。

Copyright Notice

   Copyright (C) The Internet Society (2002).  All Rights Reserved.

Abstract

   This document expresses the Internet Society's ideology that the
   Internet really is for everyone.  However, it will only be such  if
   we make it so.

当文書は、インターネットは正に皆のものであると云ふインターネット社会に於ける思想について表すものである。しかし、我我が然うしやうとしない限り、インターネットは皆のものとならないのである。

1. The Internet is for everyone

   How easy to say - how hard to achieve!

言ふは易し、行ふは難し。

   How have we progressed towards this noble goal?

この高尚な目標に向かつてどのやうに事を進めて来たのか。

   The Internet is in its 14th year of annual doubling since 1988.
   There are over 150 million hosts on the Internet and an estimated 513
   million users, world wide.

インターネットは1988年より14年間に渡つて、毎年倍となる勢いで成長してゐる。インターネットには1億5千万台以上のホストが接続されており、世界中に5億1300万人の利用者がゐると予想されてゐる。

   By 2006, the global Internet is likely to exceed the size of the
   global telephone network, if it has not already become the telephone
   network by virtue of IP telephony.  Moreover, as many as 1.5 billion
   Internet-enabled appliances will have joined traditional servers,
   desk tops and laptops as part of the Internet family.  Pagers, cell
   phones and personal digital assistants may well have merged to become
   the new telecommunications tools of the next decade.  But even at the
   scale of the telephone system, it is sobering to realize that only
   half of the Earth's population has ever made a telephone call.

電話ネットワークがIP電話網となつてゐなければ、2006年までにインターネットは電話ネットワークの規模を凌ぐものと予想される。更に、サーバやデスクトップ、ラップトップのやうに従来からインターネットに接続されてゐる機器に加へて、15億台程の電化製品がインターネットに接続されるだらう。次の10年の内には、ポケットベルや携帯電話、PDAも新しい通信ツールとなる為にインターネットへと接続されるだらう。しかし電話でさえ、電話を架けた事のある人が世界のたつた半分にすぎないと云ふ事実を受け止めなければならない。

   It is estimated that commerce on the network will reach somewhere
   between $1.8T and $3.2T by 2003.  That is only two years from now
   (but a long career in Internet years).

インターネットに於けるビジネスは、2003年までに1.8兆から3.2兆ドル規模になると予想されてゐる。これは今からたつた2年以内――しかしインターネットの時間の流れとして考へると2年は長い期間である――のことである。

   The number of Internet users will likely reach over 1000 million by
   the end of the year 2005, but that is only about 16% of the world's
   population.  By 2047 the world's population may reach about 11
   billion.  If only 25% of the then world's population is on the
   Internet, that will be nearly 3 billion users.

2005年の終りには、インターネット利用者数は10億人以上に達するものと予想されてゐるが、これは全世界人口の約16%にすぎない。2047年までに世界人口は110億人に達すると予想されるが、その際世界人口の1/4がインターネットを利用したと考へても、利用者が30億人となるにすぎない。

   As high bandwidth access becomes the norm through digital subscriber
   loops, cable modems and digital terrestrial and satellite radio
   links, the convergence of media available on the Internet will become
   obvious.  Television, radio, telephony and the traditional print
   media will find counterparts on the Internet - and will be changed in
   profound ways by the presence of software that transforms the one-way
   media into interactive resources, shareable by many.

DSLやケーブルモデム、デジタル地上波や衛星ラジオリンクのやうな広帯域アクセスが標準となるに連れて、インターネットで利用出来るメディアの収束が起きることは明白である。テレビやラジオ、電話や古くからある印刷物はインターネット上にそれらと似たものが登場することとなり、片方向メディアではなく多人数で共有可能な相互に作用する資源を提供するソフトウェアの存在で大きく進化するだらう。

   The Internet is proving to be one of the most powerful amplifiers of
   speech ever invented.  It offers a global megaphone for voices that
   might otherwise be heard only feebly, if at all.  It invites and
   facilitates multiple points of view and dialog in ways
   unimplementable by the traditional, one-way, mass media.

インターネットはその発明以来、最も強力な発言の増幅器として認められてゐる。他の方法では聞こえたとしても微かであつただらう発言に対し、インターネットは世界中に聞こえる拡声器を提供したこととなる。インターネットでは、従来の片方向のマスメディアでは実現出来なかつた方法で、多様な見方や対話が新しく発見され、促進されてゐる。

   The Internet can facilitate democratic practices in unexpected ways.
   Did you know that proxy voting for stock shareholders is now commonly
   supported on the Internet?  Perhaps we can find additional ways in
   which to simplify and expand the voting franchise in other domains,
   including the political, as access to Internet increases.

インターネットは思ひ掛けない方法で民主主義の実現を容易に出来る。インターネットを利用しての株主代理投票が一般的に行はれてゐることをご存知だらうか。インターネット利用者が増加するに連れて、政治的な事を含む他の領域にも投票権を広げ、尚且つそれが現在よりも簡単に行へる方法が発明されることだらう。

   The Internet is becoming the repository of all we have accomplished
   as a society.  It has become a kind of disorganized "Boswell" of the
   human spirit.  Be thoughtful in what you commit to email, news
   groups, and other Internet communication channels - it may well turn
   up in a web search some day.  Thanks to online access to common
   repositories, shared databases on the Internet are acting to
   accelerate the pace of research progress.

インターネットは我我が社会として成し遂げた全ての事柄の宝庫となり始めてゐる。人の精神が組織的ではないにしろ網羅されたものとなり始めてゐる。電子メールやニュースグループ、その他のインターネットコミュニティでの行動に対しては気を付けなければならない。貴方の行動が何時の日か検索エンジンに登場するかもしれないのだから。インターネット上にある共有の宝の山にアクセス出来るおかげで、数数の研究の発展速度が加速されてゐるのである。

   The Internet is moving off the planet!  Already, interplanetary
   Internet is part of the NASA Mars mission program now underway at the
   Jet Propulsion Laboratory.  By 2008 we should have a well-functioning
   Earth-Mars network that serves as a nascent backbone of an inter-
   planetary system of Internets - InterPlaNet is a network of
   Internets!  Ultimately, we will have interplanetary Internet relays
   in polar solar orbit so that they can see most of the planets and
   their associated interplanetary gateways for most, if not all of the
   time.

インターネットは地球から離れつつある。既に惑星間インターネットはJPAによつて進められてゐるNASA Mars mission programの一部となつてゐる。2008年までには、惑星間ネットワークの初期のバックボーンとなる地球火星間ネットワークが完成し、問題なく機能してゐる筈だ。InterPlaNetはインターネットの一部なのである。究極的には、公転軌道上にある惑星間インターネットが完成してゐるだらう。従つて、殆どの惑星とそれに関連する惑星間ゲートウェイを常時若しくはそれに近い状態で見ることが可能となるだらう。

   The Internet Society is launching a new campaign to facilitate access
   to and use of Internet everywhere.  The campaign slogan is "Internet
   is for everyone," but there is much work needed to accomplish this
   objective.

インターネットソサエティは、何処からでも容易にインターネットにアクセス出来、何処からでも容易にインターネットを利用可能とする新しいキャンペーンに着手した。そのキャンペーンスローガンは、"インターネットは誰のものでもない"だが、この目的を果たす為に遣らなければならない事はたくさんある。

   Internet is for everyone - but it won't be if it isn't affordable by
   all that wish to partake of its services, so we must dedicate
   ourselves to making the Internet as affordable as other
   infrastructures so critical to our well-being.  While we follow
   Moore's Law to reduce the cost of Internet-enabling equipment, let us
   also seek to stimulate regulatory policies that take advantage of the
   power of competition to reduce costs.

インターネットは誰のものでもないが、インターネットサービスを利用したいと望む全ての人が利用可能でなければ然う云ふことにはならないだらう。従つて、我我が生活を送る上で必要なインフラと同じやうに、我我はインターネット網の構築に努めなければならない。ムーアの法則に従つてインターネット構成機器の費用を削減してゐるが、競争を利用して機器の値段を下げさせる方法を考へるべきである。

   Internet is for everyone - but it won't be if Governments restrict
   access to it, so we must dedicate ourselves to keeping the network
   unrestricted, unfettered and unregulated.  We must have the freedom
   to speak and the freedom to hear.

インターネットは誰のものでもないが、政府がインターネットへの接続に対して何らかの制限をかけるやうであれば然う云ふことにはならないだらう。従つて、インターネットを制限が無く、拘束が無く、規制が無い状態に保つやう努めなければならない。我我には発言の自由と知る自由がある。

   Internet is for everyone - but it won't be if it cannot keep up with
   the explosive demand for its services, so we must dedicate ourselves
   to continuing its technological evolution and development of the
   technical standards the lie at the heart of the Internet revolution.
   Let us dedicate ourselves to the support of the Internet Architecture
   Board, the Internet Engineering Steering Group, the Internet Research
   Task Force, the Internet Engineering Task Force and other
   organizations dedicated to developing Internet technology as they
   drive us forward into an unbounded future. Let us also commit
   ourselves to support the work of the Internet Corporation for
   Assigned Names and Numbers - a key function for the Internet's
   operation.

インターネットは誰のものでもないが、インターネットに対する爆発的な要求に対応出来なければ然う云ふことにはならない。従つて、技術を発展させ続けることに努めると同時に、インターネット革命の肝となる技術の標準化の発展に努めなければならない。又、IABIESGIRTFIETF、その他のインターネット技術の発展に携る組織をサポートするやう努めなければならない。それらの組織は無限の未来へと我我を導いてくれてゐるのだ。更に、ICANNのサポートにも努めると良いだらう。ICANNはインターネットオペレーションの中心的な役割を果たす組織である。

   Internet is for everyone - but it won't be until in every home, in
   every business, in every school, in every library, in every hospital
   in every town and in every country on the Globe, the Internet can be
   accessed without limitation, at any time and in every language.

インターネットは誰のものでもないが、地球上の全ての国家の全ての街、全ての家庭、全ての会社、全ての学校、全ての図書館、全ての病院にて制限なく――何時でも、全ての言語で――インターネットに接続出来るやうにならなければ然う云ふことにはならないだらう。

   Internet is for everyone - but it won't be if it is too complex to be
   used easily by everyone.  Let us dedicate ourselves to the task of
   simplifying the Internet's interfaces and to educating all that are
   interested in its use.

インターネットは誰のものでもないが、誰でも簡単に使へない程複雑なものであれば然う云ふことにはならないだらう。インターネットのインターフェイス部分をシンプルにし、インターネットに興味を持つ全ての者に教育を行ふやう努めべきである。

   Internet is for everyone - but it won't be if legislation around the
   world creates a thicket of incompatible laws that hinder the growth
   of electronic commerce, stymie the protection of intellectual
   property, and stifle freedom of expression and the development of
   market economies.  Let us dedicate ourselves to the creation of a
   global legal framework in which laws work across national boundaries
   to reinforce the upward spiral of value that the Internet is capable
   of creating.

インターネットは誰のものでもないが、世界中の立法府がそれぞれに独立したEコマースの成長を妨げる法律を作成したり、知的所有権保護を難しくする法律を作成したり、表現の自由や市場経済の発展を妨げる法律を作成したりしてゐては然う云ふことにはならないだらう。地球規模で国境を越えて機能するインターネットの発展を助ける法律の枠組みを作るやう努めるべきである。

   Internet is for everyone - but it won't be if its users cannot
   protect their privacy and the confidentiality of transactions
   conducted on the network.  Let us dedicate ourselves to the
   proposition that cryptographic technology sufficient to protect
   privacy from unauthorized disclosure should be freely available,
   applicable and exportable.  Moreover, as authenticity lies at the
   heart of trust in networked environments, let us dedicate ourselves
   to work towards the development of authentication methods and systems
   capable of supporting electronic commerce through the Internet.

インターネットは誰のものでもないが、利用者が自身のプライバシーとネットワークを通じて行ふ処理の機密を守ることが出来ないのであれば然う云ふことにはならないだらう。プライバシーを守るのに十分な暗号化技術――自由に手に入り、適用出来、輸出できるやうな――の策定に努めるべきである。更に、ネットワーク環境では信頼性の確保が重要となるので、信頼性を確保する方法と、インターネットを通じたEコマースをサポートする為の優れたシステムの発展に向けて努めるべきである。

   Internet is for everyone - but it won't be if parents and teachers
   cannot voluntarily create protected spaces for our young people for
   whom the full range of Internet content still may be inappropriate.
   Let us dedicate ourselves to the development of technologies and
   practices that offer this protective flexibility to those who accept
   responsibility for providing it.

インターネットは誰のものでもないが、全てのインターネットコンテンツを利用するには不適切かも知れない子供達の為に、親や教師が自発的に守られた空間を作らなければ然う云ふことにはならないだらう。又、与へられた情報から自身を柔軟に防御出来る技術と習慣を学習させるやう努めるべきである。

   Internet is for everyone - but it won't be if we are not responsible
   in its use and mindful of the rights of others who share its wealth.
   Let us dedicate ourselves to the responsible use of this new medium
   and to the proposition that with the freedoms the Internet enables
   comes a commensurate responsibility to use these powerful enablers
   with care and consideration.  For those who choose to abuse these
   privileges, let us dedicate ourselves to developing the necessary
   tools to combat the abuse and punish the abuser.

インターネットは誰のものでもないが、使用に責任を持たず、財産を共有する他人の権利を忘れては然う云ふことにはならないだらう。この新しいメディアを責任を持つて使ふやうに努め、インターネットが可能とする自由な提案と、心配や考慮が必要ではあるが強力な可能性を持つ事が出来る責任とが釣り合ふやう努めるべきである。

   Internet is for everyone - even Martians!

インターネットは火星人を含めて考へても、誰のものでもない。

   I hope Internauts everywhere will join with the Internet Society and
   like-minded organizations to achieve this, easily stated but hard to
   attain goal.  As we pass the milestone of the beginning of the third
   millennium, what better theme could we possibly ask for than making
   the Internet the medium of this new millennium?

あらゆる場所のインターネット利用者が、インターネット社会や似たやうな思想を持つた組織に加入し、言ふは易く行ふに難い目的を成し遂げる事を望む。三番目のミレニアムは始まつたばかりだが、インターネットをこの新しいミレニアムのメディアとするよりも良いテーマを我我は考へることが出来るだらうか。

   Internet IS for everyone - but it won't be unless WE make it so.

インターネットは誰のものでもないが、我我が然うしやうとしなければ、然う云ふことにはならないだらう。

2. Security Considerations

   This document does not treat security matters, except for reference
   to the utility of cryptographic techniques to protect confidentiality
   and privacy.

当文書では、秘密とプライバシーを守るために使ふ暗号化技術に関しての文献以外にはセキュリティに関することを扱はなかつた。

3. References

   [1] Internet Society - www.isoc.org

   [2] Internet Engineering Task Force - www.ietf.org

   [3] Internet Corporation for Assigned Names and Numbers -
       www.ICANN.org

   [4] Cerf's slides: www.wcom.com/cerfsup

   [5] Interplanetary Internet - www.ipnsig.org

   [6] Internet history - livinginternet.com

4. Author's Addresses

   Vint Cerf
   former Chairman and President, Internet Society
   January 2002

   Sr. Vice President, Internet Architecture and Technology
   WorldCom
   22001 Loudoun County Parkway, F2-4115
   Ashburn, VA 20147

   EMail: vinton.g.cerf@wcom.com

5. Full Copyright Statement

   Copyright (C) The Internet Society (2002).  All Rights Reserved.
   This document and translations of it may be copied and furnished to
   others, and derivative works that comment on or otherwise explain it
   or assist in its implementation may be prepared, copied, published
   and distributed, in whole or in part, without restriction of any
   kind, provided that the above copyright notice and this paragraph are
   included on all such copies and derivative works.  However, this
   document itself may not be modified in any way, such as by removing
   the copyright notice or references to the Internet Society or other
   Internet organizations, except as needed for the purpose of
   developing Internet standards in which case the procedures for
   copyrights defined in the Internet Standards process must be
   followed, or as required to translate it into languages other than
   English.

上記著作権表示とこの段落が全ての複写や派生的な仕事につけられてゐれば、この文書と翻訳は複写や他者への提供が可能であり、コメントや説明、実装を支援する派生的な仕事の為にこの文書の全部或いは一部を制約無く複写や出版、配布することが出来る。しかしこの文書自身は、英語以外の言語への翻訳やインターネット標準を開発する目的で必要な場合を除いて、インターネット学会や他のインターネット組織は著作権表示や参照を削除されるやうな変更は出来ない。インターネット標準を開発する場合は、インターネット標準化プロセスで定義された著作権の手順に従ふ。

   The limited permissions granted above are perpetual and will not be
   revoked by the Internet Society or its successors or assigns.

上に与へられた限定的な許可は永久で、インターネット学会やその後継者や譲渡者によつて無効化されることはない。

   This document and the information contained herein is provided on an
   "AS IS" basis and THE INTERNET SOCIETY AND THE INTERNET ENGINEERING
   TASK FORCE DISCLAIMS ALL WARRANTIES, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING
   BUT NOT LIMITED TO ANY WARRANTY THAT THE USE OF THE INFORMATION
   HEREIN WILL NOT INFRINGE ANY RIGHTS OR ANY IMPLIED WARRANTIES OF
   MERCHANTABILITY OR FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

この文書とここに含む情報は無保証で供給され、そしてインターネット学会とインターネット技術標準化タスクフォースは――特別にも暗黙にも――この情報の利用が権利を侵害しないことや、特別の目的への利用に適当であることの保証を含め、全ての保証を拒否する。

Acknowledgement

   Funding for the RFC Editor function is currently provided by the
   Internet Society.

RFC編集者機構の資金は、現在インターネット学会から提供されてゐる。

広告

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年04月11日 最終更新:2006年04月12日