text/css メディアタイプ

広告

広告

原文

最終更新
2006-09-19T23:11:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/rfc2318.html#source

text/css メディアタイプ(和訳)

最終更新
2006-09-21T01:16:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/rfc2318.html#translation

Status of this Memo

   This memo provides information for the Internet community.  It does
   not specify an Internet standard of any kind.  Distribution of this
   memo is unlimited.

当メモはインターネットコミュニティに役立つであろう情報を提供するものであり、これによって標準的なインターネット像をでっちあげようとするものではない。また、当メモは配布に関しての制限を設けていない。

Copyright Notice

   Copyright (C) The Internet Society (1998).  All Rights Reserved.

Abstract

   Cascading Style Sheets (CSS) is a style sheet language for the World
   Wide Web. CSS style sheets have been in use since October 1995 using
   the Media Type text/css without registration; this memo seeks to
   regularize that position.

CSSWWWのためのスタイルシート言語である。CSSスタイルシートは、1995年10月から現在に至るまで確固たる登録の無いtext/cssメディアタイプを慣習的に使ってきた。そこで、当文書はtext/cssの地位を確立しようとするものである。

1. Introduction

   The World Wide Web Consortium has issued a Recommendation [1], which
   defines Cascading Style Sheets, level 1. This memo provides
   information about the text/css Media Type.

W3CはCSS レベル1を定義した勧告[1]を発行しており、当文書はそのCSSで使うtext/cssメディアタイプについての情報である。

2. Cascading Style Sheets

   Cascading Style Sheets (CSS) is a style sheet language for the World
   Wide Web. It describes the presentation (e.g. fonts, colors and
   spacing) of structured documents. CSS is human readable and writable,
   and expresses style in common desktop publishing terminology.

CSSWWWのためのスタイルシート言語であり、構造化された文書の表現方法――例えば文字や色、余白など――を記述するものである。また、CSSは一般的なDTP用語で表されるので、コンピュータだけでなく人間にも読み書きが可能である。

   CSS style sheets have been in use since October 1995 using the Media
   Type text/css without registration; this memo seeks to regularize
   that position.

CSSスタイルシートは、1995年10月から現在に至るまで確固たる登録の無いtext/cssメディアタイプを慣習的に使ってきた。そこで、当文書はtext/cssの地位を確立しようとするものである。

   A CSS style sheet can be either:
   (1) external - the style sheet is linked to a document through a
       URI and exists as a separate object on the Web. The media type
       text/css is used when fetching the object, for example in the
       Content-Type and Accept header fields of HTTP [2].

CSSスタイルシートは以下で示すどちらかの方法で指定することとなる。一つ目は外部スタイルシートを使う方法である。外部スタイルシートはWeb上に独立したオブジェクトとして存在し、URIにより該当の文書からリンクされることとなる。text/cssメディアタイプは、外部スタイルシートを読み込む際、例えばHTTP[2]ヘッダのContent-Type や Accept といったフィールドで使用されることとなる。

   (2) internal - the style sheet is contained within the document. A
       typical scenario is an HTML [3] document that contains a style
       sheet within the STYLE element. Due to this close relationship,
       HTML and CSS share the same top-level name ("text").

二つ目は内部スタイルシートを使う方法である。内部スタイルシートは該当の文書内に含まれるスタイルシートであり、HTML[3]文書内のSTYLE要素にスタイルシートを含める方法が主に採られる。そのため、HTMLとCSSは同じトップレベルの名前(text)とされている。

4. Registration Information

       To: ietf-types@iana.org
       Subject: Registration of MIME media type text/css

       MIME media type name: text

       MIME subtype name: css

       Required parameters: none

       Optional parameters: charset
       The syntax of CSS is expressed in US-ASCII, but a CSS file can
       contain strings which may use any Unicode character. Any charset
       that is a superset of US-ASCII may be used; US-ASCII, iso-8859-X
       and utf-8 are recommended.

CSSの構文はUS-ASCIIで表現されるが、CSSファイルに含まれる文字列はUnicode文字であれば制限はない。文字セットにはUS-ASCIIの上位集合であれば何を用いてもよいが、US-ASCII、iso-8859-X、utf-8を用いることが推奨される。

   Encoding considerations:

       For use with transports that are not 8-bit clean, quoted-
       printable encoding is recommended since the majority of
       characters will be CSS syntax and thus US-ASCII

エンコードについて。8-bit clean以外の文字の伝送を想定して、クォーテッドプリンタブルを使いエンコードすることが推奨される。なぜなら、CSSスタイルシート内の大部分の文字がCSS構文のもの、つまりはUS-ASCIIであるためである。

   Security considerations:

       Applying a style sheet to a document may hide information
       otherwise visible. For example, a very small font size may be
       specified, or the display of certain document elements may be
       turned off.

セキュリティについて。文書にスタイルシートを適用することによって、従来であれば得ることができる情報が隠蔽されるかもしれない。例えば、目に見えないくらいの文字サイズが指定されるかもしれないし、いくつかの要素が隠されるかもしれない。

       CSS style sheets consist of declarative property/value pairs
       assigned to element selectors. They contain no executable code.

CSSスタイルシートは要素セレクタにプロパティと値を割り当てる構成のため、実行可能なコードが含まれることはない。

       As with HTML documents, CSS style sheets may contain links to
       other media (images, sounds, fonts, other style sheets) and those
       links are typically followed automatically by software, resulting
       in the transfer of files without the explicit request of the user
       for each one. The security considerations of each linked file are
       those of the individual registered types.

HTML文書同様に、CSSスタイルシートは他のメディア――画像や音声、文字、他のスタイルシートなど――へのリンクを指定することができ、通常それらのリンクは使用されるソフトウェアによって自動的に辿られるため、ユーザが意図しないファイルまでも転送される恐れがある。それぞれのリンク先ファイルの安全性については、そのファイルタイプの登録毎に検討すべきである。

   Interoperability considerations:

       CSS has proven to be widely interoperable across computer
       platforms, across Web browsers of different makes, and for import
       and export in multiple authoring tools.

相互運用性について。CSSは複数のプラットフォーム間、製造元の異なるWebブラウザ間、さらには複数のオーサリングツール間でのインポートとエクスポートにおいて、広い相互運用性があると実証されている。

   Published specification: see [1]

公表された仕様については[1]を参照のこと。

   Applications which use this media type:

       CSS is device-, platform- and vendor-neutral and is supported by
       a wide range of Web user agents and authoring tools for
       formatting HTML and XML documents.

このメディアタイプを使用するアプリケーションについて。CSSは機器やプラットフォーム、ベンダに依存しないため、HTML文書やXML文書を表示するためのWebUAやオーサリングツールによって広くサポートされる。

   Additional information:

       Magic number(s): none
       File extension(s): .css
       Macintosh File Type Code(s): "css "
       Object Identifier(s) or OID(s): none

付加情報:

   Person & email address to contact for further information:

       The authors of this memo.

   Intended usage: COMMON

     Author/Change controller:

5. References


   [1]  Lie, H., and B. Bos, "Cascading Style Sheets, level 1",
        W3C Recommendation REC-CSS1-961217, http://www.w3.org/TR/REC-
        CSS1-961217, December 1996.

   [2]  Fielding, R., Gettys, J., Mogul, J., Nielsen, H., and T.
        Berners-Lee, "Hypertext Transfer Protocol -- HTTP/1.1", RFC
        2068, January 1997.

   [3]  Raggett, D., Le Hors, A. and I. Jacobs, "HTML 4.0
        Specification", W3C Recommendation REC-html40-971218,
        http://www.w3.org/TR/REC-html40, December 1997.

6. Authors' Addresses

   Hakon Lie
   W3C/INRIA
   2004, route des Lucioles - B.P. 93
   06902 Sophia Antipolis Cedex
   FRANCE

   Phone: +33 (0)492387771
   Fax:   +33 (0)493657765
   EMail: howcome@w3.org


   Bert Bos
   2004, route des Lucioles - B.P. 93
   06902 Sophia Antipolis Cedex
   FRANCE

   Phone: +33 (0)492387692
   Fax:   +33 (0)493657765
   EMail: bert@w3.org


   Chris Lilley
   2004, route des Lucioles - B.P. 93
   06902 Sophia Antipolis Cedex
   FRANCE

   Phone: +33 (0)492387987
   Fax:   +33 (0)493657765
   EMail: chris@w3.org
   Copyright (C) The Internet Society (1998).
   This document and translations of it may be copied and furnished to
   others, and derivative works that comment on or otherwise explain it
   or assist in its implmentation may be prepared, copied, published and
   distributed, in whole or in part, without restriction of any kind,
   provided that the above copyright notice and this paragraph are
   included on all such copies and derivative works.  However, this
   document itself may not be modified in any way, such as by removing
   the copyright notice or references to the Internet Society or other
   Internet organizations, except as needed for the purpose of
   developing Internet standards in which case the procedures for
   copyrights defined in the Internet Standards process must be
   followed, or as required to translate it into languages other than
   English.

上記著作権表示とこの段落が全ての複写や派生的な仕事につけられていれば、この文書と翻訳は複写や他者への提供が可能であり、コメントや説明、実装を支援する派生的な仕事の為にこの文書の全部或いは一部を制約無く複写や出版、配布することが出来る。しかし当文書自身は、英語以外の言語への翻訳やインターネット標準を開発する目的で必要な場合を除いて、インターネット学会や他のインターネット組織は著作権表示や参照を削除されるような変更をしてはならない。インターネット標準を開発する場合は、インターネット標準化プロセスで定義された著作権の手順に従うこと。

   The limited permissions granted above are perpetual and will not be
   revoked by the Internet Society or its successors or assigns.

上記で与えられた限定的な許可は永久であり、インターネット学会やその後継者や譲渡者によつて無効化されることはない。

   This document and the information contained herein is provided on an
   "AS IS" basis and THE INTERNET SOCIETY AND THE INTERNET ENGINEERING
   TASK FORCE DISCLAIMS ALL WARRANTIES, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING
   BUT NOT LIMITED TO ANY WARRANTY THAT THE USE OF THE INFORMATION
   HEREIN WILL NOT INFRINGE ANY RIGHTS OR ANY IMPLIED WARRANTIES OF
   MERCHANTABILITY OR FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

当文書とそれに含む情報は無保証で提供され、そしてインターネット学会とIETFは――明示的にも暗黙的にも――この情報の利用が権利を侵害しないことや、特別の目的への利用に適当であることの保証を含め、全ての保証を拒否するものである。

広告

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年09月19日 最終更新:2006年09月21日