蓄積交換方式【Stored and forward Switching】

広告

広告

蓄積交換方式とは

最終更新
2005-07-20T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/nw/technology/term/other/sfs.html#sfs

データの送受信を蓄積交換機を通して行う方式の総称です。データを送信する際にデータは蓄積交換機に一旦蓄えられ、交換機は最適な通信回線を見つけてデータを送信します。その際にデータはブロックに分割され、行き先情報や誤り制御のためのデータが付加される場合もあります。送られてきたデータは送信先となった蓄積交換機に蓄えられ、受取先のコンピュータへ(データだけ取り出して)渡されます。回線交換方式のように一定時間回線を独占することがないので回線を効率的に使用できる、送信側と受信側の通信速度が異なっていても良いというメリットがありますが、伝送遅延が発生すると言うデメリットもあります。蓄積交換方式にはメッセージを分割せずに送信をするメッセージ交換方式と、メッセージをある長さのブロック(パケット)に分割して送信するパケット交換方式があります。

広告

Copyright (C) 2005 七鍵 key@do.ai 初版:2005年07月20日 最終更新:2005年07月20日