ピアツーピアモデル【Pear to Pear model】

広告

広告

ピアツーピアモデルとは

最終更新
2005-12-04T14:05:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/nw/technology/term/basic/clientserver.html#what

P2Pモデルと呼ばれることもあります。ピアツーピアモデルクライアントサーバモデルのように最初からクライアントサーバの役目が決まっているわけではなく、処理を行う際相手にアクセスする側がクライアントとなりその要求を受ける側がサーバとなるネットワーク方式です。つまり、ある端末はピアツーピアモデルネットワーク上においてサーバになる場合もあればクライアントとなる場合もある、切り替え式のクライアントサーバモデルと言えるでしょう。不特定多数の端末間で直接情報のやり取りを行う場合などに使われます。ちなみにpearは日本語で対等なものと訳す事が出来、pear to pear は対等なもの同士と言う意味になります。

広告

Copyright (C) 2005-2007 七鍵 key@do.ai 初版:2005年12月04日 最終更新:2007年01月08日