マスタースレーブモデル【master-slave model】

広告

広告

マスタースレーブモデルとは

最終更新
2005-12-04T14:57:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/nw/technology/term/basic/masterslave.html#what

マスタースレーブモデルでは、サービスの制御を行うマスター(主局とも言う)とマスターの制御の元でサービスを利用するスレーブ(従局とも言う)があらかじめ決められているネットワークモデルです。汎用機の集中処理型ネットワーク等で使用されます。マスターと呼ばれる管理制御ノードが複数のスレーブに対して通信の全てを制御する仕組みとなっていますので、スレーブが情報を送信する際はマスターから送信権を獲得しなければなりません。そのためマスターがスレーブに対して送信を依頼するポーリング処理が必要となります。また、スレーブが情報を受信する際はマスターがスレーブに対して受信を依頼するセレクティング処理が必要となります。

広告

Copyright (C) 2005 七鍵 key@do.ai 初版:2005年12月04日 最終更新:2005年12月04日