2009年10月下旬

広告

今日は何の日(Javascriptを使用しています)。

広告

2009年10月30日

十月三十日の日記

最終更新
2009-10-31T00:09:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2009/10c.html#rfc_30_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_10c_30_01

十月三十日の日記(2)

最終更新
2009-10-31T00:17:19+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2009/10c.html#rfc_30_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_10c_30_02

広告

2009年10月29日

十月二十九日の日記

最終更新
2009-10-30T01:04:07+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2009/10c.html#rfc_29_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_10c_29_01

2009年10月28日

十月二十八日の日記

最終更新
2009-10-28T22:37:46+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2009/10c.html#rfc_28_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_10c_28_01

雜感

最終更新
2009-10-28T23:31:51+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2009/10c.html#rfc_28_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_10c_28_02

當サイトも、前身から數へるとすでに十年以上經過した。昨日、サイトに手を入れてゐて、ふと昔を思ひ出した。未だに、檢索をすると昔つくつたページが出てくるのだからおもしろい、インターネットとは便利なもので、特に殘したい意圖があるわけでもないのだが、自動的に過去の記録が殘されてゐるのだからおもしろい。最終更新日が九十七年だつてさ、さう考へると、私は一體いつからインターネットで發言をしてゐるのだらう。

雜感(2)

最終更新
2009-10-28T23:38:45+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2009/10c.html#rfc_28_03
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_10c_28_03

當時のページで、唯一當サイトに引き繼いでゐるページがあつて、思ふところがあつてそこには未だに何も手を加へてゐないのだけれども、當時から好むものは何も變はつてゐないものだ。よくもまあこゝまで、同じものを飽きもせず好きでゐられるものだ。

2009年10月27日

十月二十七日の日記

最終更新
2009-10-27T20:14:43+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2009/10c.html#rfc_27_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_10c_27_01

2009年10月26日

希望

最終更新
2009-10-26T20:51:12+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/10c.html#rfc_26_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_10c_26_01

こんな話大好き。どうか、ウサギの巣つて信じられない事實が判りますように。

十月二十六日の日記

最終更新
2009-10-26T21:29:05+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/10c.html#rfc_26_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_10c_26_02

本日の夕飯は、牛角の旨塩だれで作つたモヤシ炒め。モヤシとニンジンとニラを炒めただけの簡單料理で、まあ手間の割にはそこそこ美味かつたのだが、特筆すべきは殘り汁。少し舐めると豫想外に美味かつたので、水を入れて温めなおし、輕く鷄がらスープの元を入れて溶かしタマゴを加へて、タマゴスープの完成。もう腹いつぱい。次囘はこのタレで鹽キャベツを作つてみよう。間違ひなく美味いはず。

それはさうと、喉。未だ治つてゐません。コンビニで毎日、のど飴を買つてゐるのに治らない、そろそろ南天のど飴の出番だらうか。そのやうなことよりもちなみに、熱が出なければインフルエンザではないとの自己診察は、正確なのでせうか、素人の思ひこみでせうか。間違つてゐたら早めに教へてください。

「HALLOWEEN」との文字列をこの季節はよく見かけるのだが、どうもつゞりに違和感がある。

ちなみに本日は、舊暦で九月九日。そろそろ十三夜。

2009年10月25日

最終更新
2009-10-25T19:30:35+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/10c.html#rfc_25_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_10c_25_01

人として天下の益ならん事を計ず、碌々として一生を過さんは禽獸にもおとるべし。凡其利を窮るに、などか發明せざらん事のあるべきやはと。金錢を費し工夫せられし事少なからず。

工樂松右衛門の言葉。新卷鮭や松右衛門帆のやうに後世まで殘る益もあれば、さうではない益もある。ばかりか、天下の益にもならないことを益と信じ計る例もある。が、いづれにしても、碌碌として何事も爲さぬよりははるかに良い。地球や宇宙のことを天下として考へられるものもゐれば、自分の屬する最小の輯團をもつて天下と考へるものもゐる。何事を爲すかは自身の分でもつて考へれば良い。爲し終へた結果はその者の天下を大きく――價値の大きさではない、包括し得る幅の大きさ――し、どこまで大きな天下のことを爲し終へられるかは、その者の持つて生れた容量に依る。つまり、自身の分を超える天下にまで考へをめぐらさうとする必要はないのである。さすがの松右衛門でも、隣の家の掃除や夕食のことにまで考へはめぐらせないだらうから。

エアコン(2)

最終更新
2009-10-25T19:44:31+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/10c.html#rfc_25_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_10c_25_02

買つてあつた麻婆豆腐の元で、冷蔵庫にあつたニラとモヤシをたつぷり入れて、豆板醤と一緒に煮込む。何て名前の料理か知らないけれど、充分身體は暖まる。燒酎と一緒に呑めば、保温效果も拔群に良い――やうな氣がする。喉が痛いのは治らず、本日は何をするでもなく一日微睡んでゐたやうな氣がする。もうそろそろ、保温效果をいつまでも高めてゐないで、もう一度微睡まうかな。喉と風邪の心配をしてくれてありがとう

エアコン(3)

最終更新
2009-10-25T21:09:05+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/10c.html#rfc_25_03
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_10c_25_03

無題

たつたこれだけのものを、口にまで運ぶ所作に疲れてきた、いや本當に。

とかいひつゝ、パソコンに向つて思ひついたことをネタにする余裕はまだまだある。人の何事かを爲すための動機とは、この程度の下らないものかも知れない。

2009年10月24日

本日の日記

最終更新
2009-10-24T19:22:51+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/10c.html#rfc_24_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_10c_24_01

2009年10月24日の晝食

最近、當り前のものを當り前に作れるやうになつてきた。ふと思つたのだが。自分が食べたいものを自分で選んで作るとき、最近氣が附き始めたのだが、私はその食材として四足の動物の肉を買はうとしない、牛とか豚とか。買はうとしない輯合には鳥も含まれるし、結果として馬や羊や熊なども含まれる。決してそれらが嫌ひなわけではなく、外食をする際は氣分によつてそれらを註文することもあるのだが、自分では買はうとしない。手間がかゝるわけではなく、使ひ方を知らないわけでもなささうだが、何故買はうとしないのだらう。結論は出ず。

それはさうと、本日は。朝から散髮屋に行き――思ひつきで入つた初めての店だつたのだが、良い感じの店で店員とも話がはづみ、また髮がのびたら立ち寄ることを約束して店を出た――、この土日二日分の食材を買ひ、本屋に寄つて本を買ひ、買つた本を讀んでゐるともうこんな時間。そろそろまたお腹が空いてきた。辭書に手を加へるつもりだつたのが、また來週かな。

エアコン

最終更新
2009-10-24T19:33:42+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/10c.html#rfc_24_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_10c_24_02

寒くなつてきたのでエアコンをつけたら、室外機からカラカラカラカラとの音が聞こえてくる。結構、大きな音。エアコンを直さうか、暖かい部屋着を買つてこようかを思案中。一昨日から喉が痛いため、壊れたエアコンを直すとの選擇に重點が置かれてゐない。擧句の果てには、エアコンに頼らない生活も良いのではないか、そのやうなことまでも考へ始めてゐる。

2009年10月22日

讀書感想文――北斗の人

最終更新
2009-10-22T21:46:05+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/10c.html#rfc_22_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_10c_22_01

司馬遼太郎の『北斗の人』を讀了。千葉周作の青年期を描いた作品、どちらかといふと短編の部類に入れられるのではないかな。少年漫畫の主人公を聯想させるやうに物語が進み、讀み終つた後に何とも小氣味良い後味が殘つてゐる。人間は、生身の自分と世間の風聞で作られた自分との二通りの人格を持って生きつづけてゆく。との周作の言葉が印象的だつた。

Copyright (C) 2009 七鍵 key@do.ai 初版:2009年10月22日