2009年10月上旬

広告

今日は何の日(Javascriptを使用しています)。

広告

2009年10月10日

Suckyさんだけに對する文章(4:休題)

最終更新
2009-10-10T09:53:19+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/10a.html#rfc_10_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_10a_10_01

過去の行爲の良かつた點や至らなかつた點を他人に説明すること、私はこれを好みません。「何故さうしたのか」や「何故さうしなかつたのか」を他人に説明すること、私はこれも好みません。特に、自分で言つたことの意味を解説すること、これにはかなりの抵抗を感じています。言つた内容がさうであるやうに、それに對する解説もまた、受け取りやうによつては何とでも解釋できるものなのです。

さらに。他人の文章や發言から何を得るか、これは讀み手や聽き手の能力に大きく左右されることなのです。かういひ放しにすると誤解を招くことが判つたので無理に加へますと、何も文章の書き手や發言者に、受け取り手に對する責任がないと申し上げてゐるのではない、同じ内容から何を得るかが受け取り手の大切な能力の一つになると申し上げてゐるのです。「このリンゴは一つ100円である」といふことは、受け手も與へ手も、その能力を最大限用ゐて意思疎通しなければなりません。が、そのやうなことを言つてゐるのではない。「木からリンゴが落ちた」ことを受けて何を得るか、との話をしてゐるのです。

これらは、Suckyさんにだけ押し付けようと話をしてゐるのではありません。腹も立つたのですが、随分と時間も開いたため今までのやり取りを反省する餘裕も生れてきました。相手の考へや行爲を悪意にのみ受け取る、それについて最もらしい解説をつける、これはとても簡單なことなのです。が、そのやうなことはあくまでも自己滿足でしかなく、得られるものは何もないでせう。少くとも私は、さう考へを改めつゝあります。

樂しみ

最終更新
2009-10-10T10:55:24+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/10a.html#rfc_10_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_10a_10_02

本日は、豫定してゐた外出が中止となつたため、近所のスーパーでカレーの材料を買つてきた、十皿分。美味しく出來上るかな、とても樂しみ。

樂しみ(2)

最終更新
2009-10-10T18:31:12+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/10a.html#rfc_10_03
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_10a_10_03

2009年10月10日のカレー

少し鍋底が焦げたけれども、それでも美味しくできたよ。かなり食べたけど、まだまだ半分以上殘つてゐる。明日もカレー。

Suckyさんだけに對する文章(5)

最終更新
2009-10-11T00:12:59+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/10a.html#rfc_10_04
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_10a_10_04

「終り」は七鍵さんが勝手に決めればいゝ。「かなり腹を立ててゐます*」と云ふ感情を「何度も申し上げます*」と前面に出されては議論にならないので、私の中ではもう終つてゐる。尤も今後も公開された文書に對し、何か書かうと思へば書くだらう。だが私は、七鍵さんの記事を「少くとも週に一囘は見るようにします*」と追續ける氣もないし、七鍵さんと「何年でもつきあ*」ふ趣味もない。

題名が長いため、當日記の都合でtitle屬性は割愛。Suckyさんの附けた題名を知りたい方は、上記引用元をご覽下さい。

終つてゐるのであれば、私からも特筆すべきは何もありません。正直、何かうまく表現できませんが、解放された氣分さへしてゐます。私は、私の言ひたいことを何度も繰り返し、Suckyさんに理解していたゞけるよう繰り返し説明をしてゐただけです。だからといふ理由だけでもありませんが、特に新たにSuckyさんに説明をしたい内容もありません。最後なので、腹立ち紛れに穢い言葉で想ひの程をぶつけたことについてお詫びします。

しかし。唯一心殘りなのは、今囘のやり取りで、私は自身の正當性を自ら主張――かういふ意味で言ひ、それにはこのやうな理由があるなど――しようとはしませんでした、私がSuckyさんの文章を讀んでどう感じてゐるのかを主に説明しました。これは私の趣味の問題なのでその良し惡しはどちらでも良いのですが、殘念だと感じてゐるのは、にも關らず七鍵さんは己の非を認めることは絶對にしないだらうとSuckyさんが私を判斷してゐること。なるほど、説明をしようとしない態度は、非を認めない行爲であると聯想される場合もあるといふことが解りました――Suckyさんに對する嫌味ではなく、私自身の反省點です。

広告

2009年10月8日

東京

最終更新
2009-10-08T22:05:31+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/10a.html#rfc_08_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_10a_08_01

もんじやほど經濟的な食べ物はない。ビールと一緒に食べると、異常なくらゐ腹がふくれる。あつといふまに腹がいつぱいになり、ビールもそこそこしか呑めない。早く歸れて、深酒せず、腹いつぱいになり、なんだかヘルシーな氣がする。しかも、美味い。ビールによくあふ。東京にきたら、ぜひもんじやを食はなければならない。おすゝめ。

2009年10月6日

Suckyさんだけに對する文章(4)

最終更新
2009-10-06T21:02:52+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/10a.html#rfc_06_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_10a_06_01

例へ話、私がかう感じてゐるとの例なので、まあバイアスがかなり入つてゐると思つて讀んでも良いよ。今件の始り。青い服を着て街を歩いてゐると、見知らぬ人――何をかくさう、これがSuckyさんなのだが――に指を指して笑はれた。あいつの感覺つて羨ましいよねとか、俺は青い服を見ると氣分が惡くなるんだよ、とかいひつゝ。そんなことを言はれた私は當然氣分を害し、それはどういふ意味だと問ひつめると、お前が青い服を着て歩いてゐることにそもそも原因がある、と開き直る始末。更に、俺は青い服の良し惡しについて話をしてゐるのであつてそれ以外に話を逸すな、などといひ出す始末。バイアスも多少入つてゐるが、話の流れは概ねこの例の通りで間違ひない。

Suckyさんだけに對する文章(4:追記)

最終更新
2009-10-06T21:32:55+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/10a.html#rfc_06_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_10a_06_02

なんでこのやうな例をいまさら擧げるかといふと、どうもSuckyさんは自分の正當性を説明することにばかり夢中になり、自分が何を言つてゐるのか解つてゐないのではないか、さう感じ始めたから。私が何に腹を立ててゐるのかを事前に説明しないと、いつまでも話がかみあはないのではないか、さう感じ始めたから。

お喋りついでに加へると。人の行つた行爲に對する正當性なんて、いくらでも證明できる。いくらでも證明できるのだが、反面、立場を變へて説明をすると、その行爲に對する誤りもいくらでも證明できるものだ。それについていくら言ひあつてみても、それは水掛け論でしかない。お互ひに自身の正當性をいひあふ場面は特に水掛け論にしかならない。あゝ、あなたはさう感じるのですねと、お互ひに納得しあへればまだましで、たいていはわだかまりが殘るだけだ。私は、終り方に對する批評をしたいがために、こゝまでSuckyさんに譲歩をしてゐます。は、このことを豫言した伏線です。

2009年10月5日

Suckyさんだけに對する文章(3)

最終更新
2009-10-06T01:40:18+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/10a.html#rfc_05_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_10a_05_01

一囘のやり取りで二つづゝの疑問でいきませうと提案したのには、私なりの意圖があり、この人と話をする限り、一囘につき一つの質問ではこの人との會話は成り立たない。羨ましいだとか、何とかださうだとか、何とかのやうだとか、YesにでもNoにでもどうにでも取ることのできる表現でばかり文章を書く。これは言はれた者にとつては迷惑極りない。先ずはその眞意を確かめざるを得ず、その眞意を確かめてこそ次の話に移ることができる。もつとはつきりと言つて慾しいのだが、なかなかこの人、自身の主張に自身自信をもてないらしい、明言することを避ける傾向にある。自身の主張がはつきりとあるのであれば、これから始るであらう意見のやり取りに意味も出てくるのだが、たゞ誰かを貶めて自身の株を上げたいだけで始めたやり取り――誰かを貶めて自身の株が上ると思つてゐる時點でそれは勘違ひでしかないのだが、Suckyさんは自分がさうだとは絶對に認めないのだが――であれば、そのやうなやり取りに意味は出てこない。むしろ、お互ひの時間の無駄になるだけである。とはいつても、ねちねちとしたSuckyさんの性格が解りかけてゐるので、何かねちねちと言つてくるのは想像ができるのだが、もう正直にいふと、私が知りたいのは、Suckyさんが私に對し何を求めてるのか、といふたゞ一點のみである。こまでしつこくいろいろねちねちと言つてきてゐるのだから、私に對し何か求めることがあるのだらう。何もないのであれば、それは嫌がらせか自身の得を求めてゐるのか、そのどちらかでしかない。何度もいふが、見知らぬ相手に何をねちねちと言つてゐるのか、それが私には理解できない。私は意味を見出せないことに對し、こゝまで――Suckyさんのやうに――情熱をもつことができないからだ。

2009年10月4日

Suckyさんだけに對する文章

最終更新
2009-10-05T01:01:08+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/10a.html#rfc_04_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_10a_04_01

良いよ、Suckyさん。そこまでいふならば、順をおつて話をします疑問には答へます、もちろん私の疑問にも答へていたゞきますが。私は、Suckyさんに對し、かなり腹を立ててゐます、下らない言ひがゝりばかりつけてくると私は感じてゐるので、お互ひにさうかも知れませんが。

最初に申しあげておきますが、Suckyさんの仰つてつてゐることは、自身の身をかばひたいばかりの言ひがゝりでしかありません。七鍵をだしにした、賣名行爲以外のなにものでもありません。それについて順をおつて話をします。こゝまできたら賣名行爲も良いだらう、Suckyさんの納得がいくまでつきあひますよ。私事だけを申しあげれば、私の知り合ひもこゝは觀てくださつてゐるので、あまり下らないやり取りはしたくないのですが、さうはいつても下らない言ひがゝりばかりをつけられてはだまつてゐられません、覺悟をきめました。

Suckyさんにも主張があり、だからこそこゝまで七鍵にからんでくると思つてゐるのですが、主張があるのであれば何なりとどうぞ。先ず、それを明示していたゞけると、それはそれでありがたく思ひます。無理であれば、どうぞ御自由に、その場その場で主張を變へても良いですよ、何年でもつきあひますから。

合はせて。まだ話が通じる相手だと、これは勘ですが、感じてゐるので申し上げます。會ひたいのであれば仰つてください、その機會を設けます。公開の場に抵抗があるのであれば電子メールでも構ひません。もちろん、公開の場が良ければトラックバックを送つてきて頂いても構ひません、トラックバックの必要がなければそれもどうぞSuckyさんのページは少くとも週に一囘は見るようにします、何なりとお好きな形式でどうぞ。Suckyさんの望む形式で、それに合はせて私は囘答をします。私は認められるとSuckyさんは仰り、七鍵が誤りを認めないと極め附けたのであれば、どうぞ附きあひます、なんでもその根據を仰つてください、囘答しますよ。一瞬、面倒だとは思ひましたが、いつまでもさうやつて下らない言ひがゝりをつけてくるのであれば、私としてもすつきりしません、むしろ不愉快です。お互ひ氣がすむまで意見を交換しませう。

一つだけ註文をつけると、何か私に對し言ひたいことがあるのであれば、一問一答の形でどうぞ。これはあくまでも、私からのお願ひです。たゞ、いちいち話が飛び囘るやり取りをSuckyさんは好まれないやうです、私も好みません。その點ではお互ひに氣が合ひさうです。お互ひがそれぞれの疑問に答へませう、私はかなり立腹してゐますので何年でもつきあひますよ、Suckyさんの氣がすむまで、Suckyさんが「終り」といふまでつきあひます。そこで。一囘のやり取りで二つづゝの疑問でいきませう、それに對し少くともお互ひに囘答する。疑問に對する言ひわけはいくらしていただいても構ひません。二つとの數に異論があるのであれば、一つでも十でも構ひません。Suckyさんの處理できる數を最初に指定ください。數に指定がなければ、いちいち話が飛び囘るやり取りでも構ひません。

このルールに納得いたゞけるのであれば、どうぞSuckyさんから、何なりと疑問をぶつけてください、Suckyさんの氣がすむまでつきあひます。ルールに不滿があるのであれば、疑問の前にその旨を仰つてください。何度も申し上げますが、私はSuckyさんに對してかなり腹をたてゝゐます。もともとSuckyさんからつけてきた因縁です、私は今件まで「Suckyさん」との名前すら知りませんでした。知りもしない相手から、特定の本人に言つたわけでもない主張に對し、こゝまで因縁をつけられてだまつてゐられるはずもありません。むしろ、Suckyさんの氣がすむルールでどうぞ。Suckyさんの氣がすめば、「終り」との意思表示をして下さるだけで結構です。私は、終り方に對する批評をしたいがために、こゝまでSuckyさんに譲歩をしてゐます。

Suckyさんだけに對する文章(2)

最終更新
2009-10-05T01:10:14+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/10a.html#rfc_04_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_10a_04_02

ちなみに、前囘からSuckyさんの日記にトラックバックを送つてゐないのは、トラックバックを送信すると以下のレスポンスを受けるため。トラックバックのやり取りは、できないかも知れません。

<response>
<error>1</error>
<message>http://d.hatena.ne.jp/Sucky/20091004/1254661557 was not found in your page.</message>
</response>

hatena

最終更新
2009-10-05T01:23:42+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/10a.html#rfc_04_03
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_10a_04_03

hatenaの日記に對してトラックバックを送信する際は、excerptにその日記のURIが含まれてゐなければならないと、調べて知つた。相手の記事にはexcerptの内容は表示されないにも關らず、こちらから送信するexcerptの内容はチェックする、意味が解らない。

2009年10月03日

本日は十五夜

最終更新
2009-10-03T19:26:46+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/10a.html#rfc_03_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_10a_03_01

お月見

本日は十五夜。ススキがあればなお好いのだが、手に入らず終ひ。なにはともあれ、天氣が惡かつたので心配してゐたのだけれども、何とか十五夜の月を觀られて良かつた。それどころか。雲の合間に見え隱れする月が、十五夜らしくてなんとも趣きがあるではないか。

讀書感想文――俄

最終更新
2009-10-03T23:45:34+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/10a.html#rfc_03_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_10a_03_02

司馬遼太郎の『俄――浪華遊侠伝』を讀了。幕末から維新を舞臺にした、明石屋萬吉の物語。善人とは小心で毒にも薬にもならなくて一向に前後の見通しがなく、常に大きいものに巻かれることをもって生き方としている人間とすれば、しかし考えようによっては善人ほど始末のわるい悪をする者はない。とは、俄の一件。こゝでいふ大きいものの中には、道徳や文化、常識といつたものも入るだらう。漠然とした道徳、漠然とした文化、漠然とした常識といふものは、なるほど、これは始末に困る。善惡とは、どこまでも客觀的でなければならず、それを共有する輯合を指して道徳や文化、常識と呼ぶ。主觀的な善惡であれば、まだ、救ひやうもあらうが、漠然とした善惡ほど食へないものはない。

2009年10月01日

十五夜

最終更新
2009-10-01T23:32:32+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/10a.html#rfc_01_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_10a_01_01

10月3日は十五夜、明日は待宵の月。兩日とも晴れると良いな。

あへていふと

最終更新
2009-10-02T00:46:17+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/10a.html#rfc_01_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_10a_01_02

私の頭の中には、好んで見たくないと記憶されてゐるサイトがいくつかあり、なぜわざわざそのやうなことを言ひ始めるかといふと、その記憶にあるサイトからトラックバックを受けたから。題名と要約は目に入つたから、何を書いてゐるかの想像はしてゐるが、もちろんリンクをたどつてまで讀む氣は起きない。先方は私に相手をして慾しいのかもしれないけれども、私にその氣は全くない。今後も、おそらく、そんな氣は起きないだらうな。好んで見たくないサイトに對する反應は、今囘をもつて最後にする。正直、かなり前に「最後に」したつもりだつたのだが、この世の中にはあへて言はないと傳はらないこともあるので。

しかし、トラックバックやコメント機能といふのは、私の日記には不要かも知れない。面白半分で作つてみたが、便利な機能だとは思はなくなつてきた。面倒でも何か反應をしなければならない脅迫觀念にかられ、その擧句こんな無意味な日記を書かざるを得ない心持になつてゐる。

Copyright (C) 2009 七鍵 key@do.ai 初版:2009年10月01日