2009年8月中旬

広告

今日は何の日(Javascriptを使用しています)。

広告

2009年8月20日

雨ニモマケズ

最終更新
2009-08-20T22:09:26+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/08b.html#rfc_20_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_08b_20_01

風ニモマケズ

本日は休肝日にしようと思ひ、土鍋で炊き込みご飯に挑戰。食べられた量は、一合焚いて五口ほど。ごめんなさい。とりあへず。黒焦げになつた土鍋を洗つたら、かなりお腹が空いてきた。

広告

2009年8月19日

鳩山由紀夫代表

最終更新
2009-08-19T22:23:36+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/08b.html#rfc_19_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_08b_19_01

宇都宮

本日は、民主黨代表を目の前で見た。目の前とはいつても、石を投げれば當るほどの距離。應援してゐる方もたくさんゐたが、見てゐる方が恥づかしくなるほどあからさまなサクラも澤山ゐた。別に見たくて見たわけではなく、宇都宮驛前で待ち合はせの相手がなかなか來ず、氣がついたら待ち合はせ場所の目の前で演説が始まつたため、暇つぶしがてら眺めてゐただけだよ。その相手が遅れた理由といふのが、演説による驛前の澁帶なのだから笑へない。

多忙

最終更新
2009-08-20T01:23:36+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/08b.html#rfc_19_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_08b_19_02

『峠』を讀了。長岡を訪れたいと思つた。行きたい場所だらけ、忙しい。

2009年8月18日

明智光秀

最終更新
2009-08-19T00:30:40+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/08b.html#rfc_18_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_08b_18_01

本日、電車の中で。戰國時代でいふと、俺は織田信長だ、俺は直江兼續だ、あいつは石田三成だ、あいつは明智光秀だ、との世間話を、どこからどう觀ても足輕でしかない者逹が辯論してゐた。他人ながらも、聞いてゐてほゝえましかつた。

2009年8月17日

ミス

最終更新
2009-08-17T23:02:34+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/08b.html#rfc_17_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_08b_17_01

昨日。日記を書くだけ書いて、サーバに對して更新をかける作業を忘れてゐた。下の日記も、ぜひ讀んでください。

本日の名言――美

最終更新
2009-08-17T23:42:22+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/08b.html#rfc_17_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_08b_17_02

いったいそれ自体において美しいとか醜いとかいうものがある訳ではなく、むしろ美しい仕方で為されたことが美しく、醜い仕方で為されたことが醜いのである。

單に外觀に限つた美においても、單に外觀に限らない美においても。雙方に當てはまる眞實ではなからうか。たゞし、仕方に限定していへば、單に外觀に限らない美に、美は限定される。例へると、美しいものを纏つた者が美しいのではない、美しいものを如何に纏ふかに美は存在する。美とは、非常に感覺的な判斷基準ではあるが、同一の文化における美は共有された感覺であり、誤解を懼れずいふならば、美を共有する感覺こそが文化である。我々日本人は、祖父母や曽祖父母、高祖父母の美的感覺に、そろそろ耳を傾けなければならないのではないか。小は私的なことから、大は公的なことまで、我々の先祖逹の生き樣は美しい。

2009年8月16日

更新履歴――日輪寺他

最終更新
2009-08-16T20:44:21+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/08b.html#rfc_16_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_08b_16_01

日輪寺は、栃木県茨城県福島県に囲まれた、八溝山の七合目あたりに位置するお寺で、坂東三十三箇所の札所の一つ。坂東一の難處と聞いてゐたため、どうしても歩いて登りたかつた。道中、休憩できる場處はなく、休む際はアスファルトに坐り込むしかない、自動販賣機などといつた氣の利いたものはなく、民家すらない道が六キロメートルほど續く。しかし、ヒグラシの聲やらウグイスの聲やらに觸れながら見下ろす風景は、何とも格別なもので、どの風景もそこにしかない珍しい風景ばかり。意外と。炎天下を歩いてゐたのだが、我慢できないほどには暑く感じない、延々と木が日傘の役割を果してくれてゐたから。春や秋の季節もまた風情があるだらうが――冬は論外、行くなら遭難覺悟――、八溝山を樂しむ一番良い季節は夏なのではないかと思ふ。空氣が澄み切つた日は、富士山や東京湾まで一望できるらしい。是非一度は訪れて慾しい場處の一つ。

2009年8月15日

エスエル

最終更新
2009-08-12T23:35:05+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/08b.html#rfc_15_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_08b_15_01

エスエル

本日は、生れて初めてエスエルに乘つた。たゞ、益子から歸つてきたかつただけなのだけれど、エスエルに乘らなければ二時間は歸りが遅くなるため、氣は乘らなかつたけれど乘る氣持ちにはなつた。とはいふものの、煙をもくもくと吐きながらエスエルが近づいて來ると、何ともいへない感動を覺えるものである、よつぽど止めておかうと思つたのだが、つひ、電車小僧に紛れて寫眞を撮つてしまつた。

ちなみに本日は、水戸で藁納豆と干し納豆も買つてみた、こちらも食べるのは初めて。茨城県に足を踏み入れたのも生れて初めて。

2009年8月12日

因果應報

最終更新
2009-08-12T23:35:05+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/08b.html#rfc_12_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_08b_12_01

會社から、新品の携帶電話をもらつた。新しいおもちやを與へられた氣分で、何かと樂しい。でも。傘は返つてこない。

Copyright (C) 2009 七鍵 key@do.ai 初版:2009年08月12日