2009年7月中旬

広告

今日は何の日(Javascriptを使用しています)。

広告

2009年7月20日

みそ

最終更新
2009-07-20T19:22:08+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/07a.html#rfc_20_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_07b_20_01

勘助辛味噌

本日の夕食は、甲府みやげの勘助辛味噌。これは美味い。もつと買つてくれば良かつた。いや多分、觀光客めあての品で、山本勘助や甲府は何も關係ないのだらうけれども、そのまゝ食して美味い味噌がなかなか無いだけに、つひおかわりが慾しくなる。意外と近くのスーパーでも賣つてさう。

広告

2009年7月19日

ペチュニア

最終更新
2009-07-19T20:55:28+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/07a.html#rfc_19_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_07b_19_01

武田神社

けむり屋

甲府に行つてきたよ。寫眞の店(けむり屋)で食べた火鍋がとつても美味しかつた。自宅から、およそ三時間。火鍋を食べるだけに行くには少し遠いけれど、また行つてみたいな。

2009年7月16日

ひまはり

最終更新
2009-07-16T23:06:33+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/07a.html#rfc_16_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_07b_16_01

暑いはずだ、梅雨があけたらしい。毎年おもふのだが、一年でもつとも暑いと感じるのはこの時期ではなからうか。なにごとでも、心の準備といふものは必要になる。この時期は、いはば、不意打ちをくらはされてゐるやうなものだ。

2009年7月14日

夜長

最終更新
2009-07-15T00:12:43+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/07a.html#rfc_14_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_07b_14_01

日本史上の偉人が、重大な決意をむねにして立つたであらう場所を、普段なにげなく何の感傷もなくわたしも立つてゐた。さういつたことに感傷を覺えただけでも、司馬遼太郎を讀んだ價値があつた。いや、未だ讀んでゐる途中なのだけれども。しかしこの話は長い。讀んでゐる最中は時間を忘れるのだが、ふ、と氣づくと、時間がかなり拔けおちてゐる。にも關らず、ページ數は然程すゝんでゐない。讀み始めるんぢやあなかつた。

2009年7月13日

スーツ

最終更新
2009-07-14T00:18:30+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/07a.html#rfc_13_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_07b_13_01

本日は、穴のあいたスーツの補修に挑んだのだが、漫畫に出てくる貧乏な人のスーツのやうになつて、少々悲しい氣もちがした。服は、穴があいた時點であきらめるものなのかな、スーツつて上下あり、そのどちらかが元氣だと、なんだかとてももつたいないやうな氣がしてならない。かといつて、上下どちらかだとスーツの用に立たないし、まさか部屋着にするわけにもいかない、水はけが惡く雜布にもなりさうにない。なんとも不便で金のかゝる衣裳である。

2009年7月12日

坂の上の雲

最終更新
2009-07-12T18:17:18+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/07a.html#rfc_12_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_07b_12_01

ある人に薦められ、司馬遼太郎の『坂の上の雲』を讀み始めた。昨日、アマゾンの當日配送で頼んで家まで屆けさせ、やつと二卷を讀了した、殘り六卷。物語としてはおもしろいし、續きが氣にはなるのだが、私の好きなタイプの文章ではない。第一に、筆先が氣に入らない。第二に、史實なのか虚構なのか判らない、虚構なのだらうが、それならもつと登場人物の言に魅力があつても良いのではないか。第三に、登場人物の紹介が長すぎる。興味があれば自分で調べるのだから餘計である、むしろ調べる樂しみを取り上げられたやうな氣分にすらなる。

たゞ、松山に五年住み東京に一年住んだ者として、知つてゐる地名や通り名が頻繁に登場するのは懐かしくもあり、その場所で演じられた子規や漱石などの物語が妙に感慨深くもある。三卷は本日中に讀み終るだらうか。

アマゾン

最終更新
2009-07-12T19:24:01+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/07a.html#rfc_12_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_07b_12_02

しかし。アマゾンといふものは、なんと便利なものか。慾しい書籍を歩き囘らずともあつといふまに探すことができ、あさ註文すれば夜までにはその書籍を持つてきてくれる。運賃や急がせる手間賃など、場合によつては電車賃より廉いくらゐだ。そもそも本屋といふものは、書籍を探し易いやうにはできてゐない。暇をつぶす以外に用がない場所の一つだ。

中型

最終更新
2009-07-12T19:32:48+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/07a.html#rfc_12_03
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_07b_12_03

本日は、運轉免許證の更新をしに行つてきたのだが、頼んでもゐないのに中型免許に勝手に變更された。4t車を運轉できなくなると困るから良いのだけれども、一言くらゐ聞いてくれても良いのではないかとの無意味でおかしな感覺が頭をよぎつた。

Copyright (C) 2009 七鍵 key@do.ai 初版:2009年07月12日