2009年5月上旬

広告

今日は何の日(Javascriptを使用しています)。

広告

2009年5月10日

絶妙な組み合はせ

最終更新
2009-05-10T22:03:43+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/05a.html#rfc_10_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_05a_10_01

梅干をかじりながら燒酎を呑み、燒酎を呑みながら梅干をかじる。何て絶妙な組み合はせなのだらう。梅の漬物ではなく梅干。酒がいくらでも進む。いやもちろん、夕飯はきつちりと食べたよ。

広告

2009年5月9日

本日の名言――正義

最終更新
2009-05-09T20:53:33+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/05a.html#rfc_09_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_05a_09_01

正義なんて滑稽ものだ。一筋の川で限界づけられるのだから。ピレネー山脈のこちら側では真実でも、向こう側では誤りなのだ。

確かに滑稽なものなのだ、他人とは共有できないとの點で。だからといつて正義とは、人生において輕んじられるようなものではない。正義は、常に人生の目標として位置づけられねばならない。向う側に誤りと見做されることを懼れて遂行する目標を、正義と呼ぶことはできない。

2009年5月8日

確かに讀める

最終更新
2009-05-08T23:41:36+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/05a.html#rfc_08_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_05a_08_01

確かに、ぱつと見て意味はすらすらと頭に入つてくるけれども、同じことを漢字まで含めて試してしまふととても讀めたものではない。漢字ばかりの支那系の言葉などで試すと、案外うまく讀むことができるのかも知れないけれども、日本人は漢字かな混じりの文章を讀むことに慣れてゐるのだらう、漢字とかなは完全に別れて頭に入つてきてゐるやうに思はれる。もちろん、これは私以外の日本人の讀む癖は考慮に入れてゐないのだが、案外日本人は皆さうなのではないか、私と同じなのではないかと想像してゐる。

2009年5月6日

近況

最終更新
2009-05-06T20:14:47+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/05a.html#rfc_06_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_05a_06_01

大型聯休も本日で終り、氣が付いたら終つてゐた。實家に歸つたり、本を讀んだり、ベースを彈いたり、ページを作つたりと、日常生活の中に非日常が程よく織り交ぜられたなんとなく心地よい休日を過すことができた。

ベースには一、二年ほど觸れてゐなかつたのだけれども、無性に音樂を日常に戻したくなつたため、押入れの中からベースやらエフェクタやらシールドを引つぱり出してきた。懷しい曲を何曲か流してみて、何も覺えてゐないことに氣が附き、次はスコアを引つぱり出してきた。そこで更に氣が附いたのだが、覺えてゐないのは腦みそだけで、結構指は旋律を覺えてゐる。一度そのスコアを見てメロディラインを思ひ出したら、自然に指が動くのだから面白い。早速指がべこべこになりキーボードを打つのも痛いのだけれども、音樂とは何とも樂しいものである、ベースを彈いてゐるときは全く痛くないのだから。

Copyright (C) 2009 七鍵 key@do.ai 初版:2009年05月06日