2009年3月上旬

広告

今日は何の日(Javascriptを使用しています)。

広告

2009年3月9日

住み良い日本

最終更新
2009-03-09T23:33:57+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/03a.html#rfc_09_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_03a_09_01

何もやる氣が起きないの「何も」といふ輯合の中に、この時期は仕事も含まれる。東京は、緑が少いにも關らず、花粉による私への影響は決して少くないのだから何が何やらさつぱり意味が解らない。そもそも、影響の度合ひに關らず、鼻がつまると人間やる氣は起きないのだから、花粉症とは日本の國益を害ふ憂慮すべき國民病なのではないか。國は、定額普及金などに血税を浪費してゐる場合ではない、たゞちに國をあげての花粉症對策を行ふやう、與野黨一丸となつての勇氣ある決斷と早急なる對應と豐かな日本國の實現と弱者の住み良い社會の實現と國民の生活第一主義につとめていたゞきたいものである。

広告

2009年3月8日

休日

最終更新
2009-03-08T19:52:36+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/03a.html#rfc_08_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_03a_08_01

氣がついたら、休日が終つてゐた。この時期は花粉に惱まされるため、あまり外を出歩きたくない。だから、食糧補給のためなど、必要最低限しか外出しない。布團も洗濯物も表には干さず、室内で乾かすに止める。部屋の空氣の入れ替へなどもつてのほか。なんだか、とても不健康な休日の過し方をしたのではないかと、休日も殘すところ後僅かとなつてから思ひ始めてゐる。で、家で何をしてゐたかといふと、ゲームやら讀書やら何やらかにやら、暇を潰すやうなことばかり。鼻がつまつてゐるだけで何もやる氣が起きないのだから、不思議なものだ。今は、酒を頂いてゐる。

2009年3月1日

本日の名言――結果

最終更新
2009-03-01T02:53:20+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/03a.html#rfc_01_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_03a_01_01

事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである。

それは、一個人の解釋かも知れなければ、ある輯團における解釋かも知れない。どちらにせよ、解釋でしかない曖昧なるものをありがたがる態度、それを我々は改めなければならない。事實は、「結果」を樂しんでおけばよいのである。「論理的」であることも、事實であるといふことに似てゐる、價値がないといふ點で似てゐる。論理的とは、批判に對し防衞力が有るといふことに過ぎない。そのやうな、消極的なある一面でしかないものを有り難がつて何になるのか。事實がどうであれ、結果には敵はない、論理的であることなどそもそも論外だ。

最終更新
2009-03-01T17:44:54+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/03a.html#rfc_01_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_03a_01_02

惡ではないことを惡だと思い込み、恥ではないことを恥ることによつて、人は神を創りあげた。しかし、それも既に過去の話で、最近神は、いさゝか低い位相に出現し過ぎる。そればかりかといふべきか、だからこそといふべきか、その教義は、神ですら実行することのできない逆説の多いもので、にも關らず、神は布教活動になほのこと熱心である。

goo辭書

最終更新
2009-03-01T17:53:06+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/03a.html#rfc_01_03
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_03a_01_03

goo辭書が改惡されたと思ふ。例へば、「思う」を國語辭書で檢索しても、「おもふ」との舊かなづかひが出てこなくなつてゐる、これは私にしてみれば改惡以外のなにものでもない。

論理的であるといふこと

最終更新
2009-03-01T23:33:55+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/03a.html#rfc_01_04
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_03a_01_04

論理的であるといふことは、「批判に對し防衞力が有るといふ」點で、他者との意思疎通には優れてゐる。特に、他者を自身の意見に近づけるといふ點で優れてゐる。が、假に眞實といふものがあるならば、論理的であるといふことは、その眞實に近づくために必要な要素にはなり得ない。なぜならば、眞實は「解釋」でしかあり得ないのだから。眞實とは、餘りにも、如何してこゝまで孤獨なものなのだらう。

Copyright (C) 2009 七鍵 key@do.ai 初版:2009年03月01日