2009年2月中旬

広告

今日は何の日(Javascriptを使用しています)。

広告

2009年2月15日

更新履歴(廣瀬大忌祭ほか)

最終更新
2009-02-15T18:02:47+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/02b.html#rfc_15_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_02b_15_01

上記を新規作成。どのページも大して情報量は多くないのだが、萬葉假名やら讀み假名のマークアップに非常に時間が取られてゐる。加えて、變換で文字が出てこないため、IMEパッドの手書きを使つてちまちまと文字を引つ張り出してくる作業も時間がかゝる原因の一つ。しかし、失敗したかな。八百萬の神資料輯なんてものを先に作成してから、祝詞に手を出せばよかつたと、少し反省をしてゐる。

暗證番号

最終更新
2009-02-15T19:12:50+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/02b.html#rfc_15_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_02b_15_02

最近やけに、携帶電話の電子メールアドレスへ望まないメールが屆くので、フィルタ設定を行はうと思つたのだが、暗證番号が判らない。誕生日やら何やらかにやら、思ひうかぶ數字の四桁をことごとく入力するも、全て誤と診斷された。一日三個の番号しか試せないため數日に亙つて試したのだが、機械に「おまへは本人ではないだらう」と疑はれてゐるやうな錯覺に陷つたばかりか、間違ひ續ける壓力にゐたゝまれなくなり、一刻も早く人間に、私が無實であることを説明したいとの思ひから、本日つひにサポートセンターへ電話をかけた。こゝでも先ず、私の相手をしてくれたのは機械だつたのだが、それはさておき、電話をかけて數分後には人間と話をすることができた。人間の肉声はなんとも良いものだと感動したのも束の間、話をしてゐると何かがおかしい。さも會話をしてゐるやうに感じるのだが、否、實際に會話をしてゐたのだけれども、返つてくる反應は機械そのもの、これなら機械と話をしてゐた方がまだましだなどと勝手な感想まで頭に浮かんだ。サポートセンターにも色々事情はあるのだから、機械的な對應が惡いとは思はない。問ひ合せのほとんどは、機械的な對應で片附くのだらう。それならば、人間に機械的な對應を強ひるのであれば、最初から機械に對應をさせれば良いではないか、などと、電話を置いた後に感じた。いやもちろん、このやうなものは好みの問題で、好みの問題だからこそ兩方用意してあるといふサポートセンターの主張も解るのだけれども。あゝ、さうさう暗證番号。結論的に、私の無實――私がこの携帶電話の眞の持ち主であること――は電話の主に納得いたゞいたやうに思ふのだが、にも關らず、口頭での暗證番号の教示はなされず、後日家まで暗證番号の書かれた資料を郵送いただくことを對案に、暗證番号を教へろとの私の願ひは却下された。人間が相手だつただけに、「おまへが僞者である證據はないが、本人である證據もないんだぜ」と暗に傳へられてゐるやうに感じ、どうも腑に落ちない結果に終つた。私の手元にその資料が屆くまで約一週間。まだ一週間も望まないメールの相手をしなければならないと思ふと、文句の一つもいひたくなる。まあしかし、暗證番号なんて判らなくなれば知つてゐるところに聞けばよい、だなんて、そのやうな他人任せな考へは改めなければならないな。

広告

2009年2月14日

更新履歴(春日祭ほか)

最終更新
2009-02-14T02:34:19+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/02b.html#rfc_14_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_02b_14_01

上記を新規作成であつたり更新であつたり。祝詞のページを作つてゐたはずが、大きく脱線。

2009年2月11日

更新履歴(祝詞)

最終更新
2009-02-11T23:15:09+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2009/02b.html#rfc_11_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2009_02b_11_01

祝詞のページを新規で作成した。せつかくなので縱書きにしたかつたのだが、PDFのページを作らざるを得ないとの結論に逹したため斷念。HTML6でもXHTML10でも何でも良いからさ、<縱書き></縱書き>つて作つてくれないかな。太字や斜體のマークアップがあるなら、縱書きのマークアップを作つても良さそうだ。

Copyright (C) 2009 七鍵 key@do.ai 初版:2009年02月11日