2008年9月中旬

広告

今日は何の日(Javascriptを使用しています)。

広告

2008年9月15日

人間性

最終更新
2008-09-15T19:48:46+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2008/09b.html#rfc_15_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2008_09b_15_01

「野嵜健秀」を名乘る、おそらく私の知る野嵜氏とは別の「野嵜」から意見を頂いた。わざわざあれだけのことを言ひたいがためにネットカフェにまで行つたのだらうか。快樂を何に求めるのかは人によつて違ふが、人の求める快樂こそがその者の人間性を如實に可視化せしめる。更に言へば。人間性とは、その者が隱さうとしても隱しきれない快樂を求める醜態と、醜態をあくまでも隱さうとするその人の意思によつて現されるのではなからうか。「野嵜」の人間性に興味があるわけではないのだが、「野嵜」は隱す云々以前の醜態を曝してゐる。本人は、個人を特定されない匿名の衣に隱れて行動をしてゐるつもりなのだらうが、「野嵜」よ、それで良いのか、他人の足を引つ張るだけに終始する人生に如何なる價値を見出すのか。「野嵜」がどのやうな趣向の持ち主か知る由もないが、物語――漫畫でも映畫でも何でも良い――に出てくる嫌はれ役そのものが「野嵜」であり「野嵜」の人生である。私にとつては他人ごとなので、「野嵜」は私との人生に添へられた一つの花に過ぎない、無いよりはある方が面白い彩り程度でしかあり得ない。が、他人ごとではない「野嵜」本人は何を求めてゐるのだらう。「野嵜」よ、阿呆らしいとは思はないのかね。

I'm sorry, my capability was unable to translate this text into English.

music(6)

最終更新
2008-09-15T20:06:23+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2008/09b.html#rfc_15_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2008_09b_15_02

音楽であって音学では無いんだから決して答えが一つとは限らない。

西洋音楽と東洋音楽、あるいは黒人音楽なんかを全て一つにまとめて語ろうとすること自体無理ってか無駄。

音階だって平均律を用いるかどうかによっても前提が異なるし、平均律だけで話を進めるならブルーノートなんて音じゃ無くなる。

リズムにしても3連符なんかクラシックとポップスでは全く別物だし。

仮に話をクラシックに限定したとしても、基音が必ず440であるとは限らないし逆に少ないぐらい。

だから何一つ絶対なんて無いし、必ず同じものなんて無い。

そんな様々な音楽があるのに、先人へのリスペクト以外で順番を語ってもどんな意味があるんだろう。学問にして楽しめなくなったら音楽じゃないや。

素晴らしい意見だつたのでそのまゝ轉載。私はまだまだ音樂に觸れてきた時間が足らないのだらう、こゝまで正確に、且つ説得力を持つた説明を私は爲し得ない。私は言ひたいことを言ひつくしたため、自身の言葉でこれ以上音樂を語ることは無理である。こゝから先が、その對象に向ふ情熱であり、その對象を語る上での説得力である。

広告

Copyright (C) 2008 七鍵 key@do.ai 初版:2008年09月15日