2008年8月中旬

広告

今日は何の日(Javascriptを使用しています)。

広告

2008年8月17日

English

最終更新
2008-08-17T22:26:52+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2008/08b.html#rfc_17_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2008_08b_17_01

ふとしたことから、英語で當日記を書きたいなどと無謀な思ひ附きが頭をよぎつた。また寢る時間が遲くなるのだらうけれども、思ひたつたが吉日。ちなみに、私が生涯で一度だけ受けたことのあるTOEICの結果は二百十點。英語が逹者な讀者諸君、思ふ存分添削下さい。

Casually, I wanted to write this diary and to write English. It is a lucky day though made up my mind, though the sleeping time might slow further. By the way, the result of TOEIC that I have took through life only once is 210 points. Please correct this diary to one good at English.

広告

2008年8月14日

藝術

最終更新
2008-08-14T23:30:08+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2008/08b.html#rfc_14_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2008_08b_14_01

人に感銘を与えればそれは芸術みたいな事を言う人がいるンだけど如何かなあ . 芸術ってのは何かある特定の思想性が必要だと思うンだが ――上手い訳が思い浮かばん .

私は、藝術に思想は必要ないと考へてゐます。思想がなくとも、例へば自然の創つた藝術――これに思想があるといはれれば、それはそれで別の話になるのだらうけれども――をも私は藝術と見做す。何故かと問はれると、結局それに對する答へは、人に感銘を與へる何かを私が藝術と定義してゐるからだ、と言はざるを得ない。もちろん、その定義が曲解だとの指摘も解つてはゐるのだけれど、思想の關與する餘地のないものであつても、それに感銘を受ければ私はそれを藝術と呼びたい。

2008年8月11日

善惡

最終更新
2008-08-11T23:54:26+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2008/08b.html#rfc_11_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2008_08b_11_01

理窟に限つた話ではない。善惡の判斷として、善を惡の缺如してゐる状態と定義することほど愚かなことはない。それは、善との理想が眼前にある何か、その人にとつて面白くない何かを否定することによつてやつと生れる状態を指してゐるに過ぎず、フラットに戻すことを善とみなしてゐるのだから愚かとの表現が暴言でないことはお解り頂けると思ふ。「平和」、「自由」、「平等」などがそれに當る。爭ひのない状態、束縛されてゐない状態、差別のない状態、と面白くない何かを否定する状態に他ならない。そのやうな非積極的な状態が理想になり得るはずがない。

Copyright (C) 2008 七鍵 key@do.ai 初版:2008年08月11日