2008年7月下旬

広告

今日は何の日(Javascriptを使用しています)。

広告

2008年7月31日

野嵜氏への言及

最終更新
2008-08-01T00:27:57+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2008/07c.html#rfc_30_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2008_07c_30_02

ちなみに、話を摩り替へてゐる自覺がないらしいとは、何を何へ摩り替へたといふのだらうか。私が新規で、「知識がない他人を貶める輩は糞だ」との記事を書いたことのどこが、話を摩り替へてゐることになるのだらうか。「どうも」を「だうも」と間違へたこと、更にいふなれば、「をかしい」を「おかしい」と間違へたことは認めてゐるし、指摘下さる方も最近は少いのでそれは新たな知識を身に附けるとの面でとてもありがたい。御禮の言葉がなかつたことに腹を立ててゐるのだらうか。私は件の記事で、無知を根據に他人を貶める姿勢が氣にくはない、さういつてゐるにすぎない。無斷リンクの話を持ち出したのは、過去に野嵜氏が今囘と同樣に知識のない他人を不當に貶めて公の場で晒し者にしてゐたことを思ひ出し、その時同様なことを思つたから。まあ本當に思ひ出したのは、そのことを指摘すると自身の過ちを認めようともせず話を摩り替へて、自身の正當性ばかりを誇示しようとしたことなのだが。

更にちなみに。後の部分は放置。いはれたことにかつとなつて、極め附けだの滑稽だの何だのと、ばかっていったほうがばかとの理論を元に書かれた言及するにも及ばぬ文章だから。その「後の部分」、野嵜氏にそのまゝあてはまる事實を考へれば、言つてゐることに何ら思想も何もないたゞ自身を正當化しようとしてゐるだけとのことが判る。例へば、「私は最う何も言ひませんと宣言しつゝ何か言つてゐるのつて、本當、滑稽極まるんだが」のやうな調子が延々と續いてゐるだけ。

まあつまるところは何か。野嵜氏は私に傲慢な態度をとられたことが氣にくはない、もつと謙虚に、せめて失禮のない態度をもつて野嵜氏に接せよ、とさういひたいがために長文を書いたのか。それならそれで、その動機は解らずとも、野嵜氏の長文の意圖は解らないものでもない。意圖が違ふのであれば、今囘の長文で何が言ひたいのかはつきりとしてくれ。何だか長々と書いてあるのだけれども、私の何にかつとなつてゐるのかいまいちよくわからない。言ひたいことははつきりと言つてくれ。

追記

最終更新
2008-08-01T00:32:15+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2008/07c.html#rfc_31_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2008_07c_31_01

書き忘れてゐたので追記。今囘は本當にハイパーリンクを設定しようとしたのだけれども、どのアドレスへ設定すれば良いのか判らなかつた。以前、diary.htmlとのファイルに設定をして失敗をしたのだが。

更に追記

最終更新
2008-08-01T07:23:44+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2008/07c.html#rfc_31_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2008_07c_31_02

名指しで批判されたわけでもないのに、しかも二行程度の批判でこの反応。

更に追記2

最終更新
2008-08-01T08:11:41+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2008/07c.html#rfc_31_03
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2008_07c_31_03

「晒し者」と云ふ言ひ方が氣に入らない。俺は批判をしただけだ。

批判をしつゝ、無斷リンク禁止をうたふサイトに意味なくハイパーリンクを設置した。このことを指して私は「晒し者」と表現をした。批判とは違ふと思ふのだが如何かな。

それに、俺が何時何處で「話のすり替へ」をしたと言ふのだらう。

野嵜氏に對する返信へのご意見・ご感想あたりから。

「ばかっていったほうがばか」。誰がそんな事を言つたよ。

下記。

なんで「野嵜氏に接せよ」とか言出すんだ? どうして話を矮小化してごまかさうとするんだらう。

私が野嵜氏以外に傲慢な態度で誰かに接したか。過去をさかのぼればごく少數ではあるが思ひあたるふしもあるのだが、傲慢だと私が極め附けた者以外には傲慢な態度はとらないよ。野嵜氏に對して傲慢な態度だから七鍵を傲慢なやつだと極め附けた、私はさう思つただけ。何かをごまかさうとする意圖はいつさいない。

そもそも七鍵は「氣に食はない」とか言ふが、俺の何がそんなに氣に食はないのか、それをはつきりさせろ。

私は件の記事で、無知を根據に他人を貶める姿勢が氣にくはない、さういつてゐるにすぎない。

追記

俺に「そのまゝあてはまる事實」つて何だよ。

例へば、「私は最う何も言ひませんと宣言しつゝ何か言つてゐるのつて、本當、滑稽極まるんだが」のやうな調子が延々と續いてゐるだけ。

広告

2008年7月30日

阿呆の考へ

最終更新
2008-07-30T22:05:19+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2008/07c.html#rfc_30_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2008_07c_30_01

何だか、未だに私が正かな派もしくは正字派だなんて極め附けてゐる人もある方面にはゐるのでこゝではつきりとさせておきたいのだが、私は決してその輩のいふ何とか派ではない。もちろん、そのやうなことを宣言した覺えもない。あくまでも、自信が身に附けたいと思ふ技術、もしくは知識を習得したいがためにこゝで正字正かなを用ゐてゐるだけであつて、それが正しいだなんてことに私が言及した記憶はいつさいない。私にとつて身に附けたいものは知識であつて、身に附けた知識が一般的にもしくは理論的に正しいか否かなんてどちらでも良い話だ。正しいと思はれてゐる知識が假に二通りあるならば、私は二つとも知らうとするよ。その知識が假に間違つてゐたとしても、あゝさうですかごめんなさい、程度でしかない。いづれ間違つてゐない知識が身に附けばそれでよいし、氣附かず一生が終つてもそれはそれで後悔の對象とはならない。正しいか否かは、いづれ、とはいつてもその時その時で私が判斷を下すことであり、正しくないとされる知識が少しでもあるのならば、それは知識として身に附ける。私はそんな輩と違ひ、自身の身に附けた知識を、これみよがしにひけらかさうだなんて微塵もおもつてはゐないから。

その輩は何とかして私を貶めたいがために日々、現在も躍起になつてゐるのだけれども、そもそも私はそのやうなこと、○○派だいや××派だなんてことにはいつさい興味をもつてゐないから。私の身に附けた知識を他人が何と判斷しようとも、それは私の興味の範疇外のことだ。おとなしく、間違つてゐますよ、程度に指摘を下ればまだかはいげもあるのだらうけれども、間違つてゐることをたなにあげてこれみよがしに他人を貶めようとする、私はその態度が氣にくはない。知識がないから人間的におかしい、さう極め附ける態度が氣にくはない。さらに。その態度を何とかして正當化しようとする態度、周りからみるともう正に滑稽以外の何ものでもないのだけれども、そのやうな態度、的確な表現をすると我侭を押し通さうとする姿勢は、ある意味哀れ以外の何ものでもない。

一般的に言つて(笑)、そのやうな輩つて、無斷リンクに對しても同じやうなスタンスをとるよね。一般論を知らないのであれば、何をされても、公的媒體で晒し揚げられても仕方がない。平氣でさう思つてゐるのだから相手にする氣も起こらない。阿呆は相手にするだけ無駄だ、それだけは間違ひやうのない事實である。

2008年7月29日

テレビ

最終更新
2008-07-27T00:53:56+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2008/07c.html#rfc_29_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2008_07c_29_01

本日は仕事が早く終つた。終つてないけれど會社を追ひ出されたのはさておき。歸りの地下鐵がものすごい混雜をしてをり、このやうな時間に歸ることが珍しいため、こんな時間に歸るものではないな、なんて思ひながら歸路についた。最寄の驛で降り、このまゝ家に歸ると時間を持て餘すなんてことを思ひ附いて最寄の居酒屋へ立ち寄つた。私の住む家にはテレビがないのだが、その居酒屋にはテレビがあり、TUBEのボーカルが君が代を歌つてゐる場面を流してゐた。何事かと思ひよくよく見てみると、だうも日本アルゼンチンのサッカーの試合が本日、しかもリアルタイムに、東京の國立競技場で行はれてゐるらしい。サッカーなんて普段は全く興味がないのだけれども、といふより試合自體見たこともないのだけれども、君が代が流れるほどの一大イベントを全く持つて知らなかつた私自信がなんだかむしやうに情けなくなり、テレビを買ひたいだなんて欲求がわきあがつてきた。

ちなみに、サッカーの試合は前半を眺めて飽きて、後半を見ずにテレビもない家に歸つてきた。雷が鳴つてゐる。

2008年7月27日

お奬めの十枚

最終更新
2008-07-27T00:53:56+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2008/07c.html#rfc_27_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2008_07c_27_01

メタルオタが非オタの彼女にメタル世界を軽く紹介するための10枚とか如何かな .

面白さうだつたので思ひ附くまゝに。しかし、十枚は多過ぎるのではないでせうか。メタルに觸れたことがない女性に奬めるのであれば、せめて十曲くらゐが無難なやうな氣もします。

あれ、十枚超えた。

呑み直し

最終更新
2008-07-27T01:05:50+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2008/07c.html#rfc_27_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2008_07c_27_02

二十三時頃に一瞬、二十分程度であつただらうか、机の上でうたゝ寢をしたがために目が冱えて眠れない。眠たくなるまで呑み直し。といふか經驗上、かういつた日にこそ深酒をし易い、氣を附けよう。

呑み直し2

最終更新
2008-07-27T01:49:10+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2008/07c.html#rfc_27_03
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2008_07c_27_03

醉つた頭で氣を附けてまともな行動を取れるのであれば、飮酒運轉がこゝまで厳しく取り締られることもないのだらう。

藝術とは

最終更新
2008-07-27T18:27:23+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2008/07c.html#rfc_27_04
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2008_07c_27_04

藝術とは結果ではないでせうか。藝術と呼ばれる何かを作らうとした結果できあがるのではなく、できあがつた結果が、たつた一人であつてもその人の心を動かしたならばそれが藝術と呼ばれる。藝術とは何かと問はれると、私はさう信じてゐると答へます。更に、誤解を懼れず踏み込んでいへば、藝術とは創り手の表現手段の一つとして創り始められるべきものと私は斷定します。創り手が何かを表現しようとした結果できあがるもの、繪畫や彫刻かも知れないし、曲かも知れない、演奏やライブの類かも知れない、もしくは自然が作る藝術もさうかも知れない。創り手の何かを表現しようとする意思があり、そこから生れた成果物が人の心を動かし得る場合、その成果物を指して私はそれを藝術と呼びます。

イカの鹽燒き

最終更新
2008-07-27T20:48:04+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2008/07c.html#rfc_27_05
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2008_07c_27_05

本日の夕飯はイカのネギ鹽燒き。火がきちんと通つてゐないのか、非常に不味い。しかも、見た目がグロテスクなので寫眞は割愛。かなり氣分が惡い。もつたいないけどゴミ箱行きかな、イカさんごめんなさい。ところで、このやうな非常な事態に陷つた場合、私は夕飯に何を食べれば良いのだらう。今更何か作る氣分にもならないし、かといつてこのまゝ寢ると空腹で目が覺めるだらうし。困つた。

イカの鹽燒き2

最終更新
2008-07-27T20:59:41+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2008/07c.html#rfc_27_06
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2008_07c_27_06

とりあへず冷蔵庫の中を物色。さうめん風の豆腐を買ひだめしてゐたことを思ひ出した。美味しく頂いた。が、何かむなしい。

お奬めの十枚2

最終更新
2008-07-27T22:24:32+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2008/07c.html#rfc_27_07
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2008_07c_27_07

お奬めの十枚に、パープルとクイーンを入れ忘れてゐた。ホワイトスネイクも忘れてゐた。やつぱり十枚では足らないね。

2008年7月26日

When The Sinner

最終更新
2008-07-26T07:19:21+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2008/07c.html#rfc_26_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2008_07c_26_01

When The Sinnerは、キスクのボーカルもさることながら、何よりもインゴのドラムがステキ。chameleonは、私の中で、色々な意味でのHelloweenの遺作。first timeのインパクトが強すぎて、發賣當時はその他の曲つてあまり聽いてゐなかつたのだけれども、インゴの訃報を聞いてからゆつくりとその他の曲も聽き直したためだらうか、first time以外の曲を聽くと今でも感傷的になる。

私がHelloweenの中で一番好きな曲は、Future World。I'm AliveやSavage、Keeper Of The Seven Keysも捨て難いのだが、Future World以上に衝撃を受けたギターソロは未だない。I'm Aliveのギターソロも好きなんだけれど、あまりにもバイキーのミスが目立つため衝撃が半減。

ちなみに、全てのアーティストの全ての曲の中で私が最も好きなのは、Eagle Fly Free。この曲だけは別格。この曲がKeeper Of The Seven Keysに入つてゐなかつたら、7keyなんてドメインも取得してゐなかつたと思ふ。

2008年7月21日

海の日

最終更新
2008-07-21T08:53:53+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2008/07c.html#rfc_21_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2008_07c_21_01

ベランダで洗濯物を干しながら、ふと道路をみると。スーツ姿の男性が目に止る。急いでスケジュール表を確認し、本日が祝日である一應の保障を得て胸をなでおろした。遅刻をした言ひ譯として、「祝日と勘違ひをしてゐました」は「寢坊しました」よりも恥づかしい言ひ譯だと思ふ。

更新履歴:ツバキ他

最終更新
2008-07-21T19:15:54+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2008/07c.html#rfc_21_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2008_07c_21_02

下記、各植物は新規作成、各色名は情報を追記。カメリアの説明をする際にツバキのページがなかつたため、久々に植物辭典に手を加えることになつた。いくら時間があつても足らないな。

ちなみに。色名など、當サイト内のページは休みのたびにちまちまと更新をしてゐたのだが、新規作成ではなかつたのでずつと報告をしてゐなかつた。私が神がかってるとのお襃めの言葉を戴いたため、やる氣をふりしぼつてのご報告。たゞ、私には私のサイトを讀破する氣力はございません。

Copyright (C) 2008 七鍵 key@do.ai 初版:2008年07月21日