2007年08月中旬

広告

今日の一言(JavaScriptを使用)

広告

2007年08月19日

更新履歴(四國靈場八十八箇處の寫眞や畫像など)

最終更新
2007-08-19T20:16:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/08b.html#rfc_19_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_08b_19_01

四國靈場八十八箇處全てへ行き終たため、既存のページに寫眞やら畫像やらを添附した。頑張つて八十八箇處の寫眞を撮つたのは良いが、ピントがずれてゐたり歪んでゐたり、そもそも構圖が可笑しかつたり、妖怪が現れさうであつたり。何とも情けない資料集ができあがつた。ボツにした寫眞も多く、もう一周した際に、もつと色々と撮つてきたいななんて思ひつゝもある。

もう一周とか考へてはゐるものの、次はあくまでスタンプラリーとして周りたい。靈場とのことから過度の期待をしてゐたのだらう。これから周る方の夢を壊すやうで申し譯ないのだが、私は遍路巡りに幻滅をした者の一人だ。色々思つた點はさておき、何をさしおいても納經所での坊主の態度が氣に觸つた。温かいもてなしなどを期待をしてゐたわけではない。接客業を爲す者として問題のある者が多過ぎたのだ。多いだけで全てではなかつたが、その少からざる者のために不愉快な思ひをしたのも確か。最後の寺が不愉快極まりなかつたから特にさう思つたのかも知れないが、授戒(十善戒)の第九に"怒らない"などと謳ふのであれば、せめて叱られない態度を心掛けては如何か。

とはいふものの、お寺の方と樂しい時間を過ごしたことも少からずあつたし、他の遍路の方との話も樂しかつた。何よりも觀る風景は全て素晴らしいものだつた。スタンプラリーであれば不愉快な思ひをすることもない。次はスタンプラリーとして周りたい。

広告

2007年08月16日

更新履歴(365日)

最終更新
2007-08-16T21:59:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/08b.html#rfc_16_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_08b_16_01

365日の各ページ作成に當り、誕生○○の項目を先行して作成。そこで氣が附いたのだが、正確にはcalendarなのだが、アドレスはcalender…。うわあ、これは恥づかしい。今更直すこともできず、日記に書くことで「氣附いてましたよ」、「自分で氣附きましたよ」なんて言ひ譯をする以外に採るべき道がない。

2007年08月15日

五次元

最終更新
2007-08-15T02:26:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/08b.html#rfc_15_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_08b_15_01

かういふ話は夢があつて好きだな。人間にとつて認識のできないものは存在しないのだが、假説により認識はできずとも存在を夢見ることはできるし、あると判れば認識はできずとも利用はできる。人間にとつて五次元なんて認識の範疇も常識の範疇も超えてゐるが、多次元世界はステキな世界だ。タケコプタータイムマシン、そしてドコデモドアは五次元世界を利用した道具なのではなからうか。ドラえもんの道具を實現するためにも、頑張れ物理學者。

2007年08月14日

誕生○○と○○言葉

最終更新
2007-08-14T06:55:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/08b.html#rfc_14_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_08b_14_01

誕生星について調べてゐたところ、上記記事を發見。記事によると、

なんてものがあるらしい。他にはないものかと検索をするも見附らず。まとめページを作りたく考えていますので、ご存知の方はお教へ下さい。ちなみに七月七日生まれの私は。

2007年08月12日

北京オリンピック

最終更新
2007-08-12T23:33:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/08b.html#rfc_12_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_08b_12_01

オリンピックに向けて努力をしてきた選手の方々のことを考へると、手放しで反對とも言ひ難いのだが、それでも私は北京で、といふより中国での五輪を快く思はない。理由は下記の參考サイトをご覽になつて頂ければ明らかだと思ふ。見れば氣分を害することは明かなため紹介に躊躇を禁じ得ないのだが。しかし、どれだけ反對する者が多くとも、こゝまでくれば恐らく北京で五輪は開催されるのだらう。それならば、參考サイトで紹介されてゐる現實を自身で判斷の上、個々人の採れる意思表示を是非ともお願ひしたいと考へる。

Beijing 2008

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年08月12日