2007年05月下旬

広告

今日の一言(JavaScriptを使用)

広告

2007年05月31日

滿月

最終更新
2007-05-31T23:39+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/05c.html#rfc_31_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_05c_31_01

今日は滿月といふわけで、普段身につけてゐるアクセサリーの類を全てはづして月光浴をさせてゐる。やはり、総重量二キログラムが身體から離れると身が輕い。なるほどさう考へると、普段私が眼にしてゐる體重計の示す値は、多少多めに見積もるべきなのだな。それはさうと、明日から六月。私の大好きなカレンダーの大好きな言葉は、いつもカンシャの心を…からツライことやカナシイこと それも全てシアワセの一部だよ。に。來年もこのカレンダー使はうかな。

雜感(新しい歴史教科書)

最終更新
2007-05-31T51:39+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/05c.html#rfc_32_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_05c_32_01

新しい歴史教科書を否定する輩は、歴史が何たるかを理解してゐるのだらうか。歴史とは唯一の眞實であり、その眞實に少しでも近づかうとする行爲が歴史の學習につながる。政治に左右された何者かに都合の良い歴史を宗教のやうに信じることはやめた方が良い。無知とはいへ、それは我々の肉親を否定することにつながる行爲だと氣がつくべきだ。自身にとつて都合の良いことであらうと惡いことであらうと、眞實は變はらない。扶桑社の作る歴史教科書は、より眞實に近い教科書なので好感を持てたのだがな。あ、さうか。肉親がそもそも違ふのね。なるほど。妙に納得できた。

雜感(知識と應用)

最終更新
2007-05-31T25:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/05c.html#rfc_31_03
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_05c_31_03

知識と応用經由、ネットの時代には「知識量・記憶力」よりは「適応力・応用力」の方がずっと大切。著者のいはんとすることは概ね解るが、所詮情報分野に限つた視線でしかなく、そのやうなものは知識とも呼べないし何かに應用できるものでもない。プログラムに應用できたとしても他の何かに應用できるわけではない。他の何かに應用できるのであれば、プログラムの知識など最低限でよい。Javaが解らうがC系が解らうが、その限られた範圍での應用などたかが知れてゐる。

広告

2007年05月30日

更新履歴(スミレ他)

最終更新
2007-05-30T22:00:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/05c.html#rfc_30_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_05c_30_01

上記を新規作成。パンジーサツキツツジに寫眞がついた。わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪

2007年05月29日

更新履歴(四國八十八箇所靈場完成)

最終更新
2007-05-29T23:41:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/05c.html#rfc_29_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_05c_29_01

以上、コンプリート。實際にコンプリートするのはいつの話だらう。

雜感(ほたる)

最終更新
2007-05-29T23:50:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/05c.html#rfc_29_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_05c_29_02

生まれてはじめての螢

先週末、生まれて初めて野生の螢を觀た。私の住むこんな近くに螢も住んでゐたなんて知らなかつた。宙を舞ふ螢は幻想的で、いつまで觀てゐても飽きることがなかつた。群生してゐる野生の螢も觀たいが、そればつかりはもつと山奧に行かなければ無理かな。

更新履歴(ツツジ他)

最終更新
2007-05-29T21:42:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/05c.html#rfc_29_03
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_05c_29_03

上記を新規作成。ハイビスカスツツジペチュニアは寫眞がついた。わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪

2007年05月27日

雜感(國歌斉唱)

最終更新
2007-05-27T15:47:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/05c.html#rfc_27_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_05c_27_01

都教育委員会は25日、今春の都立学校の入学式で、国歌斉唱の際、校長の職務命令に従わず起立しなかったとして、地方公務員法に基づき、都立高校と特別支援学校の教職員7人を懲戒処分とした。処分は減給10分の1、6月が2人▽減給10分の1、1月が3人▽戒告が2人。6人は処分を不服として、都人事委員会に不服審査請求をする。

人權國家である日本では例へどのやうな思想であらうが認められるべきであり、その意見を持つ者が少數派だからといつて彼等の意見が封殺されてはならない。との前提のもと。何らかの輯團に屬する以上、自身の意見・主張が完全にその輯團の意見・主張となり得るわけではないとの當り前の事實を彼等は知らなければならない。自身の主張と輯團の主張が異なつた場合、日本で合法的に取り得る手段は辯を持つてその輯團の主張を自身の主張に近づけることか、その輯團から離脱することか、自身の主張を曲げることである。どの選擇肢を選ぶも自由である。しかし、國民から預かつた子供逹の手本となるべく國民に雇はれた人間が、輯團の主張が決まつた後で駄々をこねて我がまゝをいふ樣子を子供逹に見せ付ける自由などありはしない。まあその有り無しを決めるのも國民であり、國民が雇つた輯團なのだが。どちらにせよ、一度教職を離れて社會について勉強し直してみては如何だらうか。職業を選ぶ自由も我が國では認められてゐる。自身の主張と異なる輯團に無理に屬し續ける利點など雙方ともにないのだから。

2007年05月25日

更新履歴(石手寺他)

最終更新
2007-05-25T23:21:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/05c.html#rfc_25_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_05c_23_01

上記を更新。四國八十八箇所靈場のページ作りも先が見えてきたかなと思つた矢先、更なるページ作成の案が頭に浮かぶ。浮かんだ以上はおそらく實行にうつすのだらう。そろそろ本當に、當サイトにぴつたりなサイト名を考へなければならないな。もう面倒だからwww.7key.jpなんて感じでよいかも知れない。しかし理想は、漢字二、三文字プラス辭書とのサイト名。私の語彙が少い所爲もあり、何も思ひ浮かばないのが悔しい。一番しつくりとくる名稱は、「手當り次第辭書」なのだが、それは何だか語呂が惡い。まあどうせいつかはネットワークに戻るのだから、あまり深く考へる必要はないのかも知れない。

2007年05月23日

更新履歴(善通寺他)

最終更新
2007-05-23T22:50:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/05c.html#rfc_23_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_05c_23_01

番手が飛んでゐるのは氣にしないで下さい。

雜感(中國の食品)

最終更新
2007-05-23T23:18:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/05c.html#rfc_23_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_05c_23_02

朝日新聞でさえこのやうな記事を書くご時世なのかとかも思ひつゝ讀み進めた。しかし、米國の牛肉輸入問題ではあれだけ騷ぎたてたマスコミやら某自稱市民團體やらは、なぜ中國樣が相手だといつさい騷がないのだらう。更に不思議なのは野黨の方々。某女黨首などはもうヒステリーかと勘違ひするくらゐ、いやさうともいひきれないのだが、まあそのくらゐ騷ぎたてゐたのだが、なぜか中國樣が相手だと云々。となると消費者側で間引きをするしか手立てはない。難儀な世の中だ。

2007年05月22日

更新履歴(四國八十八箇所靈場)

最終更新
2007-05-22T23:54:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/05c.html#rfc_22_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_05c_22_01

上記を新規作成。私の興味はとゞまるところを知らない。

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年05月22日