2007年05月上旬

広告

今日の一言(JavaScriptを使用)

広告

2007年05月10日

更新履歴(點字)

最終更新
2007-05-10T22:28:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/05a.html#rfc_10_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_05a_10_01

點字關聯をまとめた。といふより、實は點字についてはかなり前に調べてゐたのだが、畫像を作るのが面倒だつたので放置してゐた。たかゞ二の六乘通りの畫像とはいへ苦痛以外の何ものでもなかつたがどうにか完成。今にして思へば、點字畫像のalt屬性に例へば1-5-6のやうな指定をすればよかつたな。

広告

2007年05月09日

雜感(訪問者數とモチベーション)

最終更新
2007-05-09T21:50:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/05a.html#rfc_09_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_05a_09_01

ゴールデンウィーク開始前と較べ、終了後のユニーク訪問者數が一日千人ほど増えてゐる。單に檢検エンジンからの訪問者が増えただけで、特別な何かからリンクを設定されたわけではない。一時的なものか何なのかは判らないが、このやうなイベントがあるとサイト更新のモチベーションが壓倒的に上がる。といふより、イベントでもない限りサイト運營を十年以上續けることは難しい。どれだけ些細なことでサイト運營のモチベーションを上げることができるか、サイト運營の長續きの祕訣はそこにつきると思ふ。といふわけで、今日はサイト作成用の資料となる書籍を五册買つてきた。サイトに反映されるのは、當分先だとは思ふが。しかし、初めてほーむぺーじを作成してから早十年以上經つのだな。飽き易い私がよくもまあこゝまで飽きもせず續けてゐるものだ。

2007年05月07日

雜感(ツツジ)

最終更新
2007-05-07T23:15:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/05a.html#rfc_07_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_05a_07_01

ツツジとサツキ、なかなか見分けられないな。花や葉の大きさでしか見分けてゐないのだから當然といへばそれまでなのだが、中ほどの花がどちらか判斷できない。それらの兩者を見分けてきた先人逹には頭が上がらないばかりではなく、それらに別の名前をつけた先人逹の感性は見習ひたいものだ。

2007年05月06日

雜感(Emacs2)

最終更新
2007-05-06T08:10:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/05a.html#rfc_06_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_05a_06_01

話が飛んだけど、vi使いの人は「入力モードからコマンドードに移行するたびにEscを押すこと」「コピー・切り取りの方法」この2点をどう考えているのか知りたい。

經驗上Escの打鍵が非效率かといへばさうは思つてゐません。最近はむしろEscにてコマンドモードに戻る方が、Ctrl+[を用ゐるよりも效率的な場合があると考へを改めつゝあります。例へばコマンドモードに戻つてhと打鍵してカーソルを動かす場合や;と打鍵してカーソルを行内で飛ばす場合、又はoと打鍵して行を追加する場合など。コマンドモードに戻つた後に多用する操作は、右手側に輯中してゐます。そのため、これらの場合にEscでのモード移行が非效率と考へたことはなく、むしろ、なるほどそれでカーソル移動は主に右手に輯中してゐるのかと、バイアスに侵された私の腦みそは感動を覺えたものです。まあこれは私があまりwbe系を用ゐないのでいへることでせう。たゞ、HMLや、Ctrl+oCtrl+iなどでカーソルを飛ばす場合にはEscを用ゐると左手の小指の移動が大きすぎて多少指が絡まる。そのやうな場合にはなるべくCtrl+[を用ゐようと心掛けてはゐますが、大分慣れてきた今でもつひEscに指が伸びるので、あまり效率的ではないのかも知れません。

ちなみに私は以前、Escキーと入力切替キー――正式名称はなんなのだらう。数字の1の隣のキーなのだが。――を入れ替へてゐました。が、現在は元に戻してゐます。

コピー・切り取りにはビジュアルモードを多用してゐます。Emacsのリージョンと然程使ひ勝手が變はるものではない、むしろCtrl+vの短形選擇はEmacsや他のテキストエディタにはない素敵な思想だと思つてゐます――本當にないのか如何かは勉強不足。行を丸々ヤンクする際以外は殆どビジュアルモードを用ゐるため、コピー・切り取りに何らかの不滿を持つたことはありません。

私がvi系で不滿を感じてゐるところは、見た目の行内でのカーソル移動。先頭と行末にはG$などで移動可能だが、行の半ばあたりに飛びようがない。目的物を探して飛ぶのではなく、單純に行の先頭、四分の一、半分、四分の三、行末に飛びたい。また同様に、HMLもせめて五段階くらゐにならないものだらうか。数字を讀んで打ち込むのはj連打よりも效率が惡い。

雜感(名前)

最終更新
2007-05-06T16:25:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/05a.html#rfc_06_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_05a_06_02

何かの名称を覺えることを私は極端に苦手としてゐるのではないかと、最近そのやうなことを感じつゝある。花の名前、石の名前、星の名前、出會つた人の名前など、興味がないわけではなくむしろ好意的に覺えようとしてゐるにも関らず結果が伴はない。何れも名前を覺えることを目的としてゐるわけではないためだ、といへばそれなりに納得をする言ひ譯になるのだが、人はその対象の名前を知つて初めてそれを認識し、他への傳逹が可能となる。何とかしたい能力の一つだが何か良い方法はないものだらうか。

2007年05月04日

雜感(Emacs)

最終更新
2007-05-04T22:36:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/05a.html#rfc_04_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_05a_04_01

Emacsの記事を讀んでゐると、vi系をやめてEmacsに逃亡したくなる。環境としてはEmacs。これは當り前。しかしテキストエディタに特化するのであれば、vi系の追ひ求める思想が好き。要はその思想をテキストエディタ内だけで終らせるかその他環境にまで廣げるか、Emacsとviの差は突き詰めればそこだけの違ひだと思ふ。しかし、vimの中だけでWebブラウザもFTPクライアントもメールクライアントも全て片がつくのであれば、私にとつてそれが一番幸せなのだがなあ。それならばEmacs使へよつて話だが、何を言はれても一番效率的なテキストエディタはvi。その考へは變はらない。兩方使へよなんて意見は問題外。それならば餘程Emacsのviモードを使つてゐた方がまし。

雜感(南朝鮮)

最終更新
2007-05-04T22:36:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/05a.html#rfc_04_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_05a_04_02

白で塗り潰されてゐる部分より濃く強調されてゐる竹島が氣になる私は、何か惡い電波にやられてゐるのでせうか、さうですか。

2007年05月01日

雜感(近況)

最終更新
2007-05-01T21:07:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/05a.html#rfc_01_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_05a_01_01

日記を殆ど記さないまゝ十日が過ぎ去つて行く。そのやうなことを思ふのも日記があるからこそ。明日は滿月。一月が過ぎ去るのも早い。次の滿月に期待をしてゐるわけではないが、過ぎ去る時間が早過ぎるとつひ次を考へてしまう。いつまでもがあるわけではないのにね。

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年05月01日