2007年02月下旬

広告

今日の一言(JavaScriptを使用)

広告

2007年02月28日

更新履歴(チューリップ他)

最終更新
2007-02-28T21:02:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/02c.html#rfc_28_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_02c_28_01

植物辭典を更に更新。チューリップカエデなどを新規作成。

雜感(迷惑メール)

最終更新
2007-02-28T22:26:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/02c.html#rfc_28_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_02c_28_02

一日に受信する判別可能な迷惑メールの類の數が、昨日までコンスタントに二百程度だつたものが本日急に三百五十程度まで膨れ上がつた。どこぞの暇人の恨みでもかつたのかな。

広告

2007年02月27日

更新履歴(あさがほ他)

最終更新
2007-02-27T21:33:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/02c.html#rfc_27_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_02c_27_01

植物辭典を更に更新。アサガオだとかハイビスカス桔梗むくげ周りを少しづゝ。名前だけ知つてゐて、どのやうな花か、若しくはどのやうな植物でどのやうな名前の由來があり、どのやうに日本人に關つてきた植物なのか、そのやうなことを調べるのは非常に樂しい。しかし、どの植物サイトにもその植物の美しい寫眞が誇しげに掲げてあるのに、私は植物の寫眞を持ち合はせてゐない。さて、如何したものか。星座のやうに拔け道があればよいのだがさて。といふわけで、當サイトに植物の寫眞を片端から提供下さる方を募輯。をられるはずがないことを知りつゝそれでもその奇特な方を募輯。といふか當サイトに無償でコンテンツを分けてくれるアホな方を大募輯。やりたいことがおほ過ぎて、そろそろ一人では無理。當サイトが私の思ひ描く最終形に向かひつゝ、私はネットワークに專念できることが理想。あゝしかしそれでは最近潰れかけのWikipediaと大差ないから意味がないか。やはり一人で最終形に向かふことが重要なのだらうな。

雜感(私のお頭)

最終更新
2007-02-27T21:34:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/02c.html#rfc_27_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_02c_27_02

しかし私はたゞ花言葉について調べたかつただけなのだが。それが植物辭典などといふ方向に向かふのだから、本當に私のお頭はおめでたい。

雜感(カス)

最終更新
2007-02-27T23:58:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/02c.html#rfc_27_03
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_02c_27_03

何とかデーとか銘打って猿眞似をしてみて、何だか主張をしてゐる氣分になつてゐる輩ども。そして誰かの尻馬に乘つからないと主張もできない輩ども。あゝ、ご本人どもは否定すると思ふよ。共感してゐるだけだつて。だからカスなんだよ。行動には移さない。移しても全部後付け。それで主張をしてゐると思へるのだから幸せな方々だな。

反面教師。まずは反省をしよう。

2007年02月26日

雜感(ナレッジサーブ)

最終更新
2007-02-26T23:17:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/02c.html#rfc_26_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_02c_26_01

ナレッジサーブなるものアフィリエイトに參加してみた。自身のページに貼り付けてみた。Operaからそのページを表示させると、そのページのあるサーバに對してF5攻撃を行ふやうになつた。腹が立つたので退會しようとしたところ、退會の仕方が判らなかつた。FAQにも退會の仕方は書かれててゐなかつた。入會はとても簡單だが退會はさせずとりあへずの會員數だけ増やさうとの魂膽ですかさうですか。それに私は一枚かんでしまつたといふわけですかさうですか。あゝ腹立つ。このサービスについて他の人が如何思ふかなんて知らんよ。私は、二度と訪れるかつて思つた。たゞそれだけ。

2007年02月25日

更新履歴(植物辭典)

最終更新
2007-02-25T18:14:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/02c.html#rfc_25_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_02c_25_01

植物辭典を更に更新。アザミアガパンサス周りを少しづゝ。

雜感(嘆くだけ)

最終更新
2007-02-25T20:25:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/02c.html#rfc_25_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_02c_25_02

嘆いてみせる。憂ひてみせる。そして默る。何と無意味な行動であらうか。結果は何も變はらないのだから。その嘆きや憂ひでさへくだらない感情に思へてくる。

2007年02月24日

雜感(當サイトへのお客樣)

最終更新
2007-02-24T17:00:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/02c.html#rfc_24_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_02c_24_01

當サイトを訪れる方のご用向きはどのやうなものだらうと思ひ、こゝ一週間に檢索エンジンから當サイトへ訪れた方が用ゐた檢索キーワードを調べてみた。結果は以下。

  1. vi コマンド:175人
  2. gratuitous arp:108人
  3. 六笠由香子:102人
  4. 用紙サイズ一覧:81人
  5. vim コマンド:80人
  6. bpdu:75人
  7. snmpとは:66人
  8. 拡張子辞典:65人
  9. lcp:65人
  10. 全銀手順:61人
  11. 拡張子 sfv:59人
  12. 用紙サイズ:57人
  13. 同軸ケーブルとは:54人
  14. 拡張子 gkt:54人
  15. httpとは:50人

六笠由香子の情報を探して當サイトを訪れる方が一週間に102人つて一體何なのだらう。あのくだらない記事を書いてゐたフリーライターはそんなに有名人なのか。

2007年02月22日

雜感(竹島の日と植物辭典と花粉症)

最終更新
2007-02-22T21:37:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/02c.html#rfc_22_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_02c_22_01

さういへば今日は竹島の日。何か目新しいことあつたのかな。ニュース見てないからわからない。ついでにいへば植物辭典を更新。アイリス周り――アヤメの仲間――を順番に作成中。いやしかし、植物について調べつゝ、花粉症に惱まされるといふのも如何なものか。

2007年02月21日

更新履歴(學名のマークアップ)

最終更新
2007-02-22T00:06:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/02c.html#rfc_21_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_02c_21_01

學名のマークアップ方法について以下のやうなご指摘を頂いた。前略及び後略。要點のみを拔粹。

さて、早速今日公開された植物辭典を拝見したのですが、気になるところを1つ。学名は普通、イタリック体で書くものです(もしくは下線をひいた文字)。植物辭典では特に字体を指定していないようですが、これはいくら非推奨といえどもi要素でマークアップすべきではないでしょうか。CSSで指定すべきという考えもあるでしょうが、これだとCSSをオフにしている環境だと、学名だとが判断できない恐れがあります。(七鍵さんのサイトでは「学名」というタイトルがあるので、その恐れは無いでしょうが)

また、HTML 4.01 Strictでi要素が残っているのは、学名をマークアップするためだと私は思っているのですが七鍵さんはいかがお考えでしょうか。

それに對する私の返事は以下。同じく要點のみ。

ご指摘の件、正直に申し上げると何も考えていませんでした。なるほど、確かに「学名」はイタリック体で書かれていることが多いな、程度の認識でしかありませんでした。ですから、今思いついた案でしかないのですが、それでも私は当件、CSSにて指定すべきだと考えています。いえ、更にいうなればspan.scientific_name{font-style:italic;} <span class="scientific_name">学名</span> のようにマークアップすることがベターかなと、そんなことを***さんからのご指摘を拝見して感じました。付け焼刃の案で恐縮なのですがご教授頂ける事があれば更にご意見を頂きたく存じます。

それに對してのご意見は下記。しつこいが要點のみ。

学名のマークアップについては、HTMLの要素・イタリック(i)http://members.jcom.home.ne.jp/pctips/www/Element/i.htmlにて、イタリックで表現する必然性のあるテキストはi要素でマークアップします。 との説明もあり、イタリック体で表現する必然性のある学名についてはi要素でマークアップすべきだと思ったのでした。

結論から申し上げて、私が行つたマークアップは下記。

<span class="genus_name">Erica</span> ×
<span class="specific_epithet">hiemalis</span>
<span class="cultivar">cv.‘Christmas Parade’</span>
<span class="author_name">L.</span>

span.genus_name       {font-style : italic;}
span.specific_epithet {font-style : italic;}
span.author_name      {font-style : normal;}
span.cultivar         {font-style : normal;}

あくまでもイタリック體といふのは見た目の問題であり、學名をイタリック體で表すからI要素でマークアップするとの考へ方は理解できません。學名であることを明確にし、その結果イタリック體で見た目が整へられるとの考へ方が私の中ではすつきりします。とは言ひつゝも、これはあくまで昨日今日付け燒刄的に考へ始めたこと。間違ひやご意見などございましたら何なりとご指摘下さい。

ちなみに、植物辭典を更に更新。ゼラニウム系とアイリス系を少し。

當日記にて當やり取りを紹介させて頂く事を快諾下さり、感謝の言葉もありません。

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年02月21日