2007年02月中旬

広告

今日の一言(JavaScriptを使用)

広告

2007年02月20日

更新履歴(植物辭典)

最終更新
2007-02-20T22:19:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/02b.html#rfc_20_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_02b_20_01

今度は植物辭典なるものを作成し始めた。ネットワークと如何關聯するのかは不明。多分何も關聯しないのだらうな。しかし、植物つて本當に厖大な種類があるのね。知らなかつたよ。また當サイトは千ページほど増える豫定。三年後くらゐが目處ではあるが。

広告

2007年02月19日

雜感(Blue Blood)

最終更新
2007-02-19T22:42:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/02b.html#rfc_19_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_02b_19_01

ある方から最新版のBlue Bloodをお借りして聴いてゐるのだが、以前のと何が變はつたのかよくわからない。ドラムの音がうるさくなつたつてことはよくわかるのだが、音が良くなつたとは思へない。いやしかしふと思ひ出してみると、私は最近の樂曲に慣れ過ぎて八十年代の樂曲は最近聴いてゐない氣がする。當時のMETALLICAやパープル、TNTなどはよく聴くがある意味諦めてゐるしな。一度聴き比べてみなければよく判らない。さういへば、このアルバムの曲、全部ベースでも弾けたはずなのに、既に全く覺へてゐないのだから人の記憶などあてにならないものだ。

雜感(target="_blank")

最終更新
2007-02-19T23:37:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/02b.html#rfc_19_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_02b_19_02

操作ミスをするもしないも閲覽者の勝手であり、どちらかといへば小さな親切大きなお世話となりかねないことを作成者が行ふ手段に問題があるのではないでせうか。閲覽者がミスをしないだけで全ての問題が解決するのであれば、target="_blank"は不要に思ひます。なぜか。target="_blank"が指定されてゐるのか否かを閲覽者が氣にする必要がなくなるからです。ちなみに私の左手はホームポジションにゐることが多いので、Shiftをほゞ無意識に打鍵するため操作ミスはおほくありません。

2007年02月18日

無題

最終更新
2007-02-18T17:46:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/02b.html#rfc_18_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_02b_18_01

一日の密度といふものは何をしてゐても變はらないのかも知れない。

雜感(々)

最終更新
2007-02-18T17:46:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/02b.html#rfc_18_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_02b_18_02

へえ、「々」つて漢字ではなかつたのか。確かに言はれてみれば「ゝ」なんてひらがなはないな。たゞ、漢字ではなく記號だなんて言はれても、「人人」や「多多」と書かれたのを目にすると重々しく感じてしまふ。

2007年02月16日

雜感(始まりと終り)

最終更新
2007-02-16T21:20:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/02b.html#rfc_16_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_02b_16_01

Prologue Is Epilogue

全ての始まりは全ての終りだと心から思つてゐた。終りが始まりにもなり得るのだと、最近はそのやうなことを思ひつゝある。

2007年02月14日

雜感(論爭)

最終更新
2007-02-14T22:00:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/02b.html#rfc_14_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_02b_14_01

論爭やその類といふものは、私の主張が他のそれとくひ違つた際に、そして私がそのくひ違ひに納得をできなかつた場合に限り、私の周りで發生する。よつて、一對多での論爭は私の周りで起こり得ないし、他が多を視野に入れて、いはばパフォーマンスに終始するやうな輩との論爭も私の周りでは起こり得ない。論爭に限らず同意も同樣。そんなくだらないことで私は自己を確立しようとは思はないし、そんなくだらないことでは認められたやうな氣にもなれない。私は私の意見が正しいと思ひ主張してゐるわけではない。私の意見だから主張するのであり、そのために他と爭ふ。多に認められるやうな主張しか行へないのであれば、最初から主張などしない。論爭が目的となれば尚更だ。唯一私の中で例外とできるのは、"何かを決定"するための論爭である。そこに限り、私はパフォーマンスもするし一對多の論爭も行ふ。しかしそれは主張を通すことが目的ではなく、何か別の大義があり、そのための一つの手段として論爭を行ふからである。WWW上ではそのやうな論爭は稀であるが。

2007年02月12日

更新履歴(日本のしきたり)

最終更新
2007-02-12T15:13:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/02b.html#rfc_12_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_02b_12_01

日本のしきたりなんてページを作り出したのは良いが、こゝでも植物に關する情報が不足したため、結局花言の情報を先にまとめ、そこから植物データベースを作成し、そして日本のしきたり、366日データベースと移ることを決意。なんでも基礎は大事だと思ふ。

2007年02月11日

雜感(詩仙堂)

最終更新
2007-02-11T23:53:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/02b.html#rfc_11_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_02b_11_01

京都の詩仙堂へ行つた。今まで詩仙堂へは何囘も足を運び、既に見つくしたと自信では思つてゐたのだが、今囘やけに目に留まり離れなかつたのが「六勿銘」。内容は特に大したことが書いてあるわけではなく、きつと内容ではなく別の「何か」に惹かれたのだらう。ちなみに「六勿銘」とは以下のやうなもの。詩仙堂を守るために石川丈山が記した六つの戒め。

勿妾丙王(丙王を妾にすることなかれ)火の扱ひを怠るな 
勿忘棍賊(棍賊を忘るることなかれ)戸締まり、盜賊を忘れるな  
勿教晨興(晨興をいふことなかれ)早起きを嫌がるな 
勿嫌糲食(糲食を嫌ふことなかれ)粗食を嫌ふな 
勿変倹勤(儉勤を変ずることなかれ)儉約、勤勉を變へるな 
勿婿払拭(拂拭を婿ることなかれ)掃除を怠けるな

あと、今囘は京都の「上賀茂神社」へも行つた。これ以上ないくらゐ、樂しい旅だつたな。また行きたい。椿の咲く時期や紅葉の時期にも行きたいな。

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年02月11日