2007年01月上旬

広告

今日の一言(JavaScriptを使用)

2007年01月10日

更新履歴(フレームなど)

最終更新
2007-01-10T23:43:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/01a.html#rfc_10_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_01a_10_01

上記を新規作成。それに伴ひ辭書ツールも若干變更。何事も起こりませんように。

休肝日

最終更新
2007-01-10T23:44:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/01a.html#rfc_10_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_01a_10_02

今日は久しぶりの休肝日。だからビール一杯だけにしておかう。

2007年01月09日

更新履歴(雜多)

最終更新
2007-01-09T23:55:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/01a.html#rfc_09_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_01a_09_01

ASCII【American Standard Code for Information Interchange】ASN.1【Abstract Syntax Notation One】BER【Basic Encoding Rules】BITNET【Because It's Time Network】DDN【Defense Data Network】サイバースペース【Cyberspace】SNA【Systems Network Architecture】XNS【Xerox Network System】メーリングリスト【mailing list】アーチー【archie】ゲートウェイ【gateway】コアゲートウェイ【core gateway】分散型データベース【distributed database】サブネット【subnet】トンネリング【tunneling】ARPA【Advanced Research Projects Agency】DARPA【Defense Advanced Research Projects Agency】ANSI【American National Standards Institute】CCITT【Comite Consultatif International Telegraphique et Telephonique】CERT【Computer Emergency Response Team】EFF【Electronic Frontier Foundation】FYI【For Your Information】ISO【International Organization for Standardization】NIST【National Institute of Standards and Technology】NSF【National Science Foundation】NIC【Network Information Center】OSI【Open Systems Interconnection】チェックサム【check sum】ホスト【host】ノード【node】トランジットネットワーク【transit network】スタブネットワーク【stab network】バックボーン【backbone】NOC【Network Operations Center】X.400【X.400】AUP【Acceptable Use Policy】ACL【Access Control List】AD【Administrative Domain】エイリアス【alias】ベースバンド【baseband】BSD【Berkeley Software Distribution】BIND【Berkeley Internet Name Domain】ビッグエンディアン【big-endian】リトルエンディアン【little-endian】暗号化【encryption】DES【Data Encryption Standard】HPCC【High Performance Computing Cluster】IRC【Internet Relay Chat】インターオペラビリティ【interoperability】を新規作成。ネタ元はRFC1983。さういへば基本的な語つて後囘しにし續けてゐるなと思ひ出したので。更にもう一つ思ひ出したのが重複語句及び同音異義語への對應。Wikipediaのやうに「曖昧さ囘避」のページでも作らうかな。

雜感(pluto)

最終更新
2007-01-09T24:47:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/01a.html#rfc_09_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_01a_09_02

pluto=「冥王星にする」=「評價を下げる」との言葉がアメリカでの流行語大賞らしい。日本で同樣に流行すると差別語に認定されさうな語だな。

2007年01月08日

野嵜氏に對する返信4

最終更新
2007-01-08T01:53:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/01a.html#rfc_08_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_01a_08_01

返信しやうとしたが止め。また極附けと曲解とユーモアだらけの返信をされてもね、うんざりするだけで費した時間に見合ふ得るものがないから。

しかしだね、かうやつて出典を明記せず、ただただ抽象的に「意味もなく、無斷リンク禁止を謳ふサイトに向けてリンクを設定してみたりそのURIを紹介してみたりする輩」なんて言つて見せて、「傲慢」な態度で罵倒の文句を連ねて見せたりすれば、話がややこしくなるだけ、と云ふ事は、七鍵氏も良く解つた事だらう。

私は私の主張を一本に絞り話をやゝこしくしないやうにしてゐたつもりだがね。話をあちこちに散らして自身の正當性ばかりを主張する輩と會話しても話がやゝこしくなるだけ、つてことが良く解つたよ。一度で止めておくべきだつたと反省してゐる。

といふわけで終了。

メモ

最終更新
2007-01-08T08:22:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/01a.html#rfc_08_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_01a_08_02

更新履歴(OSPF周り)

最終更新
2007-01-08T19:33:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/01a.html#rfc_08_03
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_01a_08_03

上記あたりを新規作成したり修正したり。肝腎なOSPFの動作が手付かずだがそろそろ説明できるかな。

2007年01月07日

更新履歴(SIP他)

最終更新
2007-01-07T17:57:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/01a.html#rfc_07_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_01a_07_01

SIP周りを新規作成。SDPなんてRFCを讀んでくれつてくらゐの投げやりな説明。いや、また氣が向いたら加筆するよ。特に記述方法に關するあたりを何も説明してゐないのは我ながら酷いと思ふ。

更新履歴(SDP)

最終更新
2007-01-07T23:39:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/01a.html#rfc_07_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_01a_07_02

SDP【Session Description Protocol】を加筆修正。氣が向いたら何て言つてゐたら間違ひなく忘れるから。

野嵜氏に對する返信3

最終更新
2007-01-07T23:57:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/01a.html#rfc_07_03
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_01a_07_03

こんな目茶苦茶を言つてゐるので窘めただけなのだがねえ。この人、自分の言つてゐる事を理解されなくて怒つたらしい。

と言ふか、「野嵜氏に對する返信」が正當で、「無斷リンク禁止を主張してゐる人に對する返信」が不當であると、あなたはどうして平然と主張出來るのですか。あなたがうちに對して「返信して良い」と判斷した理由を御聞かせ下さい。話はそれからだ。「野嵜が無斷リンクを禁止してゐないから」とか、そんなの、理由になりません。「では今から野嵜は無斷リンクを禁止します」と宣言したら、あなたは引下つて、自分の「返信」を削除し、何もなかつた事にしますか。

自身にとつて都合のよいことは片つ端から都合の良い方向に極附けを行ふ野嵜氏は、自身の都合によつて極附けを行はず確認を行ふ。本當に都合の良いお頭だ。まあ話はそれからだと宣言されてゐるので答へないわけにはいかないのだらうな。また極附けをされると何だし。名指しでリンクまで設定して返信をした理由に無斷リンクを禁止は關係ないよ。私に對する記事であると確信をしたためにそのやうな形で返信をしたまで。何か勘違ひをしてゐるやうだが、野嵜氏が無斷リンク禁止を主張しやうが無斷リンク禁止の禁止を主張しやうがそんなことはどちらでも良い。繰り返しだが私が問ふてゐるのは野嵜氏も言つてゐる意味もなくの部分だ。無斷リンク禁止を晒したことに對するその意味を問ふてゐるのだ。意味もなくに噛み付くくらゐだから思ふところがあるのだらう。リンクに無駄はないとの主張をお持ちのやうだが、なぜ件のリンクが無駄ではないと思つたかと問ふてゐるのだ。極附けやら言ひ譯やらはもう良いからそこにだけ答へてくれ。そこに納得をしたら「返信」は削除しないが引下がりはするよ。

あと、「Edward P. J. Corbettの有名な言葉。私もその通りだと思ふ。私が空しさを感じるか如何かなど氣にして下さらなくて結構」等と七鍵氏、一般論をぶつてゐるが、何の意味もなく尤もらしい事を言つても何の意味もない、と云ふ事を解つてゐるのだらうか。

なるほど、確かに手つ取り早く自身の正當性を確保しやうと權威者の言葉を借りただけでそんなものはこの場で何の意味もない。私がその通りだと思ふか否かなど野嵜氏にとつてみれば如何でも良い話だな。言ひ直しで申し譯ないが、私は件の部分で、「批判の動機は批判の内容に關係がなく、たゞ批判の内容だけを取り扱つてくれ」つてことを言ひたかつたのだと思つてくれ。

――と言ふより、七鍵氏、「自分の事を言はれた」と思つてかつとなつて「返信」してしまつたのだらうけれども、俺は「七鍵氏に」なんて一度も書いてゐない。良く讀んで呉れ。大體、俺が採上げた七鍵氏の主張のをかしな部分を、七鍵氏はそつと素通りして、「別の論點」で一生懸命反論してしまつてゐる。話が噛合はないのも當り前。

俺は敢て出典を示さず、晒しもしなかつたのだが、それなのに七鍵氏は敢て「返信」して呉れてゐる。七鍵氏は勘違ひをしてゐる。俺は、七鍵氏の言ふやうな「意味もなく、無斷リンク禁止を謳ふサイトに向けてリンクを設定してみたりそのURIを紹介してみたりする輩」ではないからね。俺は、「意味もなく」の部分を落して、その後の「何ら變はるものではないとの自覺はあるのか」の部分に噛み附いたんだよ。何が「何ら變はるものではない」なんだよ、と。ただ、さう云ふ「落した部分」があつたから、「出典を示さない」やうにした。それだけの話。あー、かう云ふ説明をすると、この人、「言ひ訣はいいから!」と居丈高に曰ふんだらうな。しかし、何が「何ら變はるものではない」なんだらうね。行爲はそれ自體が批評である事もあるんだよ。と言ふより、人間のリアクションは全て批評的であり得る。それに對して端から「意味がない」と極附けを行ふのは、俺にして見れば、先入見に基いた偏向した發想に見える。

と言ふより、野嵜氏、「自分の事を言はれた」と思つてかつとなつて「返信」してしまつたのだらうけれども、私は「野嵜氏に」なんて一度も書いてゐない。良く讀んで呉れ。「意味もなく、無斷リンク禁止を謳ふサイトに向けてリンクを設定してみたりそのURIを紹介してみたりする輩」ではないのであればかつとなつて「返信」などしなければよい。私の文章を私の文書と判るやうに用ゐておいて「返信」ではないとの態度を「言ひ譯」と呼ばず何と呼ぶ――その後の文章にて返信であることを明かにしてゐるのだから意味のない言ひがゝりは止めてくれ。あゝそれと、勝手に大事な部分を削つて噛み附かないでくれ。確かに指摘されるまで、その大事な部分を削られてゐたことには氣がついてゐなかつた。だからその意味を問ふてゐたのだが、私が今囘唯一問ひたいのはその意味なのだ。繰り返すが、その意味に納得をすれば私は引下がるよ。端から「意味がない」と極附けを行ふといふのであればその意味を教へてくれ。

2007年01月06日

雜感(カバン)

最終更新
2007-01-06T12:41:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/01a.html#rfc_06_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_01a_06_01

たまたま見つけたFuroshikiなる變はつたカバン。一目惚れし危ふく註文しかけたが、今年こそ散財癖を直さうとの決意を殘念なことに思ひ出してしまひ斷念。また思ひ出したときにしやう。

更新履歴(當日記の機能)

最終更新
2007-01-06T14:47:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/01a.html#rfc_06_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_01a_06_02

當日記に對してフラグメント識別子を用ゐてリンクを設定した場合、今日の一言機能が邪魔をして私が意圖する表示とならないことについさつき氣がついた。そこで、取得したURIにフラグメント識別子が存在すれば今日の一言機能をとりあへず無效とするやうに修正。

更新履歴(SS7他)

最終更新
2007-01-06T19:13:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/01a.html#rfc_06_03
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_01a_06_03

電話關聯を更に新規作成。必要に迫られよく解らずに新規作成をしてゐるので内容が淺いだけでなく、嘘だらけのリソースとなつてゐる可能性まである。まあ徐々に加筆修正を行ひたい、なんて作成した全てのリソースで同じやうなことを考へてゐるな。

野嵜氏に對する返信

最終更新
2007-01-06T21:40:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/01a.html#rfc_06_04
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_01a_06_04

「○○の正當性はともかくとして、さう云ふ主張をしてゐるサイトを晒すのは○○と同じだとの自覺はあるのか」なる言ひ方をして見せるのはただの嫌みとの自覺はあるのか。「どこ」と具體的に指摘しないで抽象的に「啓蒙活動を行ひたいのであれば別の方法を採ることをお勧めする」等とおためごかしを言ふのは、批判として良い方法か。

しかし、何うだらう、「無斷リンク禁止」に反撥するのと、「無斷リンク禁止に反撥する連中」に反撥するのと、それらは全く同じメンタリティの發露と言ふ事はできないだらうか。單なる反撥が「批判」の動機であるのは、大變に空しいと思ふのだが如何。諸君には、本當に守りたい何かがあるのだらうか。

誰に向けられてゐるのかさつぱり解らない批判くらゐ有害なものはない。誰に向けられてゐるのかが判りすぎるほど良く判る嫌がらせが有害であるのと同じくらゐ。

野嵜氏が何を言ひたいのかさつぱり解らない――といふのもある意味おためごかし。自身の正當性を確保しやうとの氣持ちは解る。私にもその氣持ちは當然ながらあるから解らないものではない。しかし自身の正當性を主張しやうとするだけで何ら解決策となるものでもない暴言を向けられてもね。はい、さうですかとしか言ひ返す言葉がない。無斷リンク禁止に反撥したことに反撥したことが氣に觸つたのかネタ元を紹介しなかつたことが氣に觸つたのか、あるいはそれ以外が氣に觸つたのか。はつきりして欲しいものだ。野嵜氏には本當に守りたいものがどうやらあるやうだが、それは一體何なのか、ぜひはつきり教へて欲しいものだ。

ちなみに、野嵜氏いはく單なる反撥が「批判」の動機であるのは、大變に空しいと思ふのだが如何とのことだが、反撥以外に批判、更に言へば意見なるものは、發生し得るものではない。意見とは本質的に先行する意見に對する「異見」として生れ、例へそれが具體的な明確な形では現れなくても、對立する意見に對する反論といふ性質を持つとはEdward P. J. Corbettの有名な言葉。私もその通りだと思ふ。私が空しさを感じるか如何かなど氣にして下さらなくて結構。動機なんて後付けをするつもりはないよ。私は單に自身の意見を紹介したまで。私の意見が氣に觸るのであればどこが氣に觸るのか言へよ。

とは言ひつゝも、私の意見以外に意見が來ることを確信してゐる。との防御策。まあ私も意見以外の意見に對し意見するものであるから同樣か。防御策とはそれに對する更なる意見、更なる〜、と繰り返し、無斷リンク禁止から遠ざかることに對する防御策。もつとはつきりいふなれば、水掛け論に費やす時間をきみに對して取るつもりもないよつてこと。

野嵜氏に對する返信2

最終更新
2007-01-06T22:12:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/01a.html#rfc_06_05
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_01a_06_05

讀めば讀む程あほらしい論調及び主張だ。敢て根據を示さない。晒さない。などといふ無限聯鎖を始めて何が樂しいのか。言ひ譯は良いから無斷リンク禁止を晒したことに對する正當性を――もしあるのであれば――主張してみろよ。

2007年01月05日

雜感(模樣替へ)

最終更新
2007-01-05T22:27:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/01a.html#rfc_05_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_01a_05_01

最近は、多くの方が解像度の高い環境でWebブラウジングをしてゐるらしい。私も然り。となると當サイトのデザインでは視線を水平移動する距離が大き過ぎて讀み難いのではないか。そのやうなことを思ひ多少ボディの横パディングを多目にとることとした。が、當日記では月の畫像があるためにさうでもないが、他の背景畫像がないコンテンツでは全體的にやけに淋しい印象となつてしまつた。といふわけでその淋しい空間に廣告を配置してみたのだが如何だらう。配置の仕方が嫌らしいやうであれば止める。

雜感(模樣替へ2)

最終更新
2007-01-05T22:38:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/01a.html#rfc_05_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_01a_05_02

模樣替へで思ひ出したのだが、私はこれ以上當サイトの大幅な模樣替へを行ふつもりはない。今囘のやうに微妙な、早い話が片手間でできるやうな改善はこれからも續けるが、印象が大きく變はつたりHTMLソースを變更する必要があつたりする模樣替へは時間の無駄以外の何ものでもないとそろそろ氣付き始めたためやらない。たゞの自己滿足な話だが、私は當サイトのデザインをかなり氣に入つてゐる。自分で氣に入るデザインであれば無理に手を加へる必要もないだらう。そして、私は一度氣に入つたものに對する印象が變はつた經驗が少い。だつたら今のデザインを改善することが一番コストが低いやうに思ふ。そんなことを思ひつゝ行つた模樣替へ。

雜感(無斷リンク禁止)

最終更新
2007-01-05T23:38:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/01a.html#rfc_05_03
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_01a_05_03

無斷リンク禁止などといふ戲言の正當性はともかくとして、私自身無斷リンク禁止などとのたまふサイトに向けてリンクを設定する用事がないから關係のない話だ。そのやうなことを言ひたいわけではなく、意味もなく、無斷リンク禁止を謳ふサイトに向けてリンクを設定してみたりそのURIを紹介してみたりする輩に問ひたいのだが、お前らのやつてゐることは無斷リンク禁止とのたまふ行爲と何ら變はるものではないとの自覺はあるのか。效率の良いWWWの理念を大きく損ふ行爲であり、可笑しな間違つた方向での自己主張を行つてゐるに過ぎないとの自覺はあるのか。啓蒙活動を行ひたいのであれば別の方法を採ることをお勧めする。

2007年01月02日

雜感(ATM)

最終更新
2007-01-02T20:27:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/01a.html#rfc_02_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_01a_02_01

年末年始に銀行から金をおろせないなんて初めて聞いた。地方銀行を使はず都市銀行を使つてゐるからかな。地方に都市銀行のATMなんて殆どないし、あつても閉まつてゐるし。お正月を無一文で過ごせと言ふのか私のメインバンクは。あゝただ、ATMが何の略かつて調べて初めて分つたからまあよしとしやう。明日はおろせるのかな。明日は隣の縣まで初詣に行くのに、このまゝでは行きの電車賃はあつても帰りの電車賃がない。もう歸つて來るなといふことか。

2007年01月01日

今年もよろしくお願ひします

最終更新
2007-01-01T00:00:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/01a.html#rfc_01_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_01a_01_01

happy new year

更新履歴(ダイヤルパルス他)

最終更新
2007-01-01T14:34:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2007/01a.html#rfc_01_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2007_01a_01_02

ダイアルパルスDTMFを新規作成。

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年01月01日