2006年12月中旬

広告

今日の一言(JavaScriptを使用)

2006年12月20日

雜感(精神)

最終更新
2006-12-20T23:36:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/12b.html#rfc_20_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_12b_20_01

體が死んで精神も殘らないのは嫌だな。たゞの感情論ではあるがさう思ふ。精神が殘るからこそ生甲斐もある。宗教と同じで根據も何もないがさう思ふ。死して尚、私の精神に影響を與へる方は、豫想も含め、偉人も含めたくさんゐる。それが精神だとの根據も何もないが、だから私は精神は死なないものと信じてゐる。せめて、そんな精神は死なないやうにしたいものだ。

2006年12月18日

雜感(クリスマス)

最終更新
2006-12-18T22:32:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/12b.html#rfc_18_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_12b_18_01

散髮屋に行きたいのに行く時間がない。年が變はる前に行きたいのに、それよりも何よりもクリスマス前に行きたいのに行く時間がない。と、クリスマスに仕事以外の豫定がない者が言つてみる。日本人ならクリスマスイブイブなんて意味の解らないイベントを祝はずに、天皇誕生日を祝へよ。天皇誕生日は遊び倒してやる( ̄^ ̄*)。早く天皇誕生日來ないかな。

2006年12月17日

雜感(少數派と多數派)

最終更新
2006-12-17T10:29:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/12b.html#rfc_17_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_12b_17_01

少數派より多數派を優先すると云ふ行爲には、實は何の根據も無い。何故多數派を優先するのかと問ふと、多くの人の幸せの爲だとか滿足の爲だとか言はれるけれども、何故「多くの人」の方が良いのかと云ふ、根本的な點から私は問ひたいのだ。一部の人が幸せになる事よりも、大部分の人が幸せになる事の方が良い――さう言ふ根據を知りたい。

實際に問題となるのは數の多寡ではなく、多くの場合マジョリティ――社會的強者の意――の意見が優先され、本當の多數派は彼らに追隨するに過ぎない意見が曖昧な者又は意見を持たない者であると考へます。國語問題一つを採り上げてもそのことが分る。新字新かなを使ふ者は確かに多數派ですが、確固たる理由の基新字新かなを用ゐてゐる方がどれだけの數を占めるのか、それが多數派と言へるか、考へるまでもないことではないでせうか。

何故多數派を優先するのかとの問ひの答えはそこにあるやうに思ひます。一度多數派と少數派との構圖が出來上がつた以上、その構圖は一朝一夕に變はるものではありません。そしてその構圖は、特にこゝ日本では、コストの名の下に決定され更には保守される。だからマジョリティはコストを前提に幸せとの美辭麗句を持ち出し、コスト削減のために多數派とのレトリックを用ゐてゐるに過ぎない。確かにこのコストが根據と言へなくもないのですが、そこには物事の本質に對する主張は何も含まれてゐないことを見落としてはならない。

漢字力の低下は問題だが、眞先に片付けるべき問題と云ふ譯でもない。先づ片付けねければならぬ問題は、漢字力の低下と云ふ問題を、問題と認めない樣な感性的認識の方である。それさへ直れば、漢字力の低下も大した問題ではなくなる筈だ。

大いに同意できます。漢字の讀み書き能力が低下したため、漢字を讀み書きし易いものだけに限定しました。こんな馬鹿な解決方法はない。だから問題を問題と認識もできず、また認識させない社會が出來上がる。今現在正に叫ばれてゐることだが、讀み書きし易いものに漢字を限定したにも關らず漢字能力の低下が顕著である。このまゝではまた馬鹿な改革によつて日本語から漢字がなくなる日が來るかも知れない。いや、勿論日本語から漢字はなくならない。多數派の頭から漢字が消える日が來るとの意味。

雜感(サラ・マイアー)

最終更新
2006-12-17T20:21:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/12b.html#rfc_17_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_12b_17_02

夕飯の際にたまたま流してゐた番組でフィギアスケートをやつてゐた。そこで登場したスイスのサラ・マイアーとの選手。スケートではなくドラマーになれば良いのに。そんなことを思つた。完全なるリズム感。曲に對する表現能力と表現センス。見榮えの良いルックス。どれを採つてもドラマー向けだと思ふのは、きつと私の偏見に違ひない。世間の方々はさうは思はないのだらうな。しかし、ドラマーでも難しい頭打ちやらもたりやら、そのやうな表現をスケートでこなす。そんな表現者がドラマー以外にゐるのだから世間は廣い。

更新履歴(當日記)

最終更新
2006-12-17T20:29:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/12b.html#rfc_17_03
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_12b_17_03

あゝ、さういへば。當日記に今日の一言なる機能を付加した。よくあるあれ。私がどのやうな言葉に共感を覺えるかとの自己主張以外の何ものでもない自己滿足な機能。發端は當サイトでAjaxを用ゐたコンテンツがないなとの意味が解らない理由。だからすぐに飽きるかも知れないしいつまで續くか分らない。が、七鍵との人間性を判斷する一助となれば幸い。JavaScript機能を嫌ふ方には意味の解らないフレーズが當日記の冒頭に登場するが、見逃してね。

2006年12月15日

雜感(スルー力)

最終更新
2006-12-15T21:59:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/12b.html#rfc_15_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_12b_15_01

スルー力なんて言葉を考へた輩は頭が惡いと思ふ。まず何よりも、カタカナと漢字を無理やり結合するな。「するーか」と讀み違へ、一瞬何のことか解らなかつたではないか。これは日本語における書き言葉の弊害ではない。こんな語を臆面も無く作成する輩の頭と無神經さが害を撒き散らしてゐるに過ぎない。そもそも、スルーする能力つて何だ。意味が解らない。日本語には調度良い意味の、「無氣力」との單語があるではないか。スルーをすると自覺してゐる時點でそれは何もスルーすることができてゐないことにこの語の作者は氣付かない。心に止るものがあるにも關らず、そのことに觸れないやう自身を僞り、且つそれをさも高尚な態度であるかの如く振舞ふ。それを無氣力と呼ばずして何と呼ぶ。

2006年12月14日

悲觀日記

最終更新
2006-12-14T23:16:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/12b.html#rfc_14_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_12b_14_01

今日は、ほゞ丸一日、運轉することが、仕事だつたので、本當に、疲れた。といふより。私は運轉なんて好きではないんだよ。綺麗な風景があつてもよそ見をする譯にはいかないし、どんなに疲れても眠る譯にはいかないし、現實逃避をしたくとも酒を呑む譯にはいかない。ただ黙々と目の前に現れる記號とイベントに從ひ機械の操作をするだけ。そんなことで一日潰れた。さう思ふと餘計に疲れたと感じるから不思議なものだ。いや、勘違ひをしないで頂きたい。だからと言つて普段の私が仕事中に、ことあるごとによそ見をしたり居眠りをしたり酒を呑んだりしてゐる譯ではない。單調な作業の中で得られるものが少い一日と自身を嘆いてゐるに過ぎない。

2006年12月13日

近況

最終更新
2006-12-13T23:01:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/12b.html#rfc_13_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_12b_13_01

微妙に忙しい。それよりも何よりも、最近睡魔に襲はれる時間が早過ぎる。二十三時を過ぎる頃から目がトロンとしだし、日が變はる頃には布團に入り、貯まつてゐる本を讀まうとするも二十五時くらゐには夢の中。で、朝まで完全に熟睡。寒いからかな。疲れてゐるのかな。いゝえ、きつと起きてゐる理由が最近は少いからに違ひない。

一周年

最終更新
2006-12-13T23:04:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/12b.html#rfc_13_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_12b_13_02

あゝ、さういへば。私が"こゝ"で日記を書き始めて一年が經過した。ハッピバースデー。

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年12月13日