2006年09月中旬

広告

2006年09月20日

更新履歴(RFC和訳 - JSON)

最終更新
2006-09-20T23:01:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09b.html#rfc_20_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09b_20_01

上記二ページを更新。JSON和譯は新規作成。

2006年09月19日

更新履歴(よくある誤用)

最終更新
2006-09-19T21:05:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09b.html#rfc_19_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09b_19_01

日本語文法のよくある誤用を新規作成。よくあるも何もあり過ぎて誰でも知つてゐるレベルの誤用しかないのですが、これから少しづつ私の知識と共に増てゆけば良いな。

無題

最終更新
2006-09-19T23:25:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09b.html#rfc_19_02
時宜
その時・場合にふさわしいこと。また、ちょうどよい時期。/時にかなった挨拶(あいさつ)をすること。
勤行
仏道の実践に努めること。/仏前で経を読み、祈ること。
威儀
挙措動作が礼式にかなっていること。また、礼式にかなった、重々しく威厳のある態度・動作。
意馬心猿
〔仏〕妄念や煩悩が激しく、心の乱れが抑えられないのを、奔馬や野猿が騒ぐのを抑えがたいさまにたとえた語。

引用元:goo辭書

更新履歴(よくある誤用)

最終更新
2006-09-19T24:37:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09b.html#rfc_19_03
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09b_19_03

日本語文法のよくある誤用について真名垣氏からご指摘(無爲徒食日記 二千六年九月十九日 四)を頂いた。私は五段活用動詞の可能表現に"ら"を加へるのは誤りであると機械的に覺えてゐたのだが、なるほど確かにGoogle樣に聞いてみると元來は"走られる"との表現が使はれてゐたとの説明が至るところにあつた。以下引用。

そうして可能動詞の使用が一般に広まるにつれ、逆に本来の可能表現が耳慣れないという理由だけで疑問視されるような風潮も現われてくる。例えば「○○方面へは行かれません」という道路標識を見て「間違いではないか?」と行政に問い合わせるなど。しかし「行かれる」「話される」「泳がれる」などを可能の意味で使うのは、今も“正しい”日本語とされている。

早速修正しました。ご指摘ありがたうございます。

2006年09月18日

雜感(寛容)

最終更新
2006-09-18T11:14:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09b.html#rfc_18_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09b_18_01

私は寛容といふ言葉が大嫌いである。寛容な態度を採らうとする者も同じく。自身が寛容であると宣言をする輩は尚更だ。寛容な態度とは不寛容なものからの要求・主張に對して際限なく譲歩し續ける態度に他ならず、そこに或るのはただの奴隷根性、諦めることに利点を見出すものが辿り着く思考停止の境地だけだ。そのやうな損得勘定が美徳や道義といつた道徳觀念にならう筈がない。ただ斷つておきたいのは、私が寛容を嫌ふのは寛容が損得勘定だからではない。損得勘定を道徳觀念と位置付けて自身の利益を享受しやうとするその態度が嫌ひなのであり、そのやうな輩が嫌いなのである。

無題

最終更新
2006-09-18T14:47:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09b.html#rfc_18_02

雜感(學習)

最終更新
2006-09-18T15:03:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09b.html#rfc_18_03
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09b_18_03

十代の頃に"學ばされた"ことが何も身に付いてゐないことに氣が付く。當り前だ。學ばされたのだから。自分から學ばうとしたのではないのだから身に付かう筈がない。せめて大學入試くらゐはいつ受けても及第出來るくらゐの知識は社會人として最低限身に付けておきたいものだ。勉強は出來たからといつてどうしやうもないが出來なければ更にどうしやうもない。

無題

最終更新
2006-09-18T16:15:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09b.html#rfc_18_04

高校數學を思ひ出すまでお世話になります。

無題

最終更新
2006-09-18T16:23:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09b.html#rfc_18_05
y = α(x - a)^2 + b

上記方程式が表す放物線の頂點坐標は (a,b)。中學校からやり直した方が良いのかな。

無題

最終更新
2006-09-18T16:41:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09b.html#rfc_18_06
定義域
關數 y = f(x) で變數 x のとり得る値の範圍
値域
關數 y = f(x) で變數 x が定義域内の全ての値をとるときの f(x) の値の範圍

さういへばこんな言葉もあつたな。

無題

最終更新
2006-09-18T17:54:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09b.html#rfc_18_07
屈折語
言語の形態的類型による分類の一。語の文中における文法的な役割や関係の差異を、語形の一部を変えて示す言語。主として語尾変化として現れる。インド-ヨーロッパ語族やセム語族の言語の多くがこれに属する。
膠着語
言語の形態的類型による分類の一。実質的な意味をもつ単語あるいは語幹に、文法的な機能をもつ要素が次々と結合することによって、文中における文法的な役割や関係の差異を示す言語。朝鮮語・トルコ語・日本語・フィンランド語など。漆着語。粘着語。付着語。
孤立語
言語の形態的類型による分類の一。単語が文中で使われる時、屈折や膠着(こうちやく)の手続きなしに用いられる言語。文法的な機能は配列の順序によって決まる。中国語・チベット語・タイ語の類。
抱合語
言語の形態的類型による分類の一。文を構成するすべての要素が、動詞を中心にその前後に密接に結合して、あたかも全体で一語のようなまとまりを示す言語。アラスカ-エスキモー語・アメリカ-インディアン諸語・アイヌ語などがその例。集合語。

引用元:goo辭書

雜感(死後の世界2)

最終更新
2006-09-18T21:40:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09b.html#rfc_18_08
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09b_18_08

假にこの時點で私の生が終了し、何らかの續きがあり、その續きの中で私が冷静に何かについて考へることが出來るのであれば、いや早い話が私の意思といふものが死して尚殘るのであれば、平頭通さんが仰られる通りこれ以上ないくらゐの衝撃を受けるでせう。目の前に閻魔樣やらアヌビス神樣やらなにやらがをられた日にはその場でショック死してしまうかもしれません。とまあそのやうな戯言はさておき。在るか如何か判らぬものは在ると思ふはうが現實的であるとのご指摘はおほいに納得出來ました。私は死後の世界――もし在るのであれば――を幸せなものと勝手に想像してゐたのでせう。だから、ないと思ひ込むべきだと自身に言ひ聞かせてゐたのかもしれない。しかしよくよく考へてみれば私の死後が幸せな世界であらうはずがない。いや、幸せであつて欲しいなとの願望はあるがおそらくそれは叶はぬことでせう。閻魔樣やらアヌビス神樣やら何やらが私を裁かれるのであれば尚更、閑話休題。つまり幸せな世界かさうでないのかも判らない、在るかないかも判らない世界であれば、不幸せな現實が待つてゐるとの覺悟は必要でせう。その覺悟が良いものか惡いものか、更には死後の世界を信じるか信じないかを問題にしてゐるのではありません。現實的だと申してゐるのです。

ちなみに私は死後の世界は信じてゐませんが、生れ變はりは信じて止まないロマンチストです。

當サイトの宣傳

最終更新
2006-09-18T21:58:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09b.html#rfc_18_09
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09b_18_09

下記ページがRFC日本語版リストに掲載されてゐた。イヤッホー。

嬉しい反面、正直恥づかしいのだけれどもね。穉拙な英語力と國語力でしかも譯が正當か如何かも自身がないから。いやしかし明日からまたRFC和譯とか始めてしまひさうなお調子者の私を誰かどうにかして下さい。

2006年09月17日

無題

最終更新
2006-09-17T21:39:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09b.html#rfc_17_01

ベガ最強...。

2006年09月16日

雜感(アンテナ改修中)

最終更新
2006-09-16T12:01:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09b.html#rfc_16_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09b_16_01

ameblo.jpに接続した際に必ず處理がタイムアウトとなり、ヘッダ情報もボディも取得できない。ソケットは作成できてゐるので明かにアプリケーションレベルのネゴシエーション部分がおかしいのだらうが何故だらう。他のサーバとはきつちり會話ができてゐるのだがameblo.jpは全く相手をしてくれない。アンテナなんて簡單に作成できるなんて思ひあがつてゐたがなかなかどうして、問題は山積みだ。

雜感(アンテナ)

最終更新
2006-09-16T14:25:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09b.html#rfc_16_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09b_16_02

改行コードをCRLFにしてお話をすると相手をしてくれたといふなんとも言ひ難いオチ。又、ついでに取得したレスポンスのボディ部分から全ての/(\d{4})-(\d{2})-(\d{2})T(\d{2}):(\d{2})/にマッチする文字列を取得し、その中で最も遠い未来、早い話がUNIX時が最も大きい文字列を最終更新日時とする投げやりな機能を追加。おかげでまあ信頼できさうな結果が表示される運びとなりました。これで2037年まではこのアンテナもなんとかなるでせう。

雜感(死後の世界)

最終更新
2006-09-16T23:57:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09b.html#rfc_16_03
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09b_16_03

本日娘を散歩させてゐる道中ですれ違つた年配の女性からビラを渡された。運動か何かの告知かと思ひきや、眞先に私の目の前に飛び込んで來たのが死後の世界は間違いなくありますとの衝撃的な告白。一瞬惡魔の證明が頭に浮ぶもまあ信じるものは救はれるらしいのでそれはそれで良いのかもしれない。私は目の前に映らないものを信じないわけではないが、死後の世界だけは認めたくない。死といふ絶對的な區切りがあるからこそ、人はその生をまつたうしようとする。死後の世界が假にあるにせよないにせよ、絶對的な區切りを直視せず、その先を夢見てゐるやうでは現實が完成しない。死といふイベントを成人式くらゐに考へてゐるやうでは尚更だ。

2006年09月15日

雜感(リンク輯)

最終更新
2006-09-15T20:39:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09b.html#rfc_15_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09b_15_01

アンテナといふ名のリンク輯が完成。前囘作成したものの動作が餘りにも重かつたのでforkを使ひ子プロセスに處理を丸投げ。動作が重いといふ根本的な問題は何も解決してゐないが、閲覽者――概ね私――がストレスを感じることはなくなつたと思ふ。さとみかん樣の劣化コピーなので何とも言ひがたいのだが、まあこれから徐々に思ひ付きを反映できたら良いな。

雜感(アンテナ)

最終更新
2006-09-15T22:54:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09b.html#rfc_15_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09b_15_02

アンテナつてなかなかうまい具合に更新日時を取得してくれないな。いやアンテナが惡いのではなく私の腕が惡いのですがね。取得したHTTPレスポンスのボディ部分を保存しておいて毎囘差分を求めるつてことをやればまあまず間違ひのない結果が得られるのだらうが、そんな藝の無い方法も如何かと思ふし、何よりも巡囘ページが増えれば増える程サーバに掛かる負荷が酷いことになりさうだし。いやしかしRSSファイルくらゐLast-Modifiedフィールドを返せよ。せめて取得したレスポンスのボディの最初に出てくるdc:date要素くらゐ探してみるかな。

2006年09月14日

雜感(自己分析)

最終更新
2006-09-14T20:37:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09b.html#rfc_14_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09b_14_01

當つてゐるやうな違ふやうな微妙な結果。しかし保母(父)、看護婦(士)、宗教家、カウンセラー、ケースワーカー、秘書などの仕事には、全く適性がありませんし、ボランティア活動などにも全く縁が無いでしょうは間違ひなく當つてゐると自己分析をするのであながち間違ひと言ふこともできないのかもしれない。客觀的に見ると私といふ人間はかういふ人間に見られるのかもしれない。まあこればかりは反省のしやうがないな。反省して如何にかなるのであれば性格とは言はないだらうし。

雜感(ハードディスク)

最終更新
2006-09-14T20:47:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09b.html#rfc_14_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09b_14_02

現實逃避氣味に不要なハードディスクを分解した。初めてディスクの實物を観たのだが、鏡よりも綺麗に光を反射するのではないかと思ふくらゐ美しいその表面に驚かされた。ディスクはへたな鏡より鏡としての性能が上なのではなからうか。迷はず机上の手鏡とした。

雜感(リンク輯)

最終更新
2006-09-14T22:06:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09b.html#rfc_14_03
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09b_14_03

以前ご指摘を頂いてゐたリンク輯なのだが、アンテナつて形で提供するのも良いかもしれないと考へ直し始めた。それであれば私の日々の巡囘が樂になるツールと、尚且つ私が興味を示すものを閲覽者の方に紹介するリソースと同時に作成ができる。以前作りかけて放つてあるアンテナのやうなものがあるので、恐らく作成に然程手間もかからないだらう。

2006年09月13日

雜感(Dvorak配列)

最終更新
2006-09-13T22:05:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09b.html#rfc_13_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09b_13_01

私も一時期Dvorak配列を習得したいとの夢を見たことがあつた。しかしvi系エディタはあくまでもQwertyに最適化されてゐるとの思ひ込みからその夢を諦ることとなつた。今にして思へばそのやうな思ひ込みをした原因といふのがhjklのショートカットのみといふまあ勘違ひも甚だしい原因――當時はカーソル移動系コマンドのほとんど(z系や$の割り當てが不滿でもあつた)が右手に輯中してゐることに少くないメリットを見出してゐたのでさうとも言ひきれない――なのだが、ここまで染み付いたものを手放すのは多少なりとも勇氣が要る。入力系だけでなく操作系まで全て覺へ直しといふのがどうもね。いやしかしDvorakには憧るな。

雜感(壁紙)

最終更新
2006-09-13T22:31:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09b.html#rfc_13_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09b_13_02

壁紙つて好きではない、といふより邪魔でしかないんだけど、かういふ壁紙であれば情緒があり良いかななんてことも思ふ。はい、もちろん三十分で飽きることは火を見るよりも明かですが。

2006年09月12日

雜感(悠仁親王殿下)

最終更新
2006-09-12T21:29:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09b.html#rfc_12_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09b_12_01

男女同權なんていふとつて付けたやうな大義名分に踊らされ、意味も判らず女系天皇容認派を名乘る不屆き者を尻目に、何ともまた素晴らしい名前を付けられたことか。女系天皇容認派は自身が何を主張し、その結果何が壊されようとしてゐるのか、更には自身が何に加擔させられてゐるのかを再度勉強し直せ。

無題

最終更新
2006-09-12T23:43:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09b.html#rfc_12_02

2006年09月11日

讀書感想文(日本共産黨)

最終更新
2006-09-11T21:15:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09b.html#rfc_11_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09b_11_01

特に感想はなし。筆坂秀世氏の視線から見た日本共産黨はこのやうな政黨である、ただそれだけ。ただそれだけではあるが、最も日本共産黨に近しい人物の明す日本共産黨の實態であるだけに、少からずの衝撃を受けたのは事實。日本共産黨が日本最左翼政黨であるのは間違ひやうのない事實かもしれないが、最サヨク政黨では無いのかもしれない、そのやうな感想を持つたのも事實。まあ一册の本を讀んだくらゐではねえ。

雜感(英語)

最終更新
2006-09-11T21:48:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09b.html#rfc_11_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09b_11_02

私は英語を話せるやうになりたい。いやせめて日本語を英語で記述できるやうになりたいのだ。いやもうせめて英語で何を書かれてゐるのかスラスラと讀むことができるレベルにはせめてせめてなりたいのだ。なりたいのであればがんばれ七鍵。日本語も漢字もまだまだ人並みに使ひこなすことができてゐないけれども、それでもがんばれ七鍵。で、まず手始めに何をしたら良いのだらう。日記を英語で書いてみるか。はい、無理無理。無理なことは言はない。そこまでに至るまでに一體私は何をすればよろしいのでせう。難しいな。そもそも一度だけ受けたTOEIC――綴りはこれであつ(略――の點數は二百(略。

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年09月11日