2006年09月上旬

広告

2006年09月10日

讀書感想文(日本の漢字)

最終更新
2006-09-10T07:19:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09a.html#rfc_10_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09a_10_01

日本において漢字がどのやうな發展を遂げてきたのかを幅廣い例で解説する書。日本の漢字は意味・用法・字畫を柔軟に變化させることによつて、より日本語に沿ふものへ進化してきたと當書は繰り返してゐる。しかし私自身を含めて、現在の日本の體制は漢字を手書きする機會が減る一方だ。新たな漢字を獨自に開發し、それが世間に廣まるといふことも皆無だらう。さう考へると、漢字がこれ以上進化することはもうほとんどあり得ないことなのかもしれない。しかし漢字に留まらず、例へば顔文字。(^-^;のやうなものは着々と進化し、更には定着もしつつある。それが良いことか惡いことかは私には判らないが、日本人のスタンスは昔から何も變はつてないのだらうなとそんなことを思ひつつもある。

讀書感想文(企畫書は一行)

最終更新
2006-09-10T08:44:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09a.html#rfc_10_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09a_10_02

當書の要點は全て「はじめに」に込められてをり、後は有名人逹の成功事例が延々と續くなんともいたたまれぬ一册ではあるが、結局企畫を通すのは企畫書ではなく企畫をする本人の人間性とその企畫への熱意だといふことを暗に傳へたいのではなからうかと、そんなことを思つた。それらの下地が完成してゐるとの前提のもと、企畫書は一行の方が好ましいと言はれてゐるやうな錯覺なのかどうなのか、そのやうな状態に陷るのでなんともいたたまれない氣持ちになるのだらう。

讀書感想文(社會調査の嘘)

最終更新
2006-09-10T10:37:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09a.html#rfc_10_03
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09a_10_03

新聞やテレビなどで出されてゐる調査結果と名の付く數字が本當に信頼できるものなのかどうか、改めて考へさせられる一册。例として擧げてゐる「ウソ」もしくは「方法を間違へた」調査結果をほぼ全て實名で指摘してゐる部分も興味深い。いや、實名かどうかが興味深いのではない。どの名前も見た事のある有名な名前ばかりであり、何らかでその調査結果目にした記憶すらある。例として以下を引用する。

暴力TV、子供に影響/なぐる・ける…と相関/小中学生を総務庁調査。テレビ番組で暴力シーンを見ることが多い子供ほど暴力行為や、万引き、喫煙など非行・問題行動に走りやすいことが、総務庁の調査結果で明かになった。(後略)

いつも不思議に思うのだが、このような調査を計画し、勝手な結論を出しては新聞社などのマスコミに流す人間というのは、いったい何を考えているのだろう。特定の意思(悪意)があってのことなのか、それとも単に頭が悪いだけなのか。ただ「相関があった」と言えば済むところを、「○○が××に影響」などと証明もできていないことを発表するのは、総務庁が調査に詳しい人間を何人も抱えていることを勘案すると、何らかの目的を持って民衆を騙すためではないかとも思われてくる。

このやうに單純な言葉のあやによるバイアスから、意圖的にバイアスが出るような母輯團への調査、結果にバイアスが見られるやうな提示方法など、樣々な「ウソ」とその見破り方が多くの實例とともに紹介されてゐるので非常に解り易い。

2006年09月09日

無題

最終更新
2006-09-09T11:54:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09a.html#rfc_09_01

今日の意味不明語句。

讀書感想文(上司は思ひ付きでものを言ふ)

最終更新
2006-09-09T14:46:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09a.html#rfc_09_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09a_09_02

最後の方は話が大きくなり過ぎてぐだぐだ感が否めなかつたが、序盤・終盤は文句なく讀んでゐて樂しかつた。どうすれば思ひ付きでものを言ふ上司を止められるかなんて「答へ」も當書の中では提示されてゐるのだが、それは實踐する氣にもなれない正に「思ひ付き」といふなんとも面白いオチがなんとも云々。なぜ思ひ付きで話さなければならないのかとの著者なりの見解も出されてゐるので、部下を持つ上司にこそ讀んで欲しい一册だと思つた。

ああ、さうさう。感想文を書いてゐてリアルタイムに思ひ出したが、私はつい最近當書に激しく贊同し得る體驗をしたばかりだつたのだ。私の主張とは懸け離れた無關係な點に"突込み"を入れ、さも自身の優位性をアピールしたかのやうに見せかけるアレな件。突込み處を修正しようとすると更に意味の判らぬ優位性のアピールが提出される更にアレな件。當書で描かれる無能な上司――當書では有能な上司と無能な部下の組み合はせはあり得ないとも書かれてゐた。その通りだと思ふ。――と思考囘路は同じなのだらうな。閑話休題

少からずの「答へ」は書かれてゐるのだがそれはあくまで著者の見解とし、書の中の豐富な例と分析のヒントを元に自分なりの答へを見つけるためのハウ・ツー本と理解すれば、更に樂しめること間違ひないと思ふ。

讀書感想文(女はなぜ突然怒り出すのか)

最終更新
2006-09-09T16:43:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09a.html#rfc_09_03
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09a_09_03

男と女は異生物なのだからコミュニケーションしなければわからないを主題とした女性の著者から男性の讀者へ向けた當書。まあ早い話が「女性とはかういふ生物なのだから男性諸君はそれをしつかりと胸に刻み、女性が喜ぶやうに對應しなさい」との本。更に言ふなれば「私はかういふ生物だから…」云々。こんな本を讀んだくらゐで女性の機嫌がとれるやうになるのであれば苦勞はないのだがね。まあ女性全體像を捉へた一般論として話のネタにする程度には使へるのではないかな。あ、勿論男同士のくだらない現實逃避的な愚痴の中だけの話ね。

2006年09月08日

雜感(滿月)

最終更新
2006-09-08T23:42:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09a.html#rfc_08_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09a_08_01

月の美しい夜は酒が美味い。私は今まで幾つの滿月を見上げたのだらう。私はこの先幾つの滿月を見上げることになるのだらう。それらの中で特別な滿月は一體幾つあるのだらう。そのやうなことを想ひながら飮む酒はまた格別だ。

2006年09月07日

雜感(國旗)

最終更新
2006-09-07T21:38:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09a.html#rfc_07_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09a_07_01

今朝は空模樣が餘りにも重々しく、雨粒が今すぐに落ちてきさうだといふわけでもなかつたのだが雨具の類を何も持ち合はせてゐなかつたので、普段は近寄りもしない商店街を通勤の路に使つた。高松市の商店街には日本一長いといはれるアーケードがあり、もしもの際にずぶ濡れとならなくてすむだらうとそんな考へからなのだが、その見上げたアーケードのいたるところに日の丸が掲げられてゐた。最初は意味も解らず、今日はもしかして祝日なのか、この商店街は年中日の丸を掲げてゐるのかなど、そのやうなことを考へながら自國の象徴ともいへる國旗をただ眺めてゐたのだが、しばらくの後にその疑問も氷解。日の丸を見るのも嫌だと自身の感情を權利と履き違へて他にまで押し付けやうとする頭の弱い輩もごく稀にではあるがここ日本には生息する。しかし多くの國民は當り前に日の丸を掲げて慶びの意を表さうとするのだ。秋篠宮ご夫妻にはただただ感謝をするとともに、この國もまだまだ捨てたものではないなとそんなことを思ふ朝だつた。

2006年09月06日

雜感(健康診斷)

最終更新
2006-09-06T21:23:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09a.html#rfc_06_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09a_06_01

明日健康診斷があるので飮酒を控へてゐるのだが、アルコールを一滴も口にしないといふのはなんとも落ち着かないものである。いや、だつて何だか妙な結果が出た際に、「前日の晩、酒を飮んでゐたしな」なんて言ひ訳を始める自分が目に浮かぶから。

今日の日本語

最終更新
2006-09-06T22:08:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09a.html#rfc_06_02

本日(第二囘)解らなかつた語句。

2006年09月05日

雜感(漢字)

最終更新
2006-09-05T23:43:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09a.html#rfc_05_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09a_05_01

漢字檢定二級の學習書を贖入、早速第一囘に挑戰した。まあ結果が酷いものであることは前以て豫測できてゐたのでさほど驚きもしなかつたが、意味が解らない語句が結構あつたことには正直ショックを受けた。いや、これが現實と受け止めるしかないのだが。ちなみに意味が解らなかつた單語は以下。少しづつ覺へよう。

ゲーム(逆転裁判)

最終更新
2006-09-05T24:45:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09a.html#rfc_05_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09a_05_02

クリアにかなり時間がかかつた。裁判つて本當にこんなことやつてゐるのかな。まああまり關りたくない世界ではあるが。

2006年09月04日

無題

最終更新
2006-09-04T26:18:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09a.html#rfc_04_01

時間が二十四時間を通り過ぎてゐることはさておき、いくらなんでもそろそろ寢なきやね。眠れないとは言ひつつも、毎日晝間はしつかりと眠たいですから。

2006年09月03日

有意義な週末の過ごし方

最終更新
2006-09-03T17:59:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09a.html#rfc_03_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09a_03_01

この週末は有意義に過ごさうと考へるも特に何も思ひ付かず、せめて部屋の掃除と模樣變へをしようと決起した。いやそもそも私は要らない物を持ち過ぎなんだよ。壊れたコンポ二つ、音が割れるベーアン一つ、何が入つてゐるか判らないCDやらビデオやらMDやらと二度と讀むことのない雜誌が本當に多數、その他諸々を片付けただけで有效に使へる部屋のスペースが二、三倍になつたのだから我ながら驚きだ。しかしどんなに邪魔だと解つてゐても樂器の類は捨てられないな。タムやスネアや壊れたペダルに始まり、ネックの折れたベースやらギターやら。これらが片付けば更に部屋が広くなるのだが。部品取りのためになんて頭をよぎるともう捨てられない。まあしかしとりあへずは有意義な週末だつたのではなからうか。未讀の本がなぜか十八册に増えてゐるけれども氣にしない。

Master Of Pappets

最終更新
2006-09-03T18:23:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09a.html#rfc_03_02

掃除をしてゐてMetallicaのMaster Of Pappetsを發見した。久し振りに聽いたといふのもありなんとも感慨深いものがあつた。

讀書感想文(空想科学読本5)

最終更新
2006-09-03T20:50:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09a.html#rfc_03_03
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09a_03_03

空想科学読本5を讀んだ。物理の學習のかたはら一作目を讀み、著者の言ひ囘しの虜となり同シリーズを買ひ續け、氣が付けばもう五册目十年が過ぎてゐようとは、なんとも時が經つのは早いものである。しかし時が經てども柳田節は變はることなく、今囘も樂しいひと時を過ごさせて頂いた。物理やら化學やらへ多少なりとも興味をお持ちの方にはお奨めの一册。まあ同著にて出現する數の算出方法が即坐に浮かぶやうでなければ物理やら化學やらへの道に興味を持つとは言ひ難いのだが。

無題

最終更新
2006-09-03T22:34:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09a.html#rfc_03_04

うわあ、メタルマスターのドラムがこんなに樂しかつたなんて知らなかつたよ。メタリカつてベースではかなりやつたけれどさういへば本職であるはずのドラムで觸れたことつてなかつたな。いやいやこんなにドラム心をくすぐる曲だつたなんて、今までかなり損をしてゐた氣分だ。

2006年09月02日

更新履歴(全てのページ)

最終更新
2006-09-02T10:19:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09a.html#rfc_02_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09a_02_01

全ページのGoogle Analyticsタグを<head></head>内から</body>直前に移動させた。完成してゐないページにはリンクがはられてゐないだらうとの都合の良い想定のもと、半自動的にサーバに上げるファイルを選別したので思ひの他早く作業が終つた。ただし本當に思ひ通りの結果となつてゐるかどうか不安もかなり殘る。まあ問題があれば順次修正していかう。

無題

最終更新
2006-09-02T18:34:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09a.html#rfc_02_02

いや確かにうまいけどね。ジミヘンやメタリカがこの方より劣る部分があるとはたうてい思へない。しかしこの方がステージで演奏してゐるところは聽きたいな。

同曲ならhttp://www.youtube.com/watch?v=HX8-wh3-jiM&NRの方の演奏の方が好きだな。技術は如何かと思ふが演奏に味がある。

雜感(教育)

最終更新
2006-09-02T19:02:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09a.html#rfc_02_03
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09a_02_03

抗議する保護者も保護者だが、それを眞に受ける都留市教委もどうかと思ふ。都留市教委には何が不適切だつたのかをしつかりと説明して頂きたい。しかし、家庭で本來教へるはずのしつけまで押し付けられ、更にはしつけの仕方まであれこれ指圖される學校の先生つて本當に大變な職業だと思ふな。

無題

最終更新
2006-09-04T19:24:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09a.html#rfc_02_04

部屋の蛍光灯が切れかかつてゐるのにまた買つてくるのを忘れた。チカチカして頭が痛くなる。もう寢ろといふことだらうか。

雜感(Trilogy)

最終更新
2006-09-02T20:52:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09a.html#rfc_02_05
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09a_02_05

樣々な方のCanon Rockを聽いてゐるとなぜかYngwieのTrilogyが聽きたくなりYouTubeで検索。上記が見つかつたのだが、オーケストラバージョンなんてあつたのね。いえ、どう聽いても可笑しいですから。あの頭が惡いシャッフルドラムがバックで流れてゐないとちよつとね。

2006年09月01日

雜感(Google Analytics)

最終更新
2006-09-01T21:31:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09a.html#rfc_01_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09a_01_01

いつの間に<head></head>内ではなくなつたのだらう、と不思議に思ひ調べてみると。去年末には少くとも變更となつてゐたらしい。新しいルールでは</body>直前に例の記述をするのだつてさ。全ページ修正するのつてかなり面倒だな。いやね、置換はあつと言ふ間なんだけど、サーバに上げて良いページと惡いページの判別がどうにも。作りかけで纏めもせずに放つてあるページを巧く除いてサーバにPUTできるツールつてないだらうか。はい、私といふツール以外にはそのやうな作業無理です。二千ページオーバーか。氣が遠くなるな。

私事

最終更新
2006-09-01T22:39:00+09:00
この記事のURI參照
http://www.7key.jp/diary/2006/09a.html#rfc_01_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_09a_01_02

急遽仕事がキャンセルとなり、明日丸一日の豫定がなくなつた。せつかく浮いた一日なのだから何か有意義だつたと感じる一日にしたいのだがさてさて。土日に獨り寂しく四国八十八箇處巡りなんて案をつい今しがた思ひ付いたのだが、無謀だらうか。土日のたつた二日間で終るのか。距離にすれば大したことないのだらうがどうせ巡るのならお札も頂きたいしな。あ、さうさう。死国なんてあほ映畫のせいで八十八箇處の逆巡りは不吉なものつてイメージが定着してゐるやうだが全くそのやうなことはない。逆巡りの方が巡り難いらしく、逆巡りは三囘順巡りをしたのと同じくらゐのご利益があるらしい。いや、この土日では巡らないけどいつか巡りたいな( ̄▽ ̄人)

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年09月01日