2006年07月下旬

広告

2006年07月30日

雜感(海)

最終更新
2006-07-30T22:43:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/07c.html#rfc_30_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_07c_30_01

私は、海では泳ぐよりもはしやぐよりも何よりもぼんやりと波を観、波の音を聴いてゐるのが好きなのだが、夏場はどこの海へ行かうとも私の慾望は滿たされない。ジェットスキーといふのか何といふのか、あの五月蝿い乗り物、見ても聞いても邪魔以外なにものでもない。もうなんだ。あの乗り物專用の無人島でも作つてそこだけで乗り囘してくれよ。本日は海水浴場へ行き、餘りの風情の無さに興醒めをしたものでついそのやうな危險な思想を持つてしまつた。いや、"つい"ではないが。

2006年07月28日

更新履歴(六曜他)

最終更新
2006-07-28T21:13:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/07c.html#rfc_28_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_07c_28_01

ノーコメント。

Vim(タイプカウンター)

最終更新
2006-07-28T21:28:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/07c.html#rfc_28_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_07c_28_02

タイプ數カウンタイメージ

イメージ圖

某所で話題のタイプカウンター。想像通りの結果といふかなんといふか。vim使ひの典型的な打鍵だと思ふ。意外とfEscの打鍵が少ないのだなと思つたくらゐ。記號も含めたタイプ數カウンタを希望。$やら.やらは間違ひなく多さう。

ちなみに私は何をするにもviだ。Webページ等ドキュメントの作成、電子メールの記述、プログラム開發、日記作成などなど。vi以上に理に適ひ尚且つ效率的なテキスト入力環境は存在し得ない。私はさう信じて疑はないものの一人である。

雜感(vi)

最終更新
2006-07-28T22:16:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/07c.html#rfc_28_03
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_07c_28_03

なぜvi系テキストエディタが效率的なのか。言はずもがなマウスに一切觸れる必要がないからである。他のテキストエディタが可能なこと全てキーボードを介したコマンドだけで行ふことができる。これ以上文字を入力する際に理に適ふ機能はあり得ない。そればかりではなく、他のテキストエディタにはなくvi系ならではの機能が山のやうにある。それが全てキーボード操作だけで實現可能である。確かに慣れるまでは戸惑ふことが多いかもしれないが、目に見えてテキスト編輯能力が上達する樣は我ながら見てゐて樂しい。

雜感(氣紛れ)

最終更新
2006-07-28T22:16:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/07c.html#rfc_28_04
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_07c_28_04

某所で見かけたバトンな類。氣紛れに囘答してみる。

回す10人を先に書いておく。
いや、だから囘しませんから。
結婚するならどんな人がいい?
結婚といふ制度を理解できればそこに求める理想は何もありません。
結婚生活でパートナーにこれだけは守ってほしいことは?
何もありません。
愛って何?
感謝。
強いて言うならどっちがいい?亭主関白?カカア天下??
強いていふ意味が解りません。二元論では何も見出せない現實に目を向けるべきです。
好きな異性のタイプは?
目が綺麗な女性。目は口以上にものを言ふものです。
パートナーが両親を引き取って面倒を見たいという。しかし明らかに自分とは合わない。どうする?
假程に無理があります。パートナーを産み育ててくれた方に對して自身と合ふ合はないなどと想像を巡らす意味が解りません。如何するも何も自身の理を貫くのみです。それのみがパートナーを産み育ててくれた方に對する最大限の感謝の意となることでせう。
自分の両親を引き取って面倒を見なければならないのだが、あなたのパートナーは自分の両親とは明らかに合わない。どうする?
私のパートナーと爲り得る方がそのやうな状況に陷る現實はあり得ません。想像を巡らせるだけ無駄なことです。
パートナーとあなたの母親が言い合いになっています。どうする?
人として生きてゐる以上、言ひ合ひとなる状況など珍しくもありません。逆に言ひ合ひとならない人間關係の方が心配です。言ひ合ひ大いに結構。このやうな質問を恥づかしげもなくなしてゐる貴方の感性がとても心配です。
プロポーズするとしたら何て言う?
言葉など必要ありません。そもそもプロポーズつて何ですか。結婚といふ惡しき宗教に入信する貴方の想像力のなさにはもうどこまでも感服致します。貴方の狭い宇宙の中では人を好きになることにそのやうな儀式が必要なのでせうか。その當りを是非お聞かせ願ひたいものです。
あなたが愛する人へ一言!
だから言葉が何故必要なのでせう。私を見て下さい。それだけです。
回す10人の他己紹介を簡単にお願いします。
バトンといふものも惡しき宗教の一つであらう。何が囘す十人だ。あほか。

言ふまでもありませんがとの前置きのもと。某所の方に意見するつもりは更更ありません。飽くまでも當バトンを作つたものに對する雜感と理解頂ければ幸いです。

2006年07月27日

更新履歴(七夕他)

最終更新
2006-07-27T21:02:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/07c.html#rfc_27_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_07c_27_01

上記ページを新規作成した。七夕とは意外と知つてゐるやうで知らないものだといふことがよく判つた。NTPとは違ひ七夕は文獻の寶庫であつたから、もつと調べようと思へばまだまだ調べられる。まあ順次加筆といふことで。

ドラム(自己分析)

最終更新
2006-07-27T21:56:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/07c.html#rfc_27_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_07c_27_02

元ネタは某所某方。

過度な感情移入
曲に對する感情移入といふよりは、プレイ時點での感情をどれだけその曲に込められるかなんてことに神經を使つてゐたやうな氣がします。その時が正にプレイ中の曲のやうな心境であれば、バラードであれなんであれ鬼のやうな音數、勝手なリズムチェンジ、極端なまでの音の大小などなど。それはもう誰も私をドラムに起用してくれないのも解る氣がするあたりが反省點。
のっぺらぼう
氣分が乗らない時はのつぺらばう。酷いときはおかずなし、クラッシュなし。はい、反省してゐます。
大量の汗
全曲170オーバーなんてライブが多かつたので、それはもう汗まみれ。夏場の煉習など何囘脱水症状になつたことか。
左右のスティック違います
完全に同じです。晩年はVic FIRTHのAMERICAN CLASSIC 5Aをもちろん左右ともに使つてゐました。ヒッコリーじゃなきゃダメなのよ。とか言ひつつ、その前に使つてゐたのはAHEADのLARSモデル。絶対に折れないなんて謳い文句のはずなのに頻繁に折れるので5Aに戻つてきました。
スネアのヘッド
裏表ともにヘッド――打面にはCS PINSTRIPEを、裏面にはノーマルなものを――をカンカンに張つてゐました。裏にまでヘッドを張ることによつて高いながらも圖太い音が出て、尚且つリムショットを多樣してゐたものですから微妙な音ぶれも抑へられる。そのなんとも言ひ難い味が大好きです。
バックビートがややもたります
前のめりは大好きなのですが故意にもたる感覺は苦手です。
αβοοη..._〆(゚▽゚*)
あぼーん?なんなのでせうか。
歌につられる
歌を聴きながら叩くことはほとんどなかつたやうな氣がします。觀客の意味が解らない歌聲には再再釣られてゐましたが。

2006年07月26日

私事(更新豫告)

最終更新
2006-07-26T21:50:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/07c.html#rfc_26_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_07c_26_01

更新もしてゐないページの豫告をするのもなんなのだが、とある端末にNTPの設定を行ふ機會があつたので、ルーティング關係――IGRPを作成途中なのだが――を一時休止してNTP3だとかSNTP關聯のまとめに着手した。しかしNTP關聯はWWW上での情報が少い。だからこそまとめがひもあらうかといふものなのだが、足りない知識をWWWでカバーできないのは痛い。

2006年07月25日

更新履歴(画面左上端に隙間なく画像を表示させる方法)

最終更新
2006-07-25T21:55:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/07c.html#rfc_25_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_07c_25_01

画面左上端に隙間なく画像を表示させる方法を更新。リクエスト何でもかかつてこい( ̄^ ̄*)

2006年07月24日

更新履歴(色)

最終更新
2006-07-24T21:24:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/07c.html#rfc_24_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_07c_24_01

名前の付いてゐる色一覽などといふページを作成。英語で名前の付いてゐる色と日本語で名前の付いてゐる色とを比べてみるのもおもしろい。

雜感(過ち)

最終更新
2006-07-24T22:01:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/07c.html#rfc_24_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_07c_24_02

「あの子の親と仲が悪いから、今すぐうちの子を別のクラスに移して」「うちの子がけがをして学校を休む間、けがをさせた子も休ませろ」…。保護者が教師に無理難題を言うケースが各地で急増している。教師が頭を悩ますこうした「理不尽な親たち」について、大阪大の小野田正利教授(人間科学、教育制度学)は、文部科学省の科学研究補助金を受けて教育関係者や弁護士、精神科医らによる「学校保護者関係研究会」を発足させ、原因究明と対策に乗り出した。(池田証志)

子供がゐる歳にもなつてまだ、學習が足らぬのか腦が足らぬのか經驗が足らぬのか。どちらにせよ畫一的に判斷することが難しいだけに、現場でクレーム對策にあたられてゐる先生方には頭が下がる。といふ前提のもと。先生方に限らず、たてつかない弱者をいじめる“言った者勝ち”の傾向が社会に蔓延(まんえん)している更なる原因は、できぬことをできぬと言へない意思の薄弱な者達が社會に蔓延してゐることが原因ではなからうか。もちろんここでいふ意思とは、自身の信念に對する意思である。自身の信念と同じ方嚮(ほうこう)のベクトルであるならば、あの子の親と仲が悪いから、今すぐうちの子を別のクラスに移してとの要求にも自身を持つて應へればよからう。そのことを責める者がゐれば自身の信念を説明し、結果自身の過ちに氣がついたのであれば改めれば良い。ただそれだけのことなのだ。薄弱な意思をお持ちの方方は自身をどれだけ過大評價なされてゐるのか判らないし判りたくもないが、先生といへども公務員といへどもリーマンといへども總理大臣といへども過ちはおかすものである。過ちをおかさぬことではなく、過ちを繰り返さぬことに心血を注がれては如何であらうか。

2006年07月23日

雜感(感傷)

最終更新
2006-07-23T19:37:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/07c.html#rfc_23_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_07c_23_01

Blogに日日の雜感を記すことを止め、當サイトにてそれを記し始めて既に半年が經過したのだな。長いやうで短いやうで、思へばその半年の間に樣樣なことがあつた。そのやうなことを囘想しつつ自身で自身の記した駄文を讀むといふのもまた樂しいものだ。少し振り返りまた進みだす、それもまた樂しいものだ。

2006年07月22日

雜感(天秤)

最終更新
2006-07-22T20:23:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/07c.html#rfc_22_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_07c_22_01

私が當日記にて再再持ちだしてゐる天秤はあくまでも相對主義的な考へ方であり、何かと何かを比べた場合にどちらへ傾くのかを論理的に予想してゐるにすぎない。この際比べる對象は何であらうと構わない。例へば仕事と家族、お金と時間、主張と道徳など。比べるに値しないものでも比べられる劃期的な思考技術である。だから過ちに氣がつかない。相對的に何かと何かを比べて何になるといふのだ。あほか。重要なのは相對的なものの見方ではない。先ずは積極的な理想を持ち、それを絶對的な理想――倫理と置き換へてもよい――にまで陞華させるその過程である。一見、同じやうな論理囘路を構成しさうなものであるが實はさうではない。相對的に比べるといふ行爲はあくまでもあたへられた選擇肢の中から進む方向を決めてゐるだけであり、例へるなら右に進むか左に進むかを交叉點にでくはすたびに惱んでゐるにすぎない。いはば迷走状態である。これでは理想などあつたものではない。進むべき方向を知らないのだから當然だ。ではなぜ理想がないとまづいのか。理想がなく場當たり的に進む方向を決めるといふことは、安易な方向に流され易い。その場その場の偏つた思考でものごとを判断しようとする。擧句の果てに理想と現實まで天秤にかけようとする。これではなにがなにやら意味が解らない。相對論または相對主義ではなにも見出せない。

2006年07月21日

更新履歴(十五夜他)

最終更新
2006-07-21T00:40:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/07c.html#rfc_21_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_07c_21_01

上記二ページを新規作成をした。日を追ふにつれて當サイトの方向性が解らなくなつてゐる。いはば迷走状態なのだが、管理者が興味を持つものに統一性がないのだからそれはそれでしかたがないことなのかもしれない。

雜感(電車)

最終更新
2006-07-21T21:41:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/07c.html#rfc_21_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_07c_21_02

仕事からの家路で乗つた電車にて。エアコンと扇風機を同時がマルチタスクといふかなんといふか。同時に私の身體を冷やしてくれた。凍死させるつもりか。

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年07月21日