2006年06月下旬

広告

2006年06月29日

雜感(税)

最終更新
2006-06-29T00:40:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/06c.html#rfc_29_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_06c_29_01

來る七月一日から煙草の料金が値上りする。煙草は嗜好品であり生きてゐく上で不要なものである。だから税金の値上りは至極當然のものであると考へる。しかし待て。嗜好品は煙草だけではない。ブランド品、整形手術、美容院、酒、ゲーム機、全て生きてゐく上で不要といへば不要ではないか。何故煙草ばかりが増税の對象となるのか。意味が解らない。煙草を増税の對象とするのであれば全ての嗜好品に對して増税せよ。消費税100パーセントでも良いくらゐである。

雜感(晩酌)

最終更新
2006-06-29T22:50:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/06c.html#rfc_29_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_06c_29_02

最近毎晩の晩飯が晩酌だ。かうして先人達はアルコール中毒になつてゐつたのだらうか。いや、もう本當に控へます。このままでは先日買つた書籍を讀むことができません。

雜感(B'z)

最終更新
2006-06-29T23:33:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/06c.html#rfc_29_03
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_06c_29_03

私はB'zが大好きだ。ヘビメタに嵌り邦樂をほとんど聴かなくなつてもB'zは好きだ。いや、私はB'zもヘビメタだと思つてゐる。AerosmithVan Halenが私にとつてさうであるやうに。前置きはさておき。とある方――いつぞやは青山純モデルのスティックを頂きありがたうございます。未だに大切にしてをります――からB'zのニューアルバムが出たことをお聞きした。最近めつきりレコードショップに足を運ぶことが減つた私にとつてこのやうな情報は非常にありがたい。早速明日にでもレコードショップに足を運んでみよう。

2006年06月28日

雜感(月)

最終更新
2006-06-28T22:24:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/06c.html#rfc_28_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_06c_28_01

月の何処が美しいのか分らない。確かに「見てくれ」は美しい。月は表面上の美しさを持っている。真暗な空の中で一際強く輝く美しさである。だが、それは月の放つ月自身の美しさではない。自ら光を放つ太陽の美しさを借りたものだ。月は自らの力で輝く事は出来ない。

月は例へ自身で輝かなくとも美しい。といふより自信で輝いてゐるかどうかなど私は興味がない。いつもそばにゐてくれて樣樣な表情をみせてくれる、そんな月が私は好きだ。

真名垣氏はどこから引用されたのだらう。

雜感(紅)

最終更新
2006-06-28T22:40:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/06c.html#rfc_28_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_06c_28_02

十年ぶりくらゐにXの紅を叩いた。肝腎のドラムソロを忘れてゐて少少萎えたが意外と叩けるものだ。YOSHIKIのドラムを褒める方は少ないが、紅やSilent Jealousyは純粋に樂しい樂曲だ。

雜感(バトン)

最終更新
2006-06-28T23:06:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/06c.html#rfc_28_03
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_06c_28_03

バトンといふものが昨今のWWWでは流行のやうだ。如何でも良い質問に答へ、更に次にその如何でも良い質問に囘答を行はなければならない犠牲者を強制的に指名する、いはゆるチェーンメールの類である。不幸の手紙と讀み代へて頂いてもよい。如何でもよい質問と如何でもよい囘答ではあるが、他人に迷惑をかけないのであれば好きにしてくれてよい。囘答をしてゐる本人以外誰も興味を持たない代物ではあるが、糞コンテンツもWWWの華である。が、次に囘答をする義務を他人に負はせるのは如何なものか。本當に仲が良いのか仲の良いふりなのか、どちらにせよ"仲が良い"ものからさも當たり前のやうにバトンを投げ付けられれば答へないわけにはいかない。斯くして糞コンテンツが鼠算式に増へるといふわけである。投げ付けられたものが本當に樂しんでそのバトンとやらに參加してゐると信じて止まないものは本當におめでたいが、そろそろ他人とWWWに及ぼしてゐる害について真剣に考へるべきである。ちなみにチェーンメールについてはRFC1855にて次のやうに勧告されてゐる。

    - Never send chain letters via electronic mail.  Chain letters
      are forbidden on the Internet.  Your network privileges
      will be revoked.  Notify your local system administrator
      if your ever receive one.

電子メールでチェーンメールを送つてはならない。チェーンメールはインターネット上で禁止されてゐるので、チェーンメールに関はればネットワークの利用権を無効にされる可能性もある。チェーンメールを受け取つた際は、所属のシステム管理者に届け出なければならない。

RFC1855が今の現在に勧告されたものであるならば、チェーンメールに加へてバトンについても觸れられてゐたに違ひない。まさかこのやうにくだらないものが流行するとは、非凡なる才を持つ先人達でも想像の外だつたのであらう。

2006年06月26日

雜感(mixi)

最終更新
2006-06-26T23:45:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/06c.html#rfc_26_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_06c_26_01

mixiはとても素晴らしいコンテンツだと思ふが、それでもWWWの本質と特長に反したものであることは間違ひない。WWWはあくまでもサザンクロスシティであり、モヒカン族の跋扈する世界であるべきだ。これは私が言ふまでもない事實である。モヒカン族なくしてはWWWの撥展はあり得ないしWWWの存在意義もなくなるであらう。しかし考へてもみろ。モヒカン族だけでは世界は成り立たない。サザンクロスシティには村人も必要であり、村人の暮らすムラ社会も必要なのだ。言はずもがなmixiはムラ社会である。水が湧けばすぐにモヒカン族に襲撃されるし、いつまで待つてもケンシロウやラオウは現れないが、いづれ淘汰されるのはモヒカン族なのだらう。それが事實であることも現在のWWWを見ればある程度予想――こちらは飽くまでも予想でしかないが――はできる。といふことは、今後WWWの撥展は見込まれず、WWWの存在意義も薄くなつてしまうのだらうか。それは悲しいな。私の埒の明かない想像であればよいのだが。

雜感(韓國)

最終更新
2006-06-26T23:59:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/06c.html#rfc_26_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_06c_26_02

少なくともFIFAに「韓国は情報技術(IT)の強国」との事実を知らせることには成功したもようだ。

韓國全體がきつとムラ社会なのだらうな。

情報技術の強國ですか、さうですか。印度人もびつくりである。

2006年06月24日

雜感(試驗)

最終更新
2006-06-24T18:10:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/06c.html#rfc_24_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_06c_24_01

私はなにかを學習することが好きである。自身が觸れたことのない知識を腦内に追加することによつて新たに見えてくる世界といふものは格別だ。だから私は学習に費やす手間や時間等を惜しまない。ただし、試驗勉強ははなしが別だ。試驗勉強は既に答への決められてゐる問ひに對して、いかに效率よく解答を行ふかをただただ練習するだけの行爲であり、新たな世界などといつた氣のきいたものは先に見えてこない。もつと解り易くいへば、試驗勉強とは出される問ひかけを予想するだけの行爲だ。そのやうな行爲は學習とは呼べないし、學習を妨げる行爲以外のなにものでもない。

月曜日に試驗がある者の現實逃避日記。

雜感(ダブルスタンダード)

最終更新
2006-06-24T21:12:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/06c.html#rfc_24_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_06c_24_02

ネタだらうか。

2006年06月23日

雜感(國の借金)

最終更新
2006-06-23T21:04:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/06c.html#rfc_23_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_06c_23_01

なにをどうしたらこのやうな状況になるのだらう。國民一人あたり650万円といふことは、わが家の借金は2600万円。それでも危機感も持たず他國の支援をするのだから本當に日本人はおひとよしなのだとおもふ。しかし、このやうな状況を作り上げた政治家もその政治家を選んだ國民も、それでも危機感を持たない政治家もその政治家を選んだ國民も、もう雙方どうしようもないほど手のほどこしようがないのは事實だが、唯一無實で唯一被害者となつてしまうのは子供たちだらう。親の作つた借金をいつの間にか背負わされ、その上で言はれる言葉は「最近の若い者は云云」、「わしが若い頃は云云」との誹謗中傷。そして氣がつけば、借金ばかりかその元兇でもある手のほどこしようがない手合ひどもの世話まで押し付けられる。いやもう頑張れ、おひとよしな日本人。

2006年06月22日

音樂(パラディドル3)

最終更新
2006-06-22T00:33:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/06c.html#rfc_22_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_06c_22_01

なぜ左手の二發目の握りがあまいと解つてゐながらもシャッフルを刻む際はRLLとしてゐるのだらう。右手のダブルストロークは自分で言ふのもなんなのだが氣持ちのよいくらゐ完璧な味を醸し出してゐる。ならばRRLだらう。

音樂(ドラム)

最終更新
2006-06-22T00:51:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/06c.html#rfc_22_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_06c_22_02

ああ、おもいつきりリムショットをしばきたい。おもいつきりチャイナをしばきたい。おもいつきりスプラッシュをしばきたい。おもいつきりツーバスをかき鳴らしたい。ドラムは不便な樂器だ。本氣でエレキドラムの贖入を檢討しよう。

雜感(如何ともし難い男)

最終更新
2006-06-22T01:14:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/06c.html#rfc_22_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_06c_22_02

今日は珍しく酔いが廻りつつあるのでおやすみなさい。如何考へても飲みすぎだらう。

雜感(整理)

最終更新
2006-06-22T21:19:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/06c.html#rfc_22_04
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_06c_22_04

私はなにかを整理して管理することが苦手だ。それはパソコンの中身についても同じことがいへる。受信した電子メール、Webブラウザのブックマーク、音樂や畫像等のファイルなど。保存はしてあるが整理や管理はいつさいなされてゐない。いや、こまめに保存をするから餘計に性質が惡い。自分でもどこにあるか解らないものが貯まる一方である。さう考へるとGoogleつてすごいな。私以上に整理に無頓着なものたちが散らかした星の數ほどもあるファイルの中から、求めるファイルを優先順位の高いものから順に教へてくれるのだから。

2006年06月21日

雜感(お好み燒き)

最終更新
2006-06-21T23:10:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/06c.html#rfc_21_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_06c_21_01

廣島の客人からみやげとしてお好み燒きをいただいた。早速酒のあてとさせてもらつた。電子レンジで温めるタイプのものであるがやはり本場のものは美味い。いや、廣島と書いてあるだけで美味い氣がする。

雜感(精神鑑定)

最終更新
2006-06-21T23:33:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/06c.html#rfc_21_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_06c_21_02

最近起こる事件はほとんど精神鑑定といふおまけがつく。どのやうな鑑定をしてゐるのか知らないし興味もないが、精神鑑定の結果陽性となつたからといつて被害者や被害者の関係者の無念が晴らされるわけでは決してない。さういつた點だけを考へれば罪を犯した者に精神鑑定の必要性はないのではなからうか。むしろ精神鑑定の結果が陽性となる者は甦生の餘地がない。惡氣がないだけ性質が惡い。極論なのは解つてゐるがそんなことを思つた。

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年06月21日