2006年06月中旬

広告

2006年06月20日

雜感(休肝日)

最終更新
2006-06-20T22:03:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/06b.html#rfc_20_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_06b_20_01

はい、休肝日なんて無理無理。できないことはいはない。

2006年06月19日

雜感(休肝日)

最終更新
2006-06-19T22:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/06b.html#rfc_19_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_06b_19_01

最近毎日酒を食らつてゐるやうな気がする。きつと気がするだけでなく事實だ。いや、酒が美味いのも事實なのだが、さすがに毎日といふのは精神衞生上よくない気がする。體力的にもきつい気がする。特に寢起きは最惡だ。明日こそ休肝日にしよう。さうしよう。きつとさうするはず。

2006年06月18日

音樂(パラディドル)

最終更新
2006-06-18T19:11:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/06b.html#rfc_18_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_06b_18_01

私はパラディドルが苦手だ。左手の二發目の握りがどうしてもあまくなる。妙なニュアンスを醸し出して味があるといへば味があるのだが、早い話がへたなだけだ。パラディドルは、左右の交互打ちと少し違ふニュアンスを出すために使はれるのではあるが、十六分音符であることには違ひない。この妙なニュアンスを自身の味とせず、まずはつぶを揃へることに專念しよう。味を出すのはそれからだ。

で、パラディドルってどうやつて練習してゐたつけ。どこかにRLRRLRLLだとかなんだとかのストローク練習敎本のやうな物があつたはずなのだが。飽きるほどみて、擧句の果てには脚でそのパラディドルを練習してゐたくらゐの愛讀書だつたのだが、七、八年も經てば殘つてゐるのは記憶だけと、なんともまあ悲しいものだ。今度こそ身體が記憶するやう練習を続けよう。

音樂(パラディドル2)

最終更新
2006-06-18T21:25:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/06b.html#rfc_18_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_06b_18_02

パラディドルとは何ぞやとの質問を戴いた。ギターのスイープやカッティング、ベースのスラップ、全般的に用ゐるアルペジオやバッキングなどは音樂にあまり觸れたことのない方にも有名なのだが、なぜドラムのロールやパラディドル、フラム、フラマキューなどは誰も知らないのだ。いや、誰も知らない理由は知つてゐる。ドラムの敷居が高いことが原因だ。ギターやベースは男性であれば少なからず觸れたことのある方が多いのではなからうか。經濟的にもさうだし、あまり場所も取らないこともある。少なからずメロディを奏でるので他者に披露し易い。しかし、ドラムは違ふ。觸れようにもなかなか觸れる機會がない。披露する機會が少ない。一セット揃へようと思へば費用も嵩む。だから敷居が高いと感じる方が多い。本當はドラムが一番觸れ易いのだがな。おもいつきりしばいたら大きな音がでる。ドラムセットなどなくとも叩くものがあれば練習となる、演奏となる。これ以上解り易い樂器はない。

2006年06月17日

雜感(車内のマナー)

最終更新
2006-06-17T21:49:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/06b.html#rfc_17_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_06b_17_01

今日は久しぶりにJRに乗つた。携帯電話についてなのだが、さも當然のやうに「乗車中はマナーモードに設定の上、通話はご遠慮ください」との車内アナウンスが流れてゐた。しかしこれは明かにおかしい。携帯電話を使用しての會話を控へるやう乗客に促すのであれば、車内での會話も同樣に控へて頂かなければならない。ペースメーカーを利用されてゐる方への配慮といふのであればマナーモードにするだけでは意味が無く、なぜ携帯電話の通話のみを制限するのか意味が解らない。車内にて大聲で話をしてゐる聯中を眺めながらそのやうなことを思つた。

雜感(車内のマナー2)

最終更新
2006-06-17T21:58:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/06b.html#rfc_17_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_06b_17_02

しかし、なんだ。乗つたのは十八時くらゐの電車。土曜日とはいへある程度混んでゐたのだが、なぜ誰も私の隣に坐らうとしないのだ。私は決して細身ではないがデブと呼ばれるほど太つてもゐない。坐るスペースは充分にあつた。手荷物も車内アナウンスに從つて坐席上の網棚に載せてゐた。まあ、あまり深く考へるのはやめよう。稀に私がJRに乗るたびに、"たまたまの偶然"が続くだけだ。さういふことにしておかう。

2006年06月16日

無題

最終更新
2006-06-16T20:36:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/06b.html#rfc_16_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_06b_16_01

どうも體調が惡い。朝から身體がまともに動かない。明日は友達の結婚式があるため實家に帰らなければならないのだが、それまでに治るのだらうか。百藥の長でも飮んで今日は早く寢よう。

2006年06月15日

雜感(Ajax)

最終更新
2006-06-15T22:17:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/06b.html#rfc_15_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_06b_15_01

Ajaxに手を伸ばしはじめた。以前から興味はあつたのだが、私は考へ方が古臭い。HTMLドキュメントは動かないものだとの先入観が邪魔をしてなかなか手を出せずにゐた。しかし、いざ自身でさわつてみると世間の話題にのぼるだけありこれはおもしろい。HTMLドキュメントが動くことの是非はともかくとして、クライアントアプリを作成する感覺でWebアプリが作成できる。つまりHTMLドキュメントが動くのである。動くとはいつても決められた動きではない。どのやうに動くのかをサーバサイドで決められるのである。これはとても劃期的なことだ。あとはどれだけおもしろい使ひ方をおもひつくかどうかだけだが、まあ個人的なサイトでは使ひ道がないのも確かだ。

2006年06月14日

雜感(うどん)

最終更新
2006-06-14T22:41:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/06b.html#rfc_14_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_06b_14_01

香川のうどんは文句なく美味い。一度香川に住むとよその縣でうどんを食べられなくなる。それくらゐ香川のうどんは美味い。

しかしどん兵衞は香川のうどんに負けず劣らず美味い。香川在住六年目の私がいふのだから間違ひない。

2006年06月13日

雜感(天秤)

最終更新
2006-06-13T22:32:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/06b.html#rfc_13_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_06b_13_01

私は何かを判断するさいに、かならずその候補を天秤にかける。どちらを急ぐか、どちらが好ましいか、どちらを選ぶか、どちらを望むか。この天秤には理屈は介さない。直感でどちらかを選択し、必要と在らば後に理屈を後付けする。私は理屈至上主義をうたひながらも理屈屋になりきれないのかもしれない。しかし、天秤はこはせさうにない。そこに葛藤を感じる。いや、葛藤ではないな。矛盾だ。

雜感(右翼)

最終更新
2006-06-13T23:24:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/06b.html#rfc_13_02
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_06b_13_02

私は決して右翼ではない。左巻きのことを理解できないだけであり、右に偏つてゐるわけではない。といふより左巻きは頭のネジが飛んでゐる。なにを主張したいのかさつぱりわからない。人を説得したいのであれば筋道たてて自信の主張をまとめてみよ。

2006年06月12日

雜感(5秒ルール)

最終更新
2006-06-12T20:15:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/06b.html#rfc_12_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_06b_12_01

私は5秒ルールといふものをしらなかつた。落ちたものは汚いものとの感覺が身にしみついてゐる。しかし、たとへフローリングであつても、落としたたべものに髪の毛やほこりがついてゐるとどうも。この感覺は修正されさうにない。

2006年06月11日

雜感(北朝鮮人權救濟法案)

最終更新
2006-06-11T22:51:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/06b.html#rfc_11_01
この記事へのコメント及びトラックバック
http://www.7key.jp/diary/list/2006_06b_11_01

なぜこのやうな法案が必要となるのか。意味がわからない。また五十年くらゐ經つたら強制連行されたとかいひだすのがおちだ。そもそも北朝鮮を支へる基盤の一つともなつてゐる在日朝鮮人社会がここ日本には既にある。そのやうなところに脱北者を受け入れたらどのやうな事態を招くか想像するあたまもないのかその事態を求めてゐるのか。まあ民主党を賣國奴と呼ぶ方がおほいことをかんがへると後者なのだらうが。

基礎体力が無いのにアメリカの真似したって駄目に決まってる。アメリカは移民に対して国家に忠誠を誓わせるような制度があるからこそ成せる業。国歌斉唱にすら色々とうるさい意見が付く我が国で、同じ事ができるわけないだろ。恰好ばっかり気にせずに、足元を見てもらいたいもんだ。

このやうなコメントもついてゐるが、まさにそのとほりだと思ふ。ああ、なるほど。民主党はこのやうな"顧客"を確保するために、當法案成立を目指してゐるのですか、さうですか。

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年06月11日