2006年02月中旬

広告

2006年02月19日

「冪」と「可き」は異なる意

最終更新
2006-02-19T03:52:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02b.html#rfc_19_01

逆に其の対象をHPと表現すである

「何々すべき」の「べき」は漢字で書くと「可き」となります。「冪」は、累乗の意で、「可き」とは全く関係ない字です。

早速goo辞書にて正しいの意味を学習した。間違いに気が付く事は嬉しい事であり、間違いに何時までも気が付かない事は恥ずかしい事である。更に、その間違いを指摘して下さる方が居ると言う事は非常にありがたい事だ。

葬儀の際に最後の顔を写真に

最終更新
2006-02-19T18:05:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02b.html#rfc_19_02

お葬式の際、亡くなった人の顔をカメラ付き携帯電話などで撮影する人が増えている。葬儀関係者には「人の死を悼む気持ちが荒廃している」と感じる人がいる一方で、「時代とともに葬儀も変わる」と受け入れる人もいる。あなたは、最期の顔を撮影されたいですか?

私が死んだ際、仮に自分の葬式を客観的に傍観出来るのであれば、私の顔を何らかの媒体に保存してくれる方が居れば嬉しく思うだろう。其の方が私の最後の情報を後日見、何を思うかは生前の私次第。笑い物にする目的であったとしても諦めがつく。しかし私と言う人間との思い出を締め括る最後の情報を――仮に一時的にでも――手元に置きたいとの目的であれば、人は必ず死ぬ以上これに勝る幸せは無いだろう。初めて出会った際の思い出、共に過ごした何かのイベントの際の思い出同様、最後の瞬間も形在る思い出として残して欲しいものである。人の死を悼む気持ちが荒廃していると感じる葬儀関係者は今迄の常識にとらわれ、思考を停止させているに過ぎない。何故撮影する人が増えているのかをもっと考えるべきである。

2006年02月18日

女系天皇問題

最終更新
2006-02-18T12:04:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02b.html#rfc_18_01

2年前から方針が定められていたとしても特に何も思わない。女系天皇には確かに反対だが、一夫一妻制の現代日本で女系天皇を認めていない場合、近い将来天皇に為る条件を満たす者が誰も居なくなる。そうなってからこの議論をするのでは遅すぎる。例え天皇家であっても一夫多妻制を認めないのであれば、女系天皇の誕生も止むを得ないのではないだろうか。

滋賀で起きた事件

最終更新
2006-02-18T12:08:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02b.html#rfc_18_02

中国国籍女性の手に寄り2人の子供が犠牲になった事件。どんなに対策をし様とも、監視する大人の中に異常者が紛れ込む可能性を否定出来ない以上、頼れるのは自分だけかも知れない。複数の親や警備員によってお互いがお互いを監視する制度を採れば異常者が異常な行動を取る確立は低くなるのかも知れないが、ゼロには為らないだろう。どちらにせよ常に監視し続けられる子供もたまったものではない。子供の時位、のびのびと遊ばせてやりたいのだが。

HP

最終更新
2006-02-18T17:06:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02b.html#rfc_18_03

HPといったらヒューレット・パッカードに決まっているじゃないか。

略語を何と読むかは読み手に因るが、何かを如何表現するかは情報の発信者に大きく依存する。別にWebサイトやWebページを、ホームページ又はHPと表現しても良いではないか。HPと表現した方がWebサイトと表現するよりも其の対象を相手により的確に伝えられる場合は、逆に其の対象をHPと表現す冪である。要はどの様な読み手を想定して情報を発信するかだ。もちろん正式名称やその様に呼ばれる事の背景を併せて付記した方がより親切――読み手によっては大きなお世話となる――であろうが。

私はホームページ作成の第一歩内の最初に読んで頂きたい部分で、そんな理由からHPと言う略語を使用していると言うある意味言い訳。

2006年02月16日

覚書

最終更新
2006-02-16T00:08:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02b.html#rfc_16_01

よく読んでいないし、アルコールを頂いておりますのでまともな判断能力に欠けていると思いますが気に為ったサイト。判断力が欠けている事を認識しながらも見過ごす事が出来ない内容だと感じている。

雑感

最終更新
2006-02-16T00:10:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02b.html#rfc_16_02

私が毎日巡回させて頂いているサイトは凡そ40程ある。否、数はあまり問題では無く。当日記、もっと言えば当サイトも誰かに採ってそうありたいものだ。一朝一夕にそう在り得ない事は重々承知している。が、いずれはそう成りたい。あくまで願望。

質問

最終更新
2006-02-16T00:35:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02b.html#rfc_16_03

Re:初歩的なことなんですが… で私が他者から頂いた質問なのだが、そもそもhrefとは何の略なのだろう。調べても解答に辿り着かなかった。Hyperlink referの略かなんて想像しているのだが、信用に足る文献を見付ける事が出来ない。ご存知の方が居られれば教えて欲しい。

2006年02月15日

雑感

最終更新
2006-02-15T23:32:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02b.html#rfc_15_01

最近どうもやる気が出ない。私生活、強いて言えばサイト運営がやる気が出ない対象となっている。実際、この日記以外に更新が為されているページはこのサイトに無い。まぁ長くサイト運営をしているとどうしてもこんな時期もある。その様な時期は無理にやる気を奮い起こす必要が無い事を経験的に知っている。私はサイト運営が大好きだ。だから放っておいても勝手にやる気は復活する。

しかし、私生活でやる気が出ない時期と言うのは、公生活、強いて言えば仕事に対してのやる気がアップする。可笑しなものだ。

雑感(2)

最終更新
2006-02-15T23:56:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02b.html#rfc_15_02

安倍官房長官が次期首相に相応しいと考える方が多い様だ(後継首相ふさわしい人、安倍氏がトップ…読売世論調査)。前官房長官と言い、現官房長官と言い、国のトップになるにはアクが無さ過ぎると思うのは私だけだろうか。まぁ確かに安倍・麻生ラインが率いる日本も見てみたい気も少しある。前官房長官が首相になるよりは面白い政治を行ってくれるだろう。しかし私は改革を止めるなを謳い文句とする現総理大臣に続投して貰いたい。停滞気味の現代の日本を前に押し遣るには変人位が調度良い。何時の時代であっても、時代を動かすのは変人である。其れは時代が証明している。

2006年02月14日

雑感

最終更新
2006-02-14T21:36:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02b.html#rfc_14_01

頂いた物は返す義務がある以上、只の儀式とは思えれない。一ヵ月後に一ヶ月前の記憶が無い私にしてみれば、正直面倒な風習だ。

2006年02月13日

雑感

最終更新
2006-02-13T23:35:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02b.html#rfc_13_01

何でブログを使ってないのかと言われれば、それは「マークアップが楽しいから」。TeXで\subsection、\subsubsectionってやるのが楽しいのと一緒。と言われて、「そうそう、そうだよねぇ」と賛同してくれる人はいるんだろうか。

TeXが何かはよく解っていない。しかしマークアップが楽しいからと言う理由には大いに賛同できる。ブログでもマークアップが可能なブログは数多い。けれども私はWeb日記が好きだ。理屈屋を自認する私が感情論を持ち出すのも如何かと思うが、比較した上で好きなのだから仕方が無い。何故好きなのかは突き詰めて行けば理屈に辿り着くのかも知れない。しかし女性を好きな事の理屈を考える冪では無いのと同じ様に、好き嫌いには理屈を持ち出す冪では無いのだろう。

併せて、トラックバックが欲しい事にも同意出来る。サーバサイド系の何かをそろそろ考えたいが、JAVAの習得――強いて言えばクライアント系の何かの習得――が先だ。サーバサイド系の何かはすぐにでも考える及び構築する事が出来るが、クライアント系の何かについては切羽詰っても如何にも為らない事が理由。

雑感(2)

最終更新
2006-02-13T23:41:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02b.html#rfc_13_02

2年程前に仕事で作成したMSAccessのアプリの修正――新たな帳票を一つ作成するのみ――に想いの外手間取った。IF構文って如何やって記述するのか、レコードセットにレコードを追加する方法は、用紙のインチ設定の方法は、そうか、文末にセミコロンは要らないのかなんて事を再習得していた事が原因。もう既にVB系には戻れそうに無い。

実験

最終更新
2006-02-13T23:58:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02b.html#rfc_13_03

Operaの"URLへ移動"機能のリファラーがどうなるかのテスト。

http://www.7key.jp/cgi-bin/env/env.cgi

2006年02月12日

雑感

最終更新
2006-02-12T11:11:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02b.html#rfc_12_01

最近私が主に使う言語はPerlとPHP。仕事でVBやらAccessVBAやらを使う事もあるが、公私共にWeb系へ偏った生活をしていた事もあり、もうとてもクライアントアプリを作れる様な状況に無い。ここらで本格的にCかJAVAか何かに手を出してみようかな。

JAVAとC++

最終更新
2006-02-12T11:23:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02b.html#rfc_12_02

本棚に転がっていた2冊の本。どちらを読もうか。

既視感

最終更新
2006-02-12T11:53:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02b.html#rfc_12_03

山田祥寛著:Javaスーパーリファレンスのイントロダクションを読み終えた。私は間違いなくこの本を読んでいた。何時、何のために買った本かは覚えていないが、本棚に転がっているくらいだから既に読んでいてもおかしくはないのだが。いや確かにJAVAは多くの本を読んだ気がする。10年ほど前にアプレットの勉強を始めようかと思い立ったのが多分最初。見渡せばJAVAプログラミングケーススタディとかJAVA入門とかはじめてのJAVAプログラミングとか。ごろごろとJAVA関連書籍が転がっている。

しかし考え様によっては、ここまで書籍が転がっているにも関わらず、私は何らかの理由でJAVAに魅力を見出せず、其の度に放置されている言語とも取れる。ハーバート・シルト著:独習C++もイントロダクションだけでも読もう。

JAVAとC++

最終更新
2006-02-12T12:41:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02b.html#rfc_12_04

コインの裏表で決めた結果、七鍵はJAVAを学習する運びとなりました。

いや、始める前から"どちらの言語が素晴らしい"かなんて考えても判る筈が無い。どちらの言語も或る程度理解出来て初めて、その優劣及びメリットデメリットが判るのだ。だからコインで決めた。取り敢えず何を作ろうか。

  1. 指定したXMLファイルの中身を読み込む。
  2. DBの中にあるキーワードとマッチする文字列には、該当文字列を解説してあるページへのリンクを作成する。
  3. XSLでXHTMLに変換する(XSLスタイルシートを読み込める様頑張れ)。
  4. そのまま出来上がったファイルをWebサーバへput。

いやそれよりもアンテナの様な何かも捨て難い。まぁ何でも良いや。まずはRTCPの解説が先。落ち着いてからゆっくりと始めよう。

Hello Java!

最終更新
2006-02-12T14:10:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02b.html#rfc_12_05
public class HelloJava {
    public static void main (String[ ] args) {
        System.out.println("Hello Java!");
    }
}

やはりと言うか何と言うか。まずはHello Java!から。上記コードはJavaの道を参考にさせて頂いた。参考も何もそのままパクリだが。:!cmdjavac HelloJava.javajava HelloJava。可也感動した。何に感動したかは以下の通り。

私の前世は未来のJAVAプログラマなのだろうか。それともただの痴呆症なのだろうか。私しか使わない端末に既にJAVA開発環境が構築されているところから後者と予測できるが。

Hello Java2!

最終更新
2006-02-12T14:33:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02b.html#rfc_12_06
public class HelloJava {
    public static void main (String[ ] args) {
        String      strSmp = "Hello Java!";
        final float zei    = 0.05F;

        System.out.println(strSmp);
        float ans = 100 * zei;
        System.out.println(ans);
    }
}

変数の勉強を少ししてみた。概ね期待通りの動作だ。ちなみに結果は下記。

java HelloJava
Hello Java!
5.0

Hello Javaの後に改行が入っている事に、純粋に驚いた。

Hello Java3!

最終更新
2006-02-12T14:53:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02b.html#rfc_12_07
public class HelloJava {
    public static void main (String[ ] args) {
        String[]    arrSmp = {"ぴよ","ぴよ","ぴよ","ぴよ"};
        final float zei    = 0.05F;

        for (int i=0; i < arrSmp.length; i++){
            System.out.println(arrSmp[i]);
        }
        float ans = 100 * zei;
        System.out.println((int)ans);
    }
}
java HelloJava
ぴよ
ぴよ
ぴよ
ぴよ
5

概ね期待通り。改行させない様出力するには如何すれば良いのだろうか。

Hello Java4!

最終更新
2006-02-12T15:31:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02b.html#rfc_12_08
import java.io.*;

public class HelloJava {
    public static void main (String[ ] args) {
        try{
            FileInputStream   obj_smp = new FileInputStream("smp.txt");
            InputStreamReader in      = new InputStreamReader(obj_smp, "Shift_JIS");
            BufferedReader    bf      = new BufferedReader(in);
            String ret;

            //読み込むデータが無くなる迄読み込む
            while ((ret = bf.readLine()) != null){
                System.out.println(ret);
            }

            obj_smp.close();
            in.close();
            bf.close();
        }catch (IOException e){
            System.out.println(e);
        }
    }
}
java HelloJava
<h2 id="what">RTCPとは</h2>
<dl class="modified"><dt>最終更新</dt><dd>2006-01-30T17:30:00+09:00</dd></dl>
<dl class="this_uri"><dt>この記事のURI参照</dt><dd><code>http://www.7key.jp/nw/rtcp.html#what</code></dd></dl>
<p>RTPと組み合わせて使われる、データのフローチェックや送信者受信者間の情報を伝達するためのプロトコルで、RTP制御プロトコルと訳されます。RTCPはRTPでデータを送受信するためのセッションを制御するサブプロトコルとして位置づけられています。RTPセッションはネットワークアドレスと2つのポートで識別されます。ここで、1つのポートはRTPデータが使用し、残る1つはRTCPデータが使用します。例えばUDPを使用する場合、RTPは偶数番のUDPポートを、RTCPはその1つ上の奇数番UDPポートをアプリケーションポート番号として使用します。RTPをUDP/IPで利用する際のデフォルトポート番号は5004と5005ですが、多くの場合アプリケーションはこれらのポートを使用せず、セッションのセットアップ時に動的に割り当てたポートを使用します。ただし、現在ではRTPデータに偶数のポート番号を使用すると言う規制は緩和され、また、RTPとRTCPに連続しないポート番号を使うことも認められています。</p>
<p>RTPセッション内の全ての参加者は、RTCPパケットを送信する一方で、他の全ての参加者から送信されるRTCPパケットを受信します。このときのフィードバックは複数の参加者からなるRTPセッションにおいて全ての参加者に送信されることとなります。</p>

ファイルの中身を読み込むテストもOK。新しい言語の習得って何でこんなに楽しいのだろう。

Hello Java5!

最終更新
2006-02-12T15:46:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02b.html#rfc_12_09
import java.io.*;

public class HelloJava {
    public static void main (String[ ] args) {
        try{
            FileInputStream    obj_smp = new FileInputStream("smp.txt");
            InputStreamReader  in      = new InputStreamReader(obj_smp, "Shift_JIS");
            BufferedReader     bf      = new BufferedReader(in);
            FileOutputStream   obj_out = new FileOutputStream("out.html");
            OutputStreamWriter out     = new OutputStreamWriter(obj_out, "EUC-JP");

            String ret;

            //読み込むデータが無くなる迄読み込む
            while ((ret = bf.readLine()) != null){
                out.write(ret);
            }

            obj_smp.close();
            obj_out.close();
            in.close();
            out.close();
            bf.close();
        }catch (IOException e){
            System.out.println(e);
        }
    }
}
java HelloJava
java.io.IOException: No such file or directory

そんなファイルやディレクトリはないよってメッセージが出力された。でもきっちりout.htmlは作成されている。どういうことだろう。

Hello Java6!

最終更新
2006-02-12T16:20:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02b.html#rfc_12_10
import java.io.*;

public class HelloJava {
    public static void main (String[ ] args) {
        try{
            FileInputStream    obj_smp = new FileInputStream("smp.txt");
            InputStreamReader  in      = new InputStreamReader(obj_smp, "Shift_JIS");
            BufferedReader     bf      = new BufferedReader(in);
            FileOutputStream   obj_out = new FileOutputStream("out.html");
            OutputStreamWriter out     = new OutputStreamWriter(obj_out, "EUC-JP");
            BufferedWriter     bw      = new BufferedWriter(out);
            PrintWriter        pw      = new PrintWriter(bw);

            String ret;

            //読み込むデータが無くなる迄読み込む
            while ((ret = bf.readLine()) != null){
                pw.println(ret);
            }

            pw.close();
        }catch (IOException e){
            System.out.println(e);
        }
    }
}

妙なメッセージは出力されなくなった。しかしPrintWriterって何だろう。他の物――オブジェクトと言うのだろうか――は名前から役割が想像出来るが、PrintWriterは意味が解らない。

Hello Java7!

最終更新
2006-02-12T17:25:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02b.html#rfc_12_11
import java.io.*;
import java.util.regex.*;
import java.util.*;
import java.text.*;

public class HelloJava {
    public static void main (String[ ] args) {
        try{
            FileInputStream    obj_smp = new FileInputStream("smp.txt");
            InputStreamReader  in      = new InputStreamReader(obj_smp, "Shift_JIS");
            BufferedReader     bf      = new BufferedReader(in);
            FileOutputStream   obj_out = new FileOutputStream("out.html");
            OutputStreamWriter out     = new OutputStreamWriter(obj_out, "EUC-JP");
            BufferedWriter     bw      = new BufferedWriter(out);
            PrintWriter        pw      = new PrintWriter(bw);

            String ret;

            //読み込むデータが無くなる迄読み込む
            while ((ret = bf.readLine()) != null){
                boolean flg_modified = Pattern.matches("^<dl class=\"modified\">.+</dl>$",ret);
                if(flg_modified){
                    Date mod_date   = new Date();
                    DateFormat df1  = new SimpleDateFormat("yyyy-MM-dd");
                    DateFormat df2  = new SimpleDateFormat("HH:mm:ss");
                    String     df   = df1.format(mod_date) + "T" + df2.format(mod_date) + "+09:00";

                    Pattern str_date = Pattern.compile("<dd>.+</dd>");
                    Matcher mtc_date = str_date.matcher(ret);
                    ret = mtc_date.replaceAll("<dd>"+df+"</dd>");
                }
                pw.println(ret);
            }

            pw.close();
        }catch (IOException e){
            System.out.println(e);
        }
    }
}

最終更新日時を勝手に更新する様変更。なんだかコードが不恰好なのは初心者故の愛嬌と言うことで。

2006年02月11日

読書感想文

最終更新
2006-02-11T21:40:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02b.html#rfc_11_01

欲にはいろいろ種類がある。例えば、食欲とか性欲というのは、いったん満たされれば、とりあえず消えてしまう。これは動物だって持っている欲です。ところが、人間の脳が大きくなり、偉くなったものだから、ある種の欲は際限がないものになった。

金についての欲がその典型です。キリがない。要するに、そういう欲には本能的なというか、遺伝子的な抑制がついていない。すると、この種の欲には、無理にでも何か抑制をつけなくてはいけないのかもしれない。

養老孟司氏はバカの壁にて様々な事を語っていた。その中で私が一番考えさせられる事となった下り。金や名声、地位、もしかしたら"愛"なんてものもこの類に入るのかも知れない。際限が無いからこそ或る程度それらが手に入ればフラットに戻す必要が在り、フラットな状態から再度それらを求めるからこそ、欲ではなく目標と成り得るのではないだろうか。

考えてもみて欲しい。フラットで無い状態からそれらを求める際には非効率が発生する。何故か。今在るそれらを守らなければならないからだ。金然り、名声然り、地位然りである。これらが食欲や性欲と大きく違うのは"積み上げていかなければならない"という事だろう。目標が見え無いと言い換えても良い。氏の言葉を借りればキリがないと言えるだろう。キリが無く積み上げていかなければならない行為には無理が生じ易い。方々から念入りに支えなければ、その積み上げた何かはいずれ傾いてしまうからだ。そんな支える事にばかり力を費やす欲を一生追求するのはバカらしい。どうせ積み上げていくのであれば、支える事に力を費やさなくとも良い欲――知識欲がその一つだろう――を追求したいものだ。

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年02月11日