2006年02月上旬

広告

2006年02月10日

雑感

最終更新
2006-02-10T13:40:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02a.html#rfc_10_01

風邪を引いた。本日は仕事を休ませて貰った。本来であれば休みの筈だった明日が替わりに出勤となってしまった。頭痛が酷い状態で休みが降って湧いたところで何も嬉しくない。本すら読む気が起きない。

読書感想文

最終更新
2006-02-10T20:29:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02a.html#rfc_10_02

ただ寝ているのも辛くなり、かと言って椅子に座るのも辛かったので、寝転んだまま梅田望夫著:ウェブ進化論を読んだ。期待していた内容――ウェブの向かうところを明確に予言する内容――とは少し違ったが、読み物としては面白かった。多くの者が漠然と考えているであろう内容が巧く纏められているなと言うのが正直な感想。感情論とも取られる文章と、著者自身の周りの如何でも良い話が頻繁に登場したのは興醒めだったが。かなりご年配の方――会社役員等重要なポストに付いているであろうと言う意味――でウェブとは何ぞやがさっぱり解らない方にはお奨め出来る内容だ。

感情論

最終更新
2006-02-10T20:33:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02a.html#rfc_10_03

私はレイザーラモンHGが嫌いだ。細木数子の次に嫌いだ。

2006年02月08日

音楽

最終更新
2006-02-08T00:13:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02a.html#rfc_08_01

そもそも私のWWW上での識別記号である七鍵は、私がヘビメタの世界にドップリと浸る事となった元凶でもあるバンドHELLOWEENの代名詞とも呼ばれるアルバムKeeper of the Seven Keysから勝手に頂いたものである。ヘビメタは其れに触れた事の無い者の耳には騒音としてしか入らない。其の事に付いては否定しない。しかし多くのヘビメタ奏者達が――あの派手な井出達で――自身の曲で平和や社会問題、政治問題等に付いて主張している事を知る者は少ない。

だから如何したと言う訳ではない。特定亜細亜問題を考えつつEagle Fly Freeを聴きたくなった。ただそれだけだ。

People are in big confusion
They don’t like their constitutions
Everyday they draw conclusions
And they’re still prepared for war

Some can say what’s ineffective
Some make up themselves attractive
Build up things they call protective
Well your life seems quite bizarre

Bridge: in the sky a mighty eagle
Doesn’t care ’bout what’s illegal
On it’s wings the rainbow’s light
It’s flying to eternity

Chorus: eagle fly free
Let people see
Just make it your own way
Leave time behind
Follow the sign
Together we’ll fly someday

Hey, we think so supersonic
And we make our bombs atomic
Or the better quite neutronic
But the poor don’t see a dime

Nowadays the air’s polluted
Ancient people persecuted
That’s what mankind contributed
To create a better time

Bridge: in the sky a mighty eagle
Doesn’t care ’bout what’s illegal
On it’s wings the rainbow’s light
It’s flying to eternity

Chorus: eagle fly free
Let people see
Just make it your own way
Leave time behind
Follow the sign
Together we’ll fly someday

2006年02月07日

特定亜細亜

最終更新
2006-02-07T23:20:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02a.html#rfc_07_01

政府は6日、韓国からの観光客などへの査証(ビザ)を3月1日から、恒久的に免除すると発表した。90日以内の短期滞在者が対象。

韓国人の短期滞在ビザについては、愛知万博(昨年3〜9月)の期間限定で免除し、その後、今月末まで免除措置を延長している。恒久化については、不法入国や刑事事件の増加を懸念する声があり慎重に検討してきたが、韓国人による犯罪件数などに変化がみられなかったことから決定した。

昨日から様々なメディア――WWW含む――で報じられた事なのでご存知の方も多いと思う。この記事を読んで如何思われただろうか。上記記事からは変化が見られなかったから決定したと読める。そう書いてあるのだから間違い無い。しかし気を付けて頂きたい。韓国人による犯罪件数は少ないわけではない。群を抜いて高く、その高い犯罪件数のまま変化がみられなかったのである(具体的数値は入国管理局を参照されたい)。だから不法入国や刑事事件の増加を懸念する声があったのだ。

日本は過去にイランとの相互ビザ免除を行った。その折に何がどうなったかもう忘れたのか。イラン人による犯罪件数が急増、治安が著しく悪化し、結果ビザ免除を取り止めたでは無いか。それが今度は世界にその国民性が知られ渡る韓国に対するビザ免除。正気の沙汰とは思えない。

南が南なら北も北

最終更新
2006-02-07T23:31:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02a.html#rfc_07_02

日朝協議、拉致問題進展せずとの記事も様々なメディアで報じられている。そもそも拉致問題に進展があるとは思っていなかったが、北朝鮮の出してきた要求及び、強制連行と従軍慰安婦問題は(日本の)植民地時代に起きた特大の人権蹂躙(じゅうりん)事件であり、財産および請求権と別に取り扱われるべきだと言う発言には驚かされた。強制連行及び従軍慰安婦問題は戦時中に起きたのでは無い。戦後の朝鮮人の脳内で起きたことである。勘違いをするな。これ以上1円たりとも朝鮮半島に我々の血税を使ってはならない。隣国だからと言って仲良くしなければならない理由など何処にも無いのである。

2006年02月06日

特定亜細亜

最終更新
2006-02-06T22:59:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02a.html#rfc_06_01

調査結果によると、日本が世界に「好影響」を与えているとの回答は、33カ国中31カ国で「悪影響」を上回り、平均すると好影響が55%、悪影響が18%だった。具体的に何が判断材料となったかについては触れられていない。

残り2ヶ国は言わずと知れた2ヶ国。小泉首相が靖国神社を参拝する事に因ってアジア諸国から非難されていると主張する者は具体的な国名を挙げよ。因みに具体的な調査結果はBBC Poll: Attitudes towards Countriesが参考になると思う。特筆すべきはインドネシア、フィリピン、オーストラリアの数値。某2ヶ国と何が違ってここまで印象が違うのか。是非考えて貰いたい。又、平気で小泉首相の靖国参拝を非難する各メディアを非難する目を養って貰いたい。確かに太平洋戦争以前の近代史上、日本が周辺国に与えた脅威及び影響、犠牲は計り知れないものがある。これらの事実まで正当化するつもりは毛頭無い。しかし台湾、タイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、オーストラリア、パラオ等、多くのアジア諸国は過去に日本領となった事を"結果的に良かった"と解釈していると聞く。それは前述各国の歴史の教科書を見れば何よりも明らかだ。日本人は必要以上の自虐史観に苛まされる必要は無い。少なくとも極左メディアに踊らされないだけの"真実"に対する知識を養って貰いたい。

2006年02月05日

更新履歴

最終更新
2006-02-05T18:46:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02a.html#rfc_05_01

RTPとはトランスレータとはミキサとはを加筆修正。今日中にRTCPまで何とかしたかったが纏めきれなかったのでまたの機会に。

2006年02月04日

碌碌雜志も

最終更新
2006-02-04T01:54:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02a.html#rfc_04_01
今日二つ目。

何が今日二つ目なのだろう。スタイルが変更されているに掛かっているのであればかなり驚きだ。確かにここ数日の間に当サイトのスタイルシートを変更した。

更新履歴?

最終更新
2006-02-04T02:06:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02a.html#rfc_04_02

微妙にスタイルシートを変更した。

正に自己満足な報告。

恐らく遂げられない予定

最終更新
2006-02-04T02:10:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02a.html#rfc_04_03

ドイル氏の様に、各要素を散りばめたスタイル確認用のページを作りたい。スタイルを変更する度に、其の要素を使用しているページを探すのはかなり面倒だ。

当サイトのスタイルシート

最終更新
2006-02-04T02:14:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02a.html#rfc_04_04

当サイトのデザインは客観的に見て味気が無さ過ぎると思う。シンプルで無駄な装飾をしない燻し銀的なデザインを探求した結果がこれだが、世間一般的に"うける"デザインで無い事は間違い無さそうだ。軽視しがちだが、世間一般的な"うけ"は無いより在る方が良いと、これまた客観的に思う。何らかのお洒落な背景画像でも表示させたら少し"うける"のだろうか。美的センスがゼロな人間の切実な悩み。

挫折

最終更新
2006-02-04T03:48:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02a.html#rfc_04_05

お洒落な背景画像なんて作れる筈が無い。もっと早く気が付くべきだった。その状況判断ミスにて1時間半程無駄に過ごした。

ご意見を下さる方は神様だ

最終更新
2006-02-04T11:31:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02a.html#rfc_04_06

後蛇足かも知れませんが、h3 { padding-top: 1.3em } が欲しいような気がします。これがないと他所から記事を参照された際に li.topic_path の所為で見出しが隠れてしまっています。

早速試した。成る程、成る程。確かにこれは見易い。

恐らく遂げられない予定

それを公開する必要性はないでしょうから、他人様が作ったのを勝手に貰ってしまえば良いのではないでしょうか。

こちらは公開しようと思っているから盗作出来ないのである。否、恐らく遂げられない予定なので偉そうな事は言えないが。

Vi

最終更新
2006-02-04T11:49:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02a.html#rfc_04_07

Viには行ではない文字列を行として張り付ける機能は無いのだろうか。一々oEnterEsckpと入力するのは手間だ。

反省

最終更新
2006-02-04T18:24:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02a.html#rfc_04_08

自分の結論は正しいと盲信してゐる爲に、結論の出し方がおざなりになつてゐるのではないか。

例に因って私の発言でも私に向けられた発言でも無い。ただ、思い当たる節、反省すべき節がかなり在る。何らかの結論を出す際に私は其れに纏わる事を一頻り考える。どの位考えるか、考えに費やす時間は出す結論によって可変となる。しかし今にして思えば、其の考えに費やす時間の或る時点で、結論のベクトルはある程度決まっていた様な気がする。

では残りの時間は何に費やしているのか。その結論が失敗であった場合に自己弁護をする為の言い訳を考えていたのでは無いだろうか。自分で考えた結論には何らかの形で評価が下される。自分で評価を下す場合もあれば周囲が評価を下す場合もある。其の評価が思いの他芳しくなかった場合には、その結論を出した理由がそのまま言い訳へとシフトするのである。

否、話題がずれつつある。問題なのは結論を出そうとする或る時点から言い訳を考えていると言うことなのだ。言い訳は結果を元に為される行為であり、言い訳に因って結果が覆る事は無い。或る時点から言い訳を始めると言うことは、或る時点から結論を固定化し、結論ベクトルを補正しているのではなく結論ベクトルの周囲を理論と言う名の鎧で固めているに過ぎないのでは無いだろうか。

他人が如何かなど知る由も無いし、知ったからと言って何かが変わる訳ではない。野嵜氏の言おうとした事とももちろん違うだろう。引用した一文を読み、こんな事を考えたと言う所謂反省文。

私の独り不買運動続行中な対象

最終更新
2006-02-04T19:38:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02a.html#rfc_04_09

今日の日記

最終更新
2006-02-04T21:18:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02a.html#rfc_04_10

ちなみにマウスはMighty Mouseが欲しい。意外どころかミーハー以外の何者でも無い。

以前から欲しかったマウスを買いに近くのApple Shopへ行った。デモ機に目当てのマウスが付いていたので一頻り遊んでみた。感想は次の通り。

欲しく無くなった。

非論理要素擁護宗過激派を無理矢理庇ってみるテスト

最終更新
2006-02-04T22:51:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02a.html#rfc_04_11

論理要素使用派、非論理要素使用派と言うものは所詮作成者の側に立った意見である。そもそも閲覧者の立場――ユーザスタイルシート使用者については後に――では見た目が同じであればソースがどんな記述で在ろうと"ページを閲覧する"と言う行為に影響が無い。ソースを見ることが無ければ<strong style="font-weight:bold;color:red;">強調文字列</strong>であろうが<font color="red"><b>なんちゃって強調文字列</b></font>であろうが閲覧者にはその文字列がどの様なマークアップの結果か知る由が無いからだ。そこでで重要と為るのは、作成者は何の為にサイトを運営しているかである。IE6を使用しユーザスタイルシート非適応の閲覧者のみを対象とする動機でサイトを運営しているのであれば、論理要素を使用しようが非論理要素を使用しようが閲覧者には影響が無い。数の問題では無い。例えば、友達5人との交流目的で且つ其の友達5人とも前述条件を満たしている場合。少なくとも閲覧側では論理要素にてマークアップされる事に対するメリットは無い。

もちろん前述条件を満たす閲覧側では、論理要素にてマークアップされる事に対するデメリットも同様に無い。因って或る限られた条件の下サイトを運営する者は、自身の都合で非論理要素の有用性を主張する事が出来る。閲覧側の有用性は考慮に入れる必要が無いからだ。

非論理要素を使用する事の有用性は、スタイルシートの類を習得する必要が無い事に尽きる。論理要素擁護派に聞きたい。論理要素だけでスタイルシートの類を使わず特定の文字列に色を付ける事が出来るのか。出来ないだろう。非論理要素を使用すればHTMLだけでどのような"見た目"でも実現をする事が出来るのである。これは例えばCSS等HTML以外の何かを覚える無駄を省く事が出来る。逆に、HTML以外に何らかの技術を習得しなければ文字列に色を付ける事も出来ないのであれば、其れはデメリット以外の何物でもない。この様な理由から私は非論理要素の使用を支持する。希望する閲覧者の閲覧環境が明らかな場合は思う存分非論理要素を使用して欲しい。

・・・

勿論ネタ。穴も一杯。

2006年02月02日

IE7

最終更新
2006-02-02T21:22:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02a.html#rfc_02_01

IE7Beta2、いまいちOperaから乗り換えようと言う気にもこのままテストし続けようと言う気にもならない。正直に感想を言うと"もう飽きた"。そんなBeta2。

FF1.5.0.1

最終更新
2006-02-02T21:33:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02a.html#rfc_02_02

ついでと言うか何と言うか、FFも最新版にバージョンアップを行った。あまり使用した記憶が無いWebブラウザなだけに、何が変わったのかいまいち理解出来なかった。起動のスピードが上がった気がするのは気のせいかどうなのか。起動する事自体希な事なので如何でも良いと言えば如何でも良いことなのだが。

2006年02月01日

雑感

最終更新
2006-02-01T00:28:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02a.html#rfc_01_01
まるでニートやフリーターをこの国のお荷物のような言い方をする人がいますがね、杉村太蔵はそういうことを言う人間を絶対に許さない。

私も5年前の今頃はフリーターだった。3,4年フリーターをやっていた。今にして思えば、その頃の方が今よりも充実し、生きていると言う実感があった。好きな事もたくさんしたし、好きではないこともたくさんやった。その頃に得た知識と経験、何よりも考え方――判断基準と言い換えても良い――が無ければ今の私はあり得ない。仮に人生をやり直せる機会があれば、私は迷わずフリーター人生を選ぶ。その後定職に付くか如何かは運次第。どちらでも良いと本心から思っている。

現在"モノを言う立場の者"が未経験のことだからだと思うが、必要以上にフリーター及びニートを軽蔑する風潮がある。はっきり言うが間違っているのは現在モノを言う立場の者である。フリーターやニート上がりの人間を軽蔑するな。新卒上がりの者と同等に扱えば良いだけのことだ。勝手に新規採用は新卒者のみなんて思い込みを曲げられない硬直した頭を恥ずかしいと思え。確かに多感で様々な事に興味を持つ一番大切な時期に勉強ばかりしていた者は従順で扱い易いかもしれない。しかしそれだけである。現状に疑問も思わず現状に従順に従う者を新規採用して何が嬉しいのか。理解に苦しむ。何もフリーターやニートを優遇しろと言っているのではない。非フリーターや非ニートとフリーターやニートを別物と扱わず、同じ目で若者を判断すべきだと主張しているだけだ。そんな当たり前の事が何故解らない。

問題なのはフリーターやニートが増えている現在社会ではない。フリーターやニート上がりの者を雇おうとしない自分以外の人生を歩んできた者を排除しようとする頭の弱い考えを持った"大人"が増えているだけのことである。その辺りを杉村太蔵衆議院議員、宜しくご配慮下さいませ。頭の弱い大人に負けぬよう頑張って下さい。陰ながら応援させて頂きます。

IE7

最終更新
2006-02-01T23:04:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02a.html#rfc_01_02

遂にIE7が一般向けに公開された。普段IEを使用することが無いので、不具合が在ろうが無かろうが大勢に影響が無い。早速インストール。批評は暫く使ってからゆっくりと。

電光バックル

最終更新
2006-02-01T23:14:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/02a.html#rfc_01_03

衝動買いしてしまいそう。漢字にも対応していたら「衝動買いしてしまいました」に変わっていたはず。恐らく自宅外で身に纏う機会は無いと思うが。

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年02月01日