2006年01月下旬

広告

2006年01月31日

Google Toolbar

最終更新
2006-01-31T00:25:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_31_01
米Googleは、ツールバーの最新版となる「Google Toolbar 4.0」のベータ版をリリースした。Windows XP/2000に対応しており、Internet Explorer 6.0以上が必要となる。

一GoogleファンとしてIEへの乗換えを考える時期が来た。GoogleデスクトップもOperaには非対応なので、全ての機能を使えず悔しい思いをしている。IE7になんて微塵も期待は無いが、Google Toolbarの出来栄え次第では乗り換えるかも知れない。

Emacsをテキストエディタでは無く環境だと言う人が居るが、最近ではIE(Webブラウザ)は環境だと思い始めた。Webメールをチェックし、RSSリーダでお気に入りサイトの更新状態をチェックし、ローカルファイルの検索もWebブラウザから行う。考え様によっては素晴らしい世界だ。

Vi

最終更新
2006-01-31T00:28:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_31_02

そんなことよりもWindows環境が全てVi風キーバインドに変更されるアプリケーションなり何なりは無いのだろうか。メモ帳にjjjjjjjjjjjjjjjと入力してみたり、Webブラウザのアドレスバーへddと入力してみたりした後の脱力感からそろそろ開放されたい。

2006年01月30日

誤字脱字

最終更新
2006-01-30T22:23:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_30_01

巧妙が辻では無く功名が辻だった。指摘を頂いて気が付いた。国語力の無さは隠しても隠し切れないものだとつくづく痛感しつつある。

今日の散財

最終更新
2006-01-30T22:41:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_30_02

マスタリングTCP/IP RTP編を購入。徐々になんて言っていると何時になるか分からないので一気に推し進めようと思っての購入。だったはずが。併せてマスタリングTCP/IP SNMP編マスタリングTCP/IP SSL/TLS編を衝動買い。もうこうなっては神さえも私の興味が何処に向かうか予想が付かない。

  1. このままRTPを学習、学んだことをWebページと言う形に残す。
  2. SNMPを復習、及び更なる知識を脳内に追加。学んだことをWebページと言う形に残す。
  3. SSL/TLSは取り敢えず忘れて更に精進。
  4. ネットワークがなんたるかが解り始めた頃にSSL/TLSを学習。

こんな方向性がベストなのだが。しかし何故専門書ってこんなに高価なのだろう。

読書感想文

最終更新
2006-01-30T23:51:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_30_03

前述、マスタリングTCP/IP RTP編の第一部を読んだ。ここではRTPの概略とIP及びTCP、UDPの簡単な特徴、それらがマルチメディアストリーミングに与えるであろう影響が解説されていた。今の所不明な単語も理解出来ない文章も無く、すらすら読み進める事が出来ている。しかし、このマスタリングTCP/IPシリーズはネットワークを学習する方には胸を張ってお奨め出来る書籍である。一番の推薦理由は解説の順序が良いこと。辞書としてだけでなく、読み物としても最適だ。

2006年01月29日

雑感

最終更新
2006-01-29T00:40:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_29_01
電気通信または他の種類の通信を行うことができる任意の装置またはソフトウェアを利用する者が、インターネット経由で、自分の身元を明かすことなく、受信者を不快にしたり、罵倒したり、困らせたりする意図をもって発信を行った場合は、第18項の規定に基づく罰金刑、2年未満の懲役、またはその両方に処するものとする

上記の様な法令が米国で成立したらしい。エイプリルフールに登場するジョークRFCの類かとも思ったのだが、残念ながら違う様だ。しかし、何故身元を明かすことなくなんて条件が付加されているのだろう。意味が解らない。私がブッシュの事をチンパンと侮辱すれば如何なのだろう。(あり得ないが、)逆にブッシュが身元を隠して私のことをチンパンと侮辱した場合は如何なるのだろう。言わずもがなインターネットには国境は無い。米国内だけで適用される法令なのだろうか。それでは余りにも御粗末だ。

しかし、一体どの様なケースを想定しての法令、若しくは何を抑制するための法令なのだろうか。某大中華帝国の様に自国の言論統制でも始める気だろうか。今の所は対岸の火事なので実害は無いが、問題なのは我が国のマスゴミ。ここぞとばかりに、日本でも同様の法律を作り上げるべきだ等と騒ぎ立て始めるのではないだろうか。彼等にとってインターネットは目の上のたんこぶ。今まで散々好き勝手に情報操作だの情報隠蔽だのやって来たが、WWWだBlogだ個人ニュースサイトだと大流行している現在ではなかなか思う様に事が運ばない。そんな彼等が手を叩いて喜びそうなのが今回の法令。まぁここで未来予想図を妄想したところで何かが変わる訳ではないし、案外的外れな脳内SF(造語)かも知れない。杞憂であることを願うばかり。

更新履歴及び次回予告

最終更新
2006-01-29T13:37:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_29_02

BOOTPとはを修正、加筆。何を如何したかは闇に葬った。しかしBOOTPをDHCP配下のカテゴリにしているのは若気の至り、と言うよりは無知の賜物。関連事項とでも解釈して頂ければ幸い。次回からはマルチメディアストリーミング関連に手を出そうかと目論んでいる。RTPやら何やらまぁその辺り。

更新履歴及び次回予告(2)

最終更新
2006-01-29T18:47:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_29_03

RTPとはトランスレータとはミキサとはを更新。RTCPまでは手が回らなかったので次回と言うことで。更に次回はRTSPやらST2やら何やらを予定。ストリーミング周りは私にとって余り縁の無い分野なので、理解力に乏しい解説となっている。まぁ徐々に加筆修正していけば良いか、BOOTPの様に。

雑感

最終更新
2006-01-29T20:47:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_29_04

歴史は実話(と思われている)だからこそ面白い。真実は小説より奇なりとは良く言ったものである。巧妙が辻を観ながらそんなことを想った。

トリビア

最終更新
2006-01-29T21:42:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_29_05

みかんはへたの方から剥くと剥き易い。これは意外と知らない人が多い。みかんの国愛媛県で5年ほど暮らし、得た経験。

2006年01月28日

雑感

最終更新
2006-01-28T14:17:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_28_01

生協の白石さんを購入。1000円で購入し30分も経たぬ内に読み終えたので、文字単価は非常に高い。しかし、ありがとう白石さん。コストパフォーマンスもかなり高かったよ。

論理学(3)

最終更新
2006-01-28T15:15:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_28_02

あぁそうそう。本屋には論理学関連の書籍を探しに行ったのだった。今思い出した。もうどうでも良いけど。

スタイルシート

最終更新
2006-01-28T15:43:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_28_03
スタイルシートサンプルのスタイルシートを良い順にol要素でマークアップして下さい。

モノトーンスタイルは文句無く1番。勿論私の感性で。

昨年の11月頃、無性にサイトデザインを変更したくなった。何処かに良いサンプルは無いかとそれはもう探し回って辿り着いたのが実は其のモノトーンスタイル。言わば現在の当サイトのスタイルはモノトーンスタイルの模倣である。否、ぱくった事を堂々と宣言するのも如何かと思うが事実は事実。屡日記を訪問させて頂いていたが、消滅は気のせいだった様で何より。

公共広告機構、何やっている

最終更新
2006-01-28T15:56:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_28_04

以前CMで見かけたバーミヤンのフカヒレご飯が忘れられず、本日挑戦に近所のバーミヤンを訪れた。値段相応の味だとは思ったが、問題なのは実物とCMやメニューに掲載されている写真との差異。味が悪く無いだけにフカヒレの大袈裟っぷりに対する不満を隠し切れなかった。こんな物は期待する方が負けなのだろうか。

感激

最終更新
2006-01-28T16:10:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_28_05

真名垣氏日記関連厳選リンク集に当日記が掲載されている事に気が付いた。厳選だぞ、どうする七鍵。いやっほー。

更新履歴

最終更新
2006-01-28T20:12:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_28_06

ダイナミックDNS【Dynamic Updates in the Domain Name System】DNSラウンドロビン【DNS round robin】DNSリレー【DNS relay】を更新。DNSのセキュリティ関連――SIGRRやKEYRRなど――は取り敢えず後回しにして次回から新展開。とは言ってもその展開は未定。展開も決まっていないので以前より気になっていたBOOTPの解説に補足でも加えるかな。

2006年01月27日

雑感

最終更新
2006-01-27T21:17:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_27_01
元アメリカンフットボール部員の京都大生3人が集団で女子学生2人を強姦したとされる事件で、逮捕された3人のうち1人が京都府警の調べに「数日前も鍋パーティーを開き、酒に酔った別の女性と関係を持った」と供述していることが27日、分かった。
(中略)
調べでは、京大4年の白井淳平容疑者(22)ら3人は昨年12月23日未明、木戸晶裕容疑者(22)のマンション自室で女子学生2人を酔わせ暴行したとされる。

被害者である女性が軽率過ぎると思った。訴える位なら泥酔するなよ。もちろん罪は罪との前提の元での感想。

論理学

最終更新
2006-01-27T23:03:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_27_02

どんな論法があってどんな特徴があるとか、全く知らないんでしょ。なんて主張をとある掲示板で見かけた。ちなみに私は部外者。私の言葉でも私に向けられた言葉でも無い。しかし私もどんな論法があってどんな特徴があるのかを一切知らない。興味本位で論法論理学について検索エンジンで調べた。あぁなるほど。数学や物理の証明で使った記憶がある。こんな事を考える学問まであったのかと少し歓心した。

論理学(2)

最終更新
2006-01-27T23:15:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_27_03
二元論(二分法)
魔女狩り論法。「敵か味方か」の感情論で論証抜きに強権的に断罪していく論法。
どっちもどっち論
世には、「どっちもどっち」の場合と、「どっちかが悪い」場合の二通りある。「どっちかが悪い」場合に「どっちもどっち」と云い、「どっちもどっち」の場合に「どっちかが悪い」とする論法。
強弁術
押しの一手で居直る論法。但し、この技法は発言そのものは通用させられるが発言の前後に自ずと辻褄が合わなくなる恐れあり。

こんな酷い論法まであるのか。言われてみれば実社会では頻繁に目の当たりにする論法だ。日本は無条件で悪いので謝罪と賠償を求めるとか、武士道は半島が起源であるとか、独島はウリのものニダ、マンセーとか。ES細胞の研究より論理学の研究――間違った論理学だと思うが――をした方がよりノーベル賞に近いのでは無いか。閑話休題だが自分で書いていて気分が萎えたので今日はこの辺りで。

2006年01月26日

更新履歴

最終更新
2006-01-26T00:20:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_26_01

異常なまでに何かをしようという気が起きない。ぼんやりと、ルールも殆ど知らない将棋(ネット対戦)をするも3分も経たない内に敗北。時間潰しにもならない。

こんな日の翌日は体調を崩す事が多かった気がする。早目に寝るかな。

パスワード

最終更新
2006-01-26T22:06:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_26_02

使用しているインターネットバンキングのパスワード入力を間違えた。再度パスワードを入力した。ログインできない。嫌な予感がする。再度チャレンジ。ログインできない。パスワードは間違えていないはず。泣きそうになりながら再チャレンジ。ログイン失敗。走馬灯が頭を流れる。再度チャレンジ。失敗。

昨日自分でパスワードを変えた事を思い出した。そんな一日。

FFFTP

最終更新
2006-01-26T22:09:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_26_03

FFFTPを立ち上げた瞬間に「フォルダ同時移行」がTrueになる方法は無いのだろうか。毎回クリックをするのは手間だ。

2006年01月25日

更新履歴

最終更新
2006-01-25T20:58:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_25_01

Vim覚え書きを更新。gvでさっきまで選択していた範囲を再選択できるってことを知った。その他諸諸知っていた方が便利な操作を追加。しかし、どんな状態でもすぐにEscへ指が伸びるのはVimの副作用。実は、私がIEからOperaに移った最も大きな理由はこのEsc対策だとか何とか。

リンク集

最終更新
2006-01-25T21:37:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_25_02

ホームページ作成の第一歩お引越し情報局のリンク集は所謂営業系リンク集。相互リンクを申し込まれればこちらからもリンクを貼るし、サイト立ち上げ当初は営業行為の一環としてこちらから相互リンクのお願いをしたこともあった。相互リンクはただのSEO行為なんて指摘もあるが、私は強ち無駄なものでも無いと思っている。

しかしメインである筈のネットワーク総合辞書にリンク集が無いのはどう言ったものかと最近考え直しつつある。考え直しつつ あるだけで、有用と無用の天秤はどちらにも傾いていないのだが。無いと不便を感じることが最近増えてきただけ。

セキュリティ対策?

最終更新
2006-01-25T21:53:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_25_03
経産省、真鍋かをりをセキュリティ対策キャンペーンに起用

なんだかこのイメージキャラクタ、ざるっぽいイメージがある。Blog普及委員会の先入観が原因だろうか。何はともあれ、こんな小娘を起用してインターネットの敷居が下がった様に見せかけることを止めれば、自ずと全体的なセキュリティは上がると思う。インターネットはモヒカンで手斧を持った連中がウロウロしている世界なんだと(略。

Gmailアカウント

最終更新
2006-01-25T23:10:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_25_04

Gmailアカウントが有り余っている。こんな状態ならばGoogle様ももう自由登録に移行しては如何だろうか。それとも私の人脈が少な過ぎることが原因なのだろうか。

と言うわけでGmailアカウントへのお誘いが欲しい方募集。

2006年01月24日

議員

最終更新
2006-01-24T00:27:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_24_01

杉村太蔵議員は誰が何と言おうが、選ばれるべくして選ばれた議員だと私は思う。少なくとも私はそう思う。

雑感

最終更新
2006-01-24T01:32:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_24_02

嘘を嘘と見抜けない人には(掲示板を使うのは)難しいとは某巨大掲示板管理人の有名な言葉である。しかしこれは某2chやWWWの世界に限った事では無い。新聞然り。書籍然り。TVやラジオの各メディアの言葉然りである。そんな事を最近2件の自殺騒動で再認識した。何故自殺する人間が非常ベルを鳴らしたのか。各メディアはこの事について何故何も言及しないのか。未だ結論も出ていないのに何故揃って自殺と言う単語を用いるのか。私のこの戯言が嘘であれば良いのだが。

雑感

最終更新
2006-01-24T11:40:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_24_03
▽名古屋市名東区、会社員(61) 汗を流さず巨利をむさぼる風潮に鉄ついを下した。まともに働く人が報われるようになってほしい。
▽大阪府堺市、会社員(27) 逮捕は当然だ。「金があれば人の心も買える」というやり方には違和感があった。
▽福岡県宇美町、主婦(65) 短期間で何十億円も稼げるなんて不自然だった。若い人に「まねしちゃダメ」と言いたい。

そもそもこんな風潮と社会の仕組みを作り上げたのは誰かと問い詰めたい。人は自分で使える人生の大半の時間を労働に費やす。先立つものが無ければ多くの日本人が信仰している幸せ像を手に入れることが出来ないからだ。マイホーム、愛車、恋人だってそうかも知れない。が無ければ何も手に入らないのだから皆一生懸命に働く。確かに目的はではない。しかし多くの人が人生の大半を金を使う事よりも得る事に時間を費やす現実がある以上、人生の中で最も大事なのはなのである。少なくとも現代の日本ではそうなっている。

で、こいつらは何が言いたいのだ。真似しちゃだめだなんて聞くと嘲笑すら出てくる。

某小技集での恥ずかしい論争について

最終更新
2006-01-24T23:40:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_24_04

某小技集は確かに有害だと思う。しかし有害か如何かは閲覧者各自が判断すべきこと。識者にとって有害でも他の多くに求められているのであれば、それは他の多くにとって識者が有害なのだ。この場合、他の多くと識者が求めるものに差異があることが原因だと思われる。その差異を何故埋めねばならぬかを識者は説明すべきだ。それを他の多くに説明し納得させられない以上、識者を名乗る資格は無いし、他の多くに対して口出しをすべきでは無い。

猿真似だ、否、私は猿真似では無いなどと言う言葉狩り的揚げ足取りはそもそも時間の無駄だと何故気が付かないのか。

2006年01月23日

炎上

最終更新
2006-01-23T21:27:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_23_01

今日もとあるBlogが炎上している様子を見た。毎回思うのだが、炎上Blog運営者は最後まで自分に過ちがあると感じない点で共通している。

普段虐げられてきた ネットヲタク達の ささやかな実世界への復讐なのだろうか?

こんな最後の捨て台詞も見飽きた。批判者達をネットヲタクと決め打ちの上遮断言語を発するのは容易い。自分とは縁が無い世界だからこそ理解者が少なく、自分は不当に袋叩きに遇ったのだと思い込めるからだ。しかし、本当にそうなのか自問すべきである。貴方がネットヲタクと決め打ちしている多くの相手は、同じ民主主義国家の仲間なのだから。

炎上(2)

最終更新
2006-01-23T22:19:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_23_02

WWWは(概ね)主張と人格が分離された世界である。日本の実社会では人格の上に主張が成り立つ事が多いので、主張に対して批判を投げ掛ける行為を人格否定だと受け取る手合いが多い。これは多くの日本人が主張と人格を分離する世界に慣れていない事を示している。だから日本人はBlogに自身の価値観を持ち込むと不幸が生じる。批判系Blogは特にである。何故か。自分の他者に対する批判は棚に上げ、自分に対する批判を中傷と受け止めるからである。自分も他者に対して好き放題やっていたことである。言い返せないのであれば――WWWでの戦争に於ける唯一の武器は理屈である――非を認めるしかないし、異論があるのであれば納得の行くまで思う存分戦えば良い。そのためのBlogである。戦いに勝ち残った主張こそ価値のある主張であり、この事が理解出来ないのであれば他者を批判するための記事など書かなければ良い。小学生でも書ける絵日記を書けば、こう言った戦争とは無縁になれるのだから。

炎上(3)

最終更新
2006-01-23T22:23:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_23_03

ちなみにWWWは(概ね)主張と人格が分離された世界と括弧書きで概ねを付け足した理由は、完全に分離されているとWWWが成り立たないからである。考えてもみて欲しい。名のある新聞社の公開しているニュースだからこそ、情報源として多くのBloger達に引用されるのである。

炎上(4)

最終更新
2006-01-23T23:15:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_23_04

しかし、自分の気に入らない事があればすぐにBlogなりサイトなりを閉鎖する安易さには開いた口が塞がらない。目の前にあるものを閉鎖をすれば気に入らなかった事が解決するのか。そうでは無いだろう。閉鎖は気に入らない事から逃げ出せる最も安楽な方法である。被害者を哀れむ形式だけの励ましの言葉を貰う事によって、自己満足に浸る事も出来るだろう。所詮この手の輩が思いつく最善の解決策とはこの程度のものだ。

炎上(5)

最終更新
2006-01-23T23:19:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_23_05

WWWの世界が現実世界とかけ離れた別世界だと思って納得している貴方。そう逃げ出した貴方である。WWWの住人も貴方と同じ日本人だと言うことを忘れてはならない。WWWで袋叩きに遇うと言うことは現実世界でも袋叩きに遇うと言うことだ。ただ、現実世界の住人は冷たいので面と向かって貴方を注意してくれない。それだけのことである。

当日記について

最終更新
2006-01-23T23:52:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_23_06

日記と言う形で私が他者或いは何かに尽いてコメントを残すのは、将来更に視野が広がっているであろう私が言及を行うテキストを作る意味が大きい。あわよくば私以外の誰かに袋叩きにされる方が好ましいが。

2006年01月22日

更新履歴

最終更新
2006-01-22T16:04:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_22_01

逆引きとはを新規作成。作成途中でDNSのRFCなんてページを見つけた。

DNS関連資料

最終更新
2006-01-22T16:27:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_22_02

DNS導入に向けての予備知識も更新に向けて参考になりそう。

子供の名前

最終更新
2006-01-22T17:31:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_22_03

子供の名付けDQN度ランキングなるサイトを見つけた。私と我が子の名前はランクインされていなかったので一安心。マイノリティを迫害するつもりは無いが、こんなサイトが人気となる現実をDQN諸氏は理解するべきだ。否、理解する頭が無いからDQNと呼ばれているのか。そうかそうか。

流行歌

最終更新
2006-01-22T22:04:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/diary/2006/01c.html#rfc_22_04

最近流行っている曲には一切興味が無い。シングルを買おうなんて夢にも思わない。しかし丸山弁護士の浪漫は純粋に欲しい。

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年01月21日