アガパンサス

広告

広告

最終更新
2007-02-23T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/vegetation/menu_a/agapanthus.html#menu

アガパンサスアガパンサス(2)

アガパンサスの情報

最終更新
2007-02-23T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/vegetation/menu_a/agapanthus.html#what

正確にはアガパンサス属との植物の属の1つであり、それに属する植物の総称。ただ、「アガパンサス」は一般的にムラサキクンシラン(Agapanthus africanus)を指す俗称として用いられる。当ページもそれに従い、当種の説明とする。

一般名アガパンサス
学名Agapanthus africanus
科名と属名、園芸分類ネギ科アガパンサス属の常緑多年草(耐寒性)。尚、所属する科は分類体系により異なり、クロンキスト体系ではユリ科、新エングラー体系ではヒガンバナ科、APG分類体系ではアガパンサス科に所属する。
英語名African lily / Lily of the Nile / Common Agapanthus
別名ムラサキクンシラン(紫君子蘭)、アフリカンリリー、アガパンツス
花の情報花色は濃紫、淡青、白など。青や紫系統が主流。花茎の先に漏斗状の花を散形に多数つけるため、全体が球形に見える。
開花時期6〜7月
原産地南アフリカ
適温耐寒性、耐暑性ともに強い。
草丈60〜100cm
花径15cm程度

その他外観に関すること

知識

花言葉

6月10日6月27日6月29日6月30日7月3日7月20日7月25日8月22日

アガパンサス(青紫色)の花言葉

7月12日

広告

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年02月23日 最終更新:2007年06月27日