アブチロン

広告

広告

最終更新
2007-06-27T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/vegetation/menu_a/abutilon.html#menu

アブチロン

アブチロンの情報

最終更新
2007-06-27T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/vegetation/menu_a/abutilon.html#what

アブチロンとは、アブチロン属との植物の属の1つであり、それに属する植物の総称である。

一般名アブチロン
学名Abutilon spp.
科名と属名、園芸分類アオイ科アブチロン属の常緑小低木
英語名abutilon / Tyrolean lamp / Chinese lantern
別名チロリアンランプ、ウキツリボク(浮釣木)、ショウジョウカ(猩猩花)
花の情報花は葉腋に1つだけ着き、複数の花が着く場合は集散花序か円錐花序を形成する。色は白、黄、ピンク、赤など。釣鐘形の萼から花を覗かせ、萼は5裂、花弁は5枚、雄しべは複数で雄ずい筒を形成。花柱は5つ以上で、雄ずい筒に囲まれる。咲き終わる頃には花芯が黒く色づく。
開花時期6〜9月
原産地中南米、熱帯アジア
適温
草丈30〜100cm
花径3〜4cm

その他外観に関すること

知識

アブチロン属の主な種

花言葉

1月9日6月13日9月8日

ウキツリボクの花言葉

1月18日

広告

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年06月27日 最終更新:2007年06月27日