豊受宮同祭

広告

広告

豊受宮同祭の祝詞

最終更新
2009-04-13T15:00:18+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/thought/shintou/norito/toyukenomiya2.html#what

豊受宮同祭の祝詞は、9月16日の奉幣当日に、奉幣使に随従する中臣氏が、神嘗祭の例幣を奉った後に豊受大神宮の神前に奏上するものである。

豊受宮同祭

天皇御命以、度會山田原、稱辭竟奉皇大神大前申給、 常九月之神嘗大幣帛、某宮某位某王・中臣某官某位某姓名爲使、忌部弱肩太襁取懸、持齋令捧持、進給御命、申給申、

豊受宮同祭

天皇すめら御命おほみこともちて、度會わたらひ山田原やまだのはら稱辭竟たたへごとをまつ皇大神すめおほかみ大前おほまへまをたまはく、 つねたてまつ九月ながつき神嘗かむにへ大幣帛おほみてぐらを、某宮それのつかさ某位それのくらゐ某王それのおほきみ中臣なかとみの某官それのつかさ某位それのくらゐ某姓名それのかばねな使つかひて、 忌部いむべ弱肩よわがた太襁ふとだすきとりけて、持齋もちゆまはりささめて、 たてまつたま御命おほみことを、まをたまはくとまをす、

広告

Copyright (C) 2009 七鍵 key@do.ai 初版:2009年04月13日 最終更新:2009年04月13日