二月祈年

広告

広告

二月祈年の祝詞

最終更新
2009-03-20T17:42:55+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/thought/shintou/norito/nigatsu_toshigoi.html#what

二月祈年とは、「きさらぎのとしごい」または「にがつのとしごい」と読み、伊勢の大神宮(皇大神宮・豊受大神宮)において奏上される祝詞である。祈年祭は、二月四日に神祗官において班幣の儀式を行い、神宮には特に奉幣使を遣わして、二月十二日に皇大神宮と豊受宮それぞれにおいて行われた。

この祝詞は、勅使の中臣氏が幣帛を奉って皇大神宮の神前に奏上するもので、詞の一部を置き換えることによって三祭に共通して用いられたものである。

二月祈年、六月・十二月月次祭

天皇御命以、度會宇治五十鈴川上下津石根、稱辭竟奉皇大神大前、常二月祈年――月次祭唯以六月月次之辭相換、――大幣帛、某官位姓名爲使、令捧持、進給御命、申給申、

二月祈年、六月・十二月月次祭

天皇すめら御命おほみこともちて、度會わたらひ宇治うぢ五十鈴いすず川上かはかみ下津石根したついはねに、 稱辭竟たたへごとをまつ皇大神すめおほかみ大前おほまへまをさく、つねたてまつ二月きさらぎ祈年としごひの ――月次祭つきなみのまつりには、ただ六月みなづき月次つきなみことばもち相換あひかへよ――大幣帛おほみてぐらを、某官位姓名それのつかさくらゐかばねな使つかひて、 ささめて、たてまつたま御命おほみことを、まをたまはくとまをす、

広告

Copyright (C) 2009 七鍵 key@do.ai 初版:2009年03月20日 最終更新:2009年03月20日