六月月次祭

広告

広告

六月月次祭の祝詞

最終更新
2009-03-20T19:35:48+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/thought/shintou/norito/ise_tsukinami2.html#what

六月月次祭とは、「みなづきのつきなみのまつり」と読み、伊勢の大神宮(皇大神宮・豊受大神宮)において奏上される祝詞である。中臣氏が申す奉幣祝詞(六月・十二月月次祭)に次いで、大神宮司が神主部物忌(禰宜・内人)等に、天皇の勅命を奉じて神祭る旨を神前に奏上するとともに、神主部物忌一同にも述べ聞かせるものである。勅使である中臣氏が奏する祝詞は単に奉幣の旨を述べるにとどまるが、大神宮司の祝詞には、奉幣のみならず祈願の旨も含まれている。

六月月次祭

(十二月准此、)

度會宇治五十鈴川上、大宮柱太敷立、高天原千木高知、稱辭竟奉、天照坐皇大神大前申進、天津祝詞太祝詞、神主部・物忌等諸聞食宣、――禰宜・内人等共稱唯、

天皇御命坐、御寿手長御寿、湯津如磐村常磐堅磐、伊賀志御世、阿禮坐皇子等恵給、百官人等・天下四方國百姓、長平、作食五穀令榮給、 護恵幸給、三郡・國國・處處寄奉、神戸人等、常御調糸、由貴御酒・御贄、如横山置足成、大中臣太玉串隱侍、今年六月十七日朝日豐榮登稱申事、神主部・物忌等諸聞食宣、――神主部共稱唯、

荒祭宮・月讀宮、如是申進宣ふ、――神主部亦稱唯、

六月月次祭

度會わたらひ宇治うぢ五十鈴いすず川上かはかみに、大宮柱太おおみやばしらふとて、高天原たかまのはら千木ちぎたかりて、 稱辭竟たたへごとをまつる、天照坐皇大神あまてらしますすめおほみかみ大前おほまへまをたてまつる、天津あまつ祝詞のりとふと祝詞のりとを、 神主部かむぬしべ物忌ものいみどももろもろたまへとのたまふ、――禰宜ねぎ内人等うちんどどもともおおまをせ、

天皇すめら御命おほみことせ、御寿おほみいのち手長たなが御寿おほみいのちと、湯津ゆつ磐村いはむらごと常磐ときは堅磐かきはに、伊賀志いかし御世みよさきはたまひ、 阿禮あれ皇子みこたちをもめぐたまひ、百官人もものつかさのひとども天下あめのした四方國よものくに百姓おほみたからいたるまで、 ながたひらけく、つくぶる五穀いつくさのたなつものをもゆたかさかえしめたまひ、まもめぐさきはたまへと、 三郡みつのこほり國國くにぐに處處ところどころまつれる、神戸かむべひとどもつねたてまつ御調みつぎいと由貴ゆき御酒みき御贄みにへを、横山よこやまごとらはしして、大中臣おほなかとみふと玉串たまぐしかくはべりて、今年ことし六月みなづき十七日とをかまりなのか朝日あさひ豐榮登とよさかのぼりたたまをことを、 神主部かむぬしべ物忌ものいみ等諸どももろもろたまへとのたまふ、――神主部かむぬしべともおおまをせ、

荒祭宮あらまつりのみや月讀宮つきよみのみやにも、如是まをしてたてまつれとのたまふ、――神主部かむぬしべまたおおまをせ、

広告

Copyright (C) 2009 七鍵 key@do.ai 初版:2009年03月20日 最終更新:2009年03月20日